1. 歯並び矯正のスターデンタルホーム
  2. 受け口とは?

名医50人に選ばれました。

【歯科医師が選ぶ】技術力の高い歯医者に選ばれました。

受け口とは?

受け口の場合、歯が原因のケースと骨格が原因のケースの2つあります。

・歯が原因
歯性が原因の場合、生え変わりの時期に舌で下の歯を押す癖があると受け口になります。
また下の歯が大きいと受け口が誘発されるケースがあります。 そして口呼吸が癖になっている方は受け口になるケースがあります。
背景としては、体の器官は使わないと小さくなっていく傾向にあります。口呼吸の方は鼻が鼻呼吸の方よりも使えていません。鼻の骨は上顎と一体化しているため、上顎が小さくなり受け口になるケースがあります。

・骨格が原因
骨格性の場合、遺伝が原因の殆どです。
例えば下顎が大きいケースだと骨格性が原因となります。
基本的に骨格性が原因の受け口は治療が難しいケースが殆どですが、
当院では矯正技術が高いため、骨格性でも外科手術を用いることなく治療出来る可能性がございます。

受け口治療のメリットは?

・かみ合わせ
歯性が原因の場合、生え変わりの時期に舌で下の歯を押す癖があると受け口になります。受け口の矯正を行うことで、かみ合わせが良くなります。矯正前は全ての歯では噛めていなかったと思いますが、全ての歯で噛めるようになります。かみ合わせが治ることで、今まで頭痛や肩こり等が起きていた方は治るケースがあります。

・美しさ
矯正を行うことで圧倒的に口元がキレイになります。
当院で人気の無痛で神経を残すセラミック矯正は最短1日で歯並びがキレイになるため、期間としても非常に人気の高い施術です。

受け口を放置しておくデメリットは?

・虫歯や歯周病
歯の間に隙間が多くなること、また受け口の場合、噛む部分の面積が狭いため特定の歯だけ汚れが多くなります。そのため噛める歯に負担がかかりやすく噛める歯が虫歯になりやすいです。

・顎関節症
顎関節症になりやすくなります。顎関節症とは、あごが鳴る、口が大きく開かない、あごが痛む等が慢性的になる症状を言います。

受け口の治療法は?

受け口の治療法は主に4つでワイヤー矯正、外科手術、インビザライン、セラミック矯正があげられます。それぞれ特徴を書いていきます。

・ワイヤー矯正
良くある銀のワイヤーを付けて矯正するワイヤー矯正です。
ワイヤー矯正は重度の受け口でも治る場合がありますが、動かす期間3年、固定期間3年 と合計で6年ほどかかるのが特徴です。
受け口の場合、ワイヤー矯正は特に期間がかかります。
理由としては、受け口は上の歯を下の歯よりも前に出すという工程があるため、通常の矯正と異なる動かし方をします。そのため、受け口だけは期間が通常4年で終わるところ、6年程かかります。

・インビザライン
インビザラインはマウスピース型の透明な装置を歯にはめて治す治療法です。
こちらも動かす期間3年、固定期間3年程と6年以上かかるケースが多いです。
理由としてはインビザラインの場合、動かす力が弱い点、取り外しが可能なため途中で患者様の方でやめてしまい結局期間がかかってしまうことがあります。

インビザライン

・外科手術
下顎があまりにも大きいケース等は顎を引っ込める処置をして上下のあごのバランスを取ります。外科手術の場合は保険が適用されることがポイントです。期間は2週間程度の入院が必要です。外科手術は実際に顎を切断する手術のため、危険も伴う施術です。

・セラミック矯正
セラミック矯正とは歯を削り、セラミックの歯を作成し被せることで最短1日で治療をする技術です。通常の審美歯科ですと神経を抜いてしまうのですが、当院のセラミック矯正は無痛で神経を残す独自の治療をしているため、どの矯正よりも歯に優しい矯正技術になります。

当院院長田中も自身の歯をセラミック矯正で治療しております。
25年前に治療しましたが何も問題は起きていません。

1日目

治療前

治療前

歯を削ったところ

歯を削ったところ

仮歯

歯を削った日はプラスチックの仮歯を被せて終了です

2日目

治療終了

セラミックの歯を被せて治療終了

詳細はこちら
詳細はこちら
03-5211-5880

カウンセリングも随時受け付けておりますのでお気軽にご連絡くださいませ。

ローンについて

歯科治療に安心の分割払い

デンタルローン・各種ローンを取り扱っておりますので、分割払いも可能です。

当院へのアクセスはこちら

治療の流れはこちら

患者様の声はこちら

ページトップへ