1. ホーム
  2. 院長紹介
  3. アメリカ仕込みの技術

アメリカ仕込の技術

世界の歯科医療の近代化に多大な貢献をし続ける米国のDr.ビーチ(Daryl R. Beach DMD) が提唱したフィールベース診療で質の高い治療を行っています。

フィールベース診療とは歯科医が自然な姿勢で、無理やムダがなく治療に集中することができる理想的な治療方法です。

アシスタントが付きっきりで歯科医のサポートをするので、スピーディーに治療が終了します。

フィールベース診療で治療を行うことによって、精密かつ手早くに治療が行うことができます。

アメリカ仕込の技術

当院のカウンセリングルームです。

フィールベース診療と従来の診療の違い

従来の診療法

フィールベース診療

従来の診療法
フィールベース診療

一般的に歯科医が歯を削るときは右手にドリル、左手にバキュームを持ち、屈みこんで口の中を覗き込んで歯を削ります。

フィールベース診療では常にアシスタントがサポートするので、歯科医は常にミラーを見ながら歯を削る事が出来ます。その為、より精密に削り残しなく治療を行う事が出来ます。

従来の診療法
フィールベース診療

この体勢で歯を削ると、いくら頑張って口の中を覗き込んでも見える角度には限界があります。
一見、きれいに削れたように見えますが・・・

角度を変えて見てみるとこの通り、虫歯が残っています。フォーハンド治療ではミラーを使って歯の隅々まで見て確認しながら削ることができますので、虫歯の削り残しはありません。

フィールベース診療はどこででも受けられるの?

このように優れた特徴を持つフィールベース診療ですが、マスターしてる歯科医は非常に少ないのが現実です。
歯科医が大学を卒業して最初に勤める医院がフィールベース診療を行ってない限りはマスターすることは困難だと言えるでしょう。
当医院の院長はフィールベース診療セミナーのインストラクターですので、安心してフィールベース診療を受けることができます。

shinsatsudai.jpg

診察台

ページトップへ