1. 九段下スターデンタルクリニックホーム
  2. 動画一覧
  3. 前歯2本だけを〝神経を残す〟セラミック矯正で治療した、「プチセラミック矯正」について解説します。

前歯2本だけを〝神経を残す〟セラミック矯正で治療した、「プチセラミック矯正」について解説します。

前歯2本だけを〝神経を残す〟セラミック矯正で治療した、「プチセラミック矯正」について解説します。

当院が運営するYouTubeチャンネル「九段下スターデンタル田中 和之」では理事長の田中が矯正についてわかりやすく解説する動画を定期的に配信しています。

今回は「安くて早い、抜歯をせずに神経を残して治す、プチセラミック矯正の出っ歯治療」というテーマで配信した動画の内容をご紹介します。

ここでは、前歯2本の出っ歯にお悩みの患者様に「安く」「早く」「抜歯もなく」「神経を残して」治療する『プチセラミック矯正』についてお話しします。
出っ歯を治したいがワイヤー矯正やマウスピース矯正での治療は、費用が高い、治療期間が長い、抜歯が怖いという理由で諦めている方や、セラミック治療で神経を取ることに不安がある方のお役に立てればと思います。

プチセラミック矯正は2本から出来る

プチセラミック矯正は2本から出来る

セラミック矯正は「1本あたり」の値段設定なので、治療本数が少なければ少ないほどお安くなります。
そう聞くと、気になる歯を1本やれば一番安くて良いんじゃないかと思うかもしれませんが、1本だけでは無理なことがほとんどです。1本だけだと、スペースの問題や色の問題、左右非対称の問題など様々な問題が出てきます。
というわけで、プチセラミック矯正を安く気軽に行うには、2本というのが現実的な選択肢になります。

もちろん、セラミック矯正は〝神経を残して〟行った方が良いです。
〝神経を取る〟セラミック矯正は歯を大幅に削るので、治療直後の満足度は高いですが、歯に悪いので将来、後悔することになります。

〝神経を残す〟セラミック矯正で、前歯2本をプチセラミック矯正した症例

〝神経を残す〟セラミック矯正で、前歯2本をプチセラミック矯正した症例

それでは、こちらのお写真をご覧ください。前歯2本の出っ歯を治したくて、無料カウンセリングに来た患者さんです。

治療前の前歯

治療前の前歯

確かに、軽い出っ歯と言えます。ワイヤー矯正やマウスピース矯正などの普通の矯正治療は、お金もかかるし、大変そうだと言うことで、やりたくないとのことでした。
それはそうだと思います。これくらいの軽症の歯並びで苦労するのは嫌ですよね。〝神経を残す〟セラミック矯正は歯を少ししか削らないため歯が引っ込むには限界がありますが、それさえ納得できるのであれば神経を取らないので、将来の安心、2本だから安い、治療開始してから完治まで通院回数が2回、期間は1~2週間で治ります。

治療後の前歯

治療後の前歯

こちから治療後の写真です。
神経を残して治療しているので、矯正量としてはこれくらいになります。歯を少ししか削っておらず、将来的にも安心した治療なので、これぐらい治れば十分じゃないかなと思います。

ちなみに僕の前歯は、30年前に〝神経を残す〟セラミック矯正を行っていますが、30年経った今でも何の問題もありません。

この症例の歯は、周りから見ても不自然でない程度に少しだけ白い歯にしてあります。白くすると変に見えるんじゃないかと心配されるかもしれませんが、そのようなことはありません。
よほどじっくり歯を見たら、真ん中2本の歯が少し白いかなと思うかもしれませんが、人の歯をそんなガン見する人はいません。少し白くするだけなら周囲の人に気づかれることはありませんので、当院の患者さんには少しだけ白くすることをおすすめしています。
僕のようにセラミック治療を専門にやっていれば、歯の白さの調整は説妙に行うので、安心していただいて大丈夫です。

本物そっくりな白さにもできる

本物そっくりな白さにもできる

もちろん、周りの歯と色をそろえて作ることも可能です。この写真のような感じになります。
歯科医師でさえ見抜くことが不可能なレベルも製作可能ですので、このようなリアルな歯がお好みの方も安心してオーダーしていただいて大丈夫です。
歯の色は白めでも、本物の歯にしか見えないリアルな色でも、どちらでもお値段は同じですので好きな方をオーダーして下さい。

「神経を残すセラミック矯正」は九段下スターデンタルクリニック

九段下スターデンタルクリニックでは、歯に優しい治療を心掛けております。〝神経を残す〟セラミック矯正であれば、金額を抑えながら早く綺麗な歯並びに治すことができます。当院では無料カウンセリングを行っておりますので、ご自分の歯が〝神経を残す〟セラミック矯正でどのように治るのか気になる方は、ぜひ当院にお越しください。いつでもお待ちしています。