1. 九段下スターデンタルクリニックホーム
  2. 動画一覧
  3. 歯科医も認める「自力で口ゴボを治す方法」をご紹介します。

歯科医も認める「自力で口ゴボを治す方法」をご紹介します。

歯科医も認める「自力で口ゴボを治す方法」をご紹介します。

当院が運営するYouTubeチャンネル「九段下スターデンタル田中 和之」では理事長の田中が矯正についてわかりやすく解説する動画を定期的に配信しています。

今回は「小顔にもなる自力で口ゴボを治す方法」というテーマで配信した動画の内容をご紹介します。

歯科医の場合、口ゴボを治療するとなると歯並びの問題にアプローチして口ゴボを治療していきますが、実は軽症な口ゴボであれば自力で治すことができます。この記事では、自力で口ゴボを治せるケースと治す方法についてご紹介します。口ゴボが気になっている方はぜひ参考にしてください。

口ゴボとはどんな状態?

口ゴボとはどんな状態?

「口ゴボ」とは、歯学的に言うと「上下顎前突」のことです。唇は歯の上に乗っているため、唇の出方は歯次第になります。上の歯も下の歯も出ていることで当然唇は歯に押し出されて出っ張ります。そのせいで口元全体が出て見える状態になります。それが口ゴボです。

歯科医が口ゴボを治す方法

歯科医が口ゴボを治す方法

歯科医師がこれを治療するとなれば、矯正治療で歯を引っ込めます。そうすると、歯に押されて出ている唇が引っ込むので、口ゴボが治ります。

自力で口ゴボを治す方法

自力で口ゴボを治す方法

では、自力で口ゴボを治すにはどうしたらいいかと言うと、自力で歯並びは治せないので、自力で唇を治せばいいということになります。

唇を治すとは、口輪筋を鍛えるということです。口輪筋という口の周りの筋肉を引きしめれば、口元のでっばりは控えめに感じます。歯は出ていますが唇が引きしまっているため、口元も出ているようには見えません。

もちろん限界はあります。重症な方はいくら口輪筋を鍛えても焼け石に水です。しかし、重症でなければ結構効果があります。

口輪筋の強さが重要

口輪筋の強さが重要

口輪筋の強さの個人差は、とてもあります。口に手を入れ広げたとき、簡単に広がる人は口輪筋が弱いので口の筋トレをするだけで口ゴボが改善されます。
口輪筋が弱い方は、矯正治療を行っても口ゴボの感じが残ることもあります。具体的には、以前流行した「アヒル口」といわれるような状態です。アヒル口はわざとやっているのであざとい感じがしますが、矯正治療をしたあとの口輪筋が弱い方は自然なアヒル口になることがあります。アヒル口になっている人全員があざといのではなく、自然なアヒル口もあるということを分かってあげてほしいです。

このような方がもっと口ゴボを改善したいと思うなら、唇の筋トレをしてもらうことで口ゴボはさらに改善されます。自力で矯正というと胡散臭い話が多く、歯科医師からするとこれは信じないほうがいいなという話も多いのが正直なところですが、この口輪筋の筋トレの話だけは歯科医師から見てもちゃんと効果があります。

口輪筋の筋トレの効果

口輪筋の筋トレの効果

「口輪筋」で検索したら色々なグッズが出てくると思いますが、赤ちゃんのおしゃぶりのようなものを口にくわえて、口の筋トレするだけです。もちろん筋トレなので、筋トレ後30分以内にプロテインを飲むとさらに効果的です。口ゴボの改善だけでなく、小顔にもなります。
口輪筋トレーニングは継続することが大事です。1ヶ月継続して頑張ってもらえたら、必ず口ゴボは改善します。
自力で治るのは唇だけで歯は自力では治りませんから、口ゴボの改善には限度はあります。それでも小顔にはなるため、やってみる価値はあるでしょう。

「神経を残すセラミック矯正」は九段下スターデンタルクリニック

口輪筋の筋トレではあまり効果を感じなかった方や、すぐに口ゴボを治したい方は、九段下スターデンタルクリニックにお越しください。当院では、治療後の満足はもちろん、将来的にも後悔しない〝神経を残す〟セラミック矯正を行なっています。〝神経を残す〟セラミック矯正であれば、口ゴボの改善だけでなく、歯の大きさや色、形を含めて綺麗な歯並びにすることができます。いつでもお気軽にお問い合わせください。