1. 歯並び矯正のスターデンタルホーム
  2. ブラックトライアングルの改善症例

名医50人に選ばれました。

【歯科医師が選ぶ】技術力の高い歯医者に選ばれました。

ブラックトライアングルの改善症例

ブラックトライアングルとは

これのことです。

ブラックトライアングル

ブラックトライアングルが発生する原因は

  • ワイヤーを使った歯列矯正を行うと発生します。
    ※セラミック矯正では発生しません。
  • 歯周病になると発生します。

ブラックトライアングルが発生する仕組み

ワイヤー矯正により歯が動く仕組みを説明します。
ワイヤー矯正では歯に圧力をかけて、歯ぐきの骨を溶かします。
そして歯ぐきの骨が溶けて空いたスペースに向かって歯が動いていきます。
この仕組みを繰り返すことにより歯を目的の位置まで動かすことがワイヤー矯正の仕組みです。
要するに歯ぐきの骨を溶かしながら歯を移動させるので、治療終了後も歯ぐきの骨は完全には再生されません。
歯ぐきの骨が足りない状態になるので歯ぐきの肉も痩せ細りブラックトライアングルが発生するのです。

ただし元々の歯並びがそこまで悪くなかった場合は歯ぐきの骨は減りますが、目で見てわかるほどの大きなブラックトライアングルは発生しません。
どの程度のブラックトライアングルが発生するのかは治療開始前でも想定可能ですので、ワイヤー矯正を行う際には必ず担当医に確認しておくべきです。
ワイヤー矯正専門の医院の場合は患者さんご自身から質問されないと、ブラックトライアングルに関しては全く説明がないことが多いようです。
その点ではワイヤー矯正とセラミック矯正を両方行っているクリニックでカウンセリングを受けた方が安心かもしれません。

歯周病になった場合も下図の様に歯ぐきの骨が溶けるのでブラックトライアングルが発生します。

ワイヤー矯正も歯周病も、歯ぐきの骨が足りなくなってブラックトライアングルが発生するのです。

治療方法について

ブラックトライアングルができてしまったら、セラミックやラミネートベニアにて治療をおこなうことになります。

当医院にはワイヤー矯正治療をしたもののブラックトライアングル等で審美的に満足できない患者さんが多くいらっしゃいます。
ブラックトライアングルになってしまった患者さんに対して、笑顔に自信が持てるように、歯の大きさや色を総合的に診察し、治療のご提案をさせて頂いております。
ワイヤー矯正、セラミック矯正のそれぞれの長所と短所を理解したうえで後悔のない選択をなさってください。

ページトップへ