1. 九段下スターデンタルクリニックホーム
  2. 動画一覧
  3. 前歯2本を小さくする矯正に「神経を残すセラミック矯正」は向いているのか、解説します!

前歯2本を小さくする矯正に「神経を残すセラミック矯正」は向いているのか、解説します!

前歯2本を小さくする矯正に「神経を残すセラミック矯正」は向いているのか、解説します!

当院が運営するYouTubeチャンネル九段下スターデンタル田中 和之」では理事長の田中が矯正についてわかりやすく解説する動画を定期的に配信しています。

今回は「“神経を残して〟歯を小さくした症例解説【神経を残すセラミック矯正】」というテーマで配信した動画の内容をご紹介します。

この動画では、歯が大きいことで悩まれている患者様を、〝神経を残す〟セラミック矯正で治療した症例をご紹介しています。

歯に優しい治療をご希望で歯並びや歯の大きさ、歯の形にお悩みの方は、ぜひ参考にしてください。

満足する大きさにできる?

満足する大きさにできる?

まず気になるのが、神経を残すセラミック矯正で「満足する矯正ができるのか?」ということです。

歯の神経を残すことで、削る量を最小限に抑えることができるメリットはありますが、せっかく歯を小さくしたいと思っているのに、削る範囲が少なくて大丈夫なのか?と思うかもしれません。

結論から言うと、大丈夫です。歯を小さくしたいと言っても、ギリギリまで小さくすると歯並びのバランスが悪くなります。歯のサイズは、患者さんの背の高さ・顔の大きいさ・周りの歯のサイズなどを考慮して提案をします。

基本的に患者さんの希望の大きさで治すことは可能ですし、一般的に理想とされるサイズであれば、問題なく整えることができます。

神経を残しながら歯を小さくできる?

神経を残しながら歯を小さくできる?

次に、「本当に神経を残すことができするか?」ということについてご説明します。
歯を小さくする治療は、他の治療と比較するとリスクは小さいと言われています。セラミック矯正を行う時は、CTを見ながら神経には触らないように慎重に行っています。“絶対”とは言い切れませんが、成功率は99%ぐらいだと思っていただいて大丈夫です。

前歯2本だけを小さくしたい

前歯2本だけを小さくしたい

歯を小さくするとき、前歯2本だけの治療で完了するのか、それとも4本、もしくは6本治療する必要があるのかは、歯科医の判断が必要です。

歯を小さくしたいと思ったとき、できれば最小の本数で治療したいですよね。ここでは、前歯2本だけの治療で済むのかを調べる簡単なチェックをご紹介します。

チェックポイント1:切線

チェックポイント1:切線

1つ目は、「切線(歯の下のライン)が、1番の歯の切線と、2番の歯の切線がそろっているかどうか」です。

接線がそろっている人であれば、2本の歯のみの治療はできません。2本のみを小さくするとその部分の切線が上がってしまいます。前歯だけ上がってしまう状態になり、見た目がよくありません。

一方、接線がそろっていない人(ずれている人)は、2番の切線が上にあり、1番の切線が下にあります。そのような場合であれば、真ん中2本の歯のみの治療が可能です。

チェックポイント2:歯の重なり

チェックポイント2:歯の重なり

2つ目は、「歯と歯が重なって生えているかどうか」です。

1番の歯が2番の歯に覆いかぶさって生えていない人の場合には、歯を小さくするとすきっ歯になってしまう可能性があります。そのため2本のみの治療は行えません。
一方、重なって生えている人であれば、2本だけの治療でもきれいにと整えることが出来ます。

つまり、接線がずれ、歯と歯が重なって生えている人は、前歯2本のみ治療が可能だと言えます。

治療と費用

治療は、カウンセリングが1回、通院2回、合計3回で終了です。治療期間の目安は、2~3週間程度です。

費用は、他のセラミック矯正と同様に、1本7万円~で、それに加えて治療する歯の本数分かかります。仮歯は1本5000円です。

セラミック矯正の他に歯を小さくする治療法は?

歯のサイズを変えられるのは、セラミック矯正のみです。
ワイヤー矯正やマウスピース矯正は、歯並びを整える歯科矯正のため、歯のサイズ自体を変えることはできません。

「神経を残すセラミック矯正」は歯茎が紫色にならない

「神経を残すセラミック矯正」は歯茎が紫色にならない

セラミック矯正をすると歯茎が紫色になると心配する方もいますが、“神経を残す”セラミック矯正であればそのようなことはありません。

一般的なセラミック矯正では歯の神経を取ってしまうため、歯茎の中に残っている歯の根っこが黒ずんでしまいます。その黒ずみが歯茎から透けることで紫色に見えてしまいますが、“神経を残す”セラミック矯正であれば、神経がありますので、将来的にも歯茎が紫色になることはありません。

「神経を残すセラミック矯正」は九段下スターデンタルクリニック

歯を小さくする治療はセラミック矯正で行うしかありませんが、〝神経を取る〟治療は絶対にお勧めできません。

神経を残すセラミック矯正で前歯2本を治療した症例をご紹介していますので、歯が大きくて悩まれている人は、ぜひ参考にしてください。

当院では、歯に優しい治療を心掛けており、今だけでなく将来的にも後悔しない治療を行なっております。無料カウンセリングを行なっておりますのでお気軽にご相談ください。