1. 九段下スターデンタルクリニックホーム
  2. 動画一覧
  3. 古くなった差し歯を、天然歯のように綺麗にした症例を解説します。

古くなった差し歯を、天然歯のように綺麗にした症例を解説します。

古くなった差し歯を、天然歯のように綺麗にした症例を解説します。

当院が運営するYouTubeチャンネル「九段下スターデンタル田中 和之」では理事長の田中が矯正についてわかりやすく解説する動画を定期的に配信しています。

今回は「差し歯の悩み。天然歯のようにキレイにする方法」というテーマで配信した動画の内容をご紹介します。

今回ご紹介する症例は、「古くなった差し歯をキレイにしたい」というご希望に加えて、「歯を小さくしたい」「出っ歯を引っ込めたい」という、3つのご希望がありました。

3つのご希望にあわせた治療を行なった症例となりますので、ぜひ参考にされてください。

治療前の歯の問題点

治療前の歯の問題点

治療前の歯を見てみると、古い差し歯が汚くなっていることが分かります。

そして1番の問題は、歯の神経が死んでしまっていることです。
歯の神経が死ぬと、その瞬間から歯への栄養供給がストップするため、歯が黒ずんでしまいます。

歯が黒く見える理由

歯が黒く見える理由

では、なぜ神経がないと黒く見えるのでしょうか。

実は、目に見える歯は歯全体の1/3で、歯ぐきの中に埋まっている根っこの部分は、歯全体の2/3にあたります。

神経を取ると埋まっている歯がどんどん黒ずんでいきます。歯ぐきの中の歯が黒ずんでしまうと、歯ぐきから黒い歯が透けて見えてしまうため、その結果、歯が黒ずんだように見えてしまうのです。つまり、歯全体が黒くなっているわけではないのです。

黒い歯と歯ぐきの治療法

黒い歯と歯ぐきの治療法

古い差し歯を外すと、金属の補強材が入っています。
補強材にはいろいろな種類がありますが、一番黒ずんだように見えてしまうのはシルバーの補強材です。
この症例も差し歯の中にシルバーの補強材が入っていたため、シルバーの補強材を取り除き、中に白い補強材を入れました。歯の中から白くしたあと、その上に綺麗なオールセラミックを被せて、歯ぐきの中に0.5㎜ぐらいのオールセラミックを差し込んで治しました。

出っ歯を引っ込める治療法

出っ歯を引っ込める治療法

神経のない歯のため、歯を削り、出っ歯を引っ込めるために角度を変えることは簡単に行うことができます。
ぐっと引っ込めることは簡単にできる治療です。

ご相談は九段下スターデンタルクリニックへ

ご相談は九段下スターデンタルクリニックへ

この症例では、患者様の3つの希望を叶えて治療をしました。セラミックの歯も、天然の歯を少し白くしたような感じに仕上げられたと思います。

神経を取った歯の治療は簡単に行うことができるため、カウンセリングに来た患者様に簡単に治ることを伝えると、とてもびっくりされます。
以前の動画でも説明しましたが、受け口も重症でなければ簡単に治すことができます。ご自分が簡単に治るかと考えるのと、プロが簡単に治せるかどうかを考える視点は全く異なったものになると思います。

ご自分の歯が理想通りになるか気になる方は、ぜひ「九段下スターデンタルクリニック」の無料相談にお越しください。
いつでもお待ちしております。