審美歯科医の診療レポート
Vol.8 神経を取らずに出っ歯を治す

 

HOME >  審美歯科医の診療レポート >  Vol.8 神経を取らずに出っ歯を治す


治療前


治療後

本日は栃木県からお越しの患者さんの治療です。飛び出た前歯1本を治したいとご来院いただきました。
神経を残すセラミック矯正では出っ歯はあまり治らないのですが、患者さんはそこまで引っ込まなくて良いので「神経を残して治せる範囲で治して欲しい」とのご希望でした。

セラミック治療は左右対称偶数本での治療が原則なので、前歯2本での治療になります。
前歯2本を完全に並べてしまうと白々しくなってしまうので、相談の上で少しだけ段差を残して治療することになりました。

ぜひ、次回の治療後の写真をお待ちください。出っ歯はあまり引っ込まなくても形態で工夫して治ってる風の仕上がりにいたします!

2024/04/01

治療の目安

治療内容
歯を薄く削り、セラミックを被せて歯並びを矯正する治療
期間及び回数
通常1~2週間・2回の通院。歯茎の形成や抜歯など個別の治療が必要なケースでは、その分の通院回数が増え、処置した患部の腫れが治まるまでの期間が別途必要となります。
治療費用
セラミック歯1本あたり
88,000円(税込)~ × 治療本数 ※自費診療
リスク・副作用
重症の歯並びは、神経を残して治療することができない場合があります。重症の歯並びは、治りきらない可能性があり、治療をお引き受けできない場合があります。麻酔により治療当日~数日程度は腫れやむくみを生じる場合があります。