1. 歯並び矯正のスターデンタルホーム
  2. 医療費控除

医療費控除

医療費控除は、生計を一にする家族が「1年間に10万円以上の医療費」を支払った場合に、「所得税の一部」が減税・還付される制度です。

どれくらいの金額が戻ってくるの?

医療費控除額

※ただし、医療費の上限は200万円です。
※所得税率は所得が多いほど高くなりますので、高額所得者ほど還付金は多くなります。

【参考:医療費控除をした場合の減税額の事例】

例:年収300万の人は治療費100万の施術を受けると約12万円戻ってきます!

給与収入

医療費

20万円 60万円 100万円
200万円 15,700 17,900 17,900
300万円 15,700 76,200 116,200
400万円 15,100 75,500 135,900
500万円 20,300 82,300 142,700
700万円 28,600 109,400 190,300
900万円 30,400 152,100 273,800
1,200万円 33,400 167,400 297,200
1,500万円 43,700 218,400 493,200
1,800万円 42,700 218,400 393,200
2,000万円 43,800 218,600 393,400

戻ってくる金額例です。(単位:円)

注1)医療費控除による減税額には住民税額を含みます。

注2)対象者は35歳、扶養家族は1人の場合での減税額を示しております。

注3)所得控除は社会保険料(年収/12の等級×12)のみで計算します。

注4)減税額は概算の事例であり、諸条件により実際の額と違います。

注5)平成26年4月1日現在の税法により計算しています。

詳しくは国税庁のホームページでご確認ください。
http://www.nta.go.jp/

詳細はこちら 詳細はこちら 03-5211-5880

必要な手続きは?

2月16日から3月15日の間に、前年1月1日~12月31日にかかった医療費を、地元税務署もしくはインターネットで申告します。

※但しサラリーマンの方の還付は1月以降受理されます。

【用意する書類】
・確定(還付)申告書(給与所得者は源泉徴収票)
・領収書(コピーは×)
・印鑑、銀行等の通帳

治療費をデンタルローンで支払った場合

デンタルローンは、患者さまが支払うべき治療費を信販会社が立替払いをし、その立替分を患者さまが分割で信販会社に返済していくものです。
したがって、信販会社が立替払をした金額は、その患者さまのその立替払をした年の医療費控除の対象になります。
なお、デンタルローンを利用した場合には、患者さまの手元には治療費の領収書がないことが考えられますが、デンタルローンの契約書の写しをご用意ください。

※金利及び手数料相当分は医療費控除の対象になりませんのでご注意ください。

ページトップへ