神経を残すセラミック矯正専門
インプラントも対応

カレンダー

※休診日:水曜・金曜・祝日
(火曜・日曜は隔週休診)

※最終受付は18:00となります。

youtube
twitter
instagram

九段下駅3A出口正面・土日も診療!
無料カウンセリングはお気軽に

当院の治療について

九段下スターデンタルクリニックは、歯の健康に配慮した神経を残すセラミック矯正を専門に治療を行っています。
歯科医師は10年以上のベテラン揃い。全症例に対してCT撮影を行うので、神経を抜かない丁寧な治療が可能です。
まずは、無料カウンセリング(無料CT撮影込)でご相談ください。

審美歯科医の診療レポート

Vol.12 神経を残す10代の出っ歯治療


治療前


治療後

東京都の10代の患者さんの治療です。「神経を残して、治療できる範囲で出っ歯を治したい」「歯を小さくしたい」とのご要望がありました。

10代の若い患者さんの場合はまだ神経が大きいため、神経を残すと歯はほとんど削れません。そのため矯正量には限界があり、「出っ歯は少しマシになる程度ですが、歯を小さくする分にはある程度治せそう」との見通しをご説明し、ご納得いただいての治療です。

歯の丸みも大きさも色も10代の女性に1番人気のある感じに仕上げました。色も形も自由に選べますが、若い女性はこのような感じを選ばれる方が多いです。

正直なところ、40代以降の方であれば神経も退縮していることが多く、もっと歯を削ってもっと引っ込めることは可能ですが、若い10代の場合は慎重に慎重を重ねて歯を削り、これが限界でした。
10代の『神経を残すセラミック矯正』は非常に難易度が高く、大変気を張ってやり遂げたので、ご満足いただけた結果となり、とてもホッとしました。

2024/06/09

Vol.11 出っ歯の大きな歯を小さくしたい


治療前


治療後

本日は大きい歯を小さくしたい、出っ歯も治したいとご希望の千葉県の患者さんです。
この患者さんの歯が大きくなってしまったのは歯周病が原因で、このまま放置すれば近いうちに前歯が抜けてしまいそうな感じになっていました。
セラミック治療は、基本は1本1本の歯を個別に作るのですが、このように歯周病でグラついている歯はセラミックを連結で作ることによって延命効果が期待できます。
歯の先端付近に神経は通っていないので、神経を残すセラミック治療で歯を小さくすることはとても簡単です。

出っ歯に関してはそこまで大きくは改善できないと説明しました。
「出っ歯はマシになる程度でいいから大きな歯を小さくしたい」「どうしても神経を残して治療したい」「歯周病の前歯を延命したい」とのことで治療した写真がこちらになります。
大きな前歯を小さくするのは神経を取らなくても簡単にできますが、隣の歯との大きさのバランスもあるのでこのぐらいの大きさがいいと思います。
歯周病の歯を連結セラミックで治療しても治る訳ではありませんが、延命効果は間違いなくありますので、歯周病でも審美的な治療を受けたいという方は検討してもいいと思います。

2024/04/27

Vol.10 神経を取らずに出っ歯を治す-後編


治療前


治療後

飛び出た前歯1本を治したいと栃木県からご来院いただいた患者さんの治療(Vol.8)が終了しました。神経を残した治療ですので、出っ歯はあまり治りません。神経を残すセラミック矯正が一番苦手とするのが出っ歯の治療なんです。

右の前歯は完全には治らないので、左の歯を少しだけ出っ歯にすることで右の出っ歯が治ったように見せています。神経を残すセラミック矯正ではこのようなテクニックをよく使用して、なんとか神経を残して治療します。

歯の先端の長さが右の歯と左の歯でズレているのもわざとです。右と左では歯ぐきの位置が違うので、先端もズレていないと不自然なのです。もちろん、不自然でもいいから先端をピシッと揃えて欲しいという患者さんもたくさんいます。その辺は好みに合わせてなんとでもなります。

色も自然な範囲で白めにし、清潔感が出るようにしてあります。写真で見ると少し白く感じるかもしれませんが、実際は自然で清潔感もあるいい色ですよ!

2024/04/13

お悩みを解決します

神経を残すセラミック矯正であなたのお悩みをスピーディーに解決!
当院は開院以来、1万件を超えるセラミック矯正を行ってまいりました。当院の実際の症例を元に、どのようにお悩みを解決したかご説明いたします。

当院の特徴

九段下スターデンタルクリニックの
【 神経を残すセラミック矯正 】をお勧めできる理由

昨今「歯を削るセラミック矯正は良くないのでは?」という不安の声が聞かれるようになりました。
しかし、歯を動かす矯正でも歯を並べるため何本も抜歯することがあるのをご存知ですか?

確かに、歯の健康のためにはできるだけ「抜かず・削らず・神経を取らず」が鉄則ですが、一方、歯並びが悪いまま過ごすことも多くのデメリットはあります。

歯のお悩みを解決する一番良い方法を考えてください

成長期の子供であれば、顎の成長を利用しながらのワイヤー矯正も良いでしょう。軽症の歯並びを少し治す程度ならマウスピース矯正でも良いと思います。
でも、もし貴方が歯並びは元より、歯の色や形にも問題を抱える大人であれば、 セラミック矯正を選択肢に考えてみてください。
治療に数年を要することもなく、最短2回の通院で見違える口元を手に入れることができます

セラミック矯正の一番大切なポイント!

ここで重要なのが「歯の神経を抜かない」セラミック矯正を選択することです。 歯は神経を取ると栄養が届かなくなり、寿命は一気に短くなってしまいます。しかし、歯を大きく削れば歯の向きや角度も大きく変えられるため、神経を取ってしまう医院がとても多いのが現状です。

当院は患者様の未来のために、削る量を最小限に抑え、
「神経を残すこと」を大切な診療コンセプトに掲げて治療を行っています。

神経を残すセラミック矯正
歯の寿命を考えた歯に優しい治療です

理事長ごあいさつ

理事長

九段下スターデンタルクリニック 理事長の田中です。

僕は子どもの頃からテトラサイクリンによる変色や歯並びに悩み、18歳の時に前歯12本をセラミック歯に変えました。 その時の担当歯科医が、歯の神経を全て残して治療してくれたお陰で、30年以上経っても僕の歯は全く問題がありません。

実際、長年の悩みが一瞬にして解決したその仕上がりと、歯の削る量を制限したその難しい治療技術に大変感動し、 僕は歯科医を目指すことにしました。

そして今、僕が良いと実感しているこの治療を大切な患者さんにもお届けしたいという思いで、 この【神経を残すセラミック矯正】にこだわって日々精進しています。

ご心配なことは、ぜひ無料カウンセリングでご相談ください。 九段下でお待ちしています。