1. 歯並び矯正のスターデンタルホーム
  2. 八重歯・叢生(そうせい)・乱杭歯の矯正治療

八重歯・叢生(そうせい)・乱杭歯の矯正治療

歯の神経を取らない優しい治療

最短1週間で八重歯(叢生・乱杭歯)を綺麗にすることが可能です。

歯を小さくしたり白くしたり自由に選べます。下のイメージです。

歯のサイズを選べる

矯正治療は全て名医50人に選ばれた院長が治療します。

八重歯の治療方法

八重歯の矯正治療は大きく分けて、セラミック矯正とワイヤー矯正とマウスピース矯正の3種類があります。

・セラミック矯正とは歯を削り、セラミックの冠を歯に被せて歯並びを整える矯正法です。

 
治療前

治療前

歯を削ったところ

歯を削った途中経過

治療終了

治療終了後の写真です。

・ワイヤー矯正は通常のワイヤーを付けて歯を動かす矯正方法です。

・マウスピース矯正は透明のマウスピースを付けて歯を動かす矯正方法です。

invisalign

治療方法比較

項目

セラミック矯正

ワイヤー矯正
マウスピース矯正

治療スピード 最短1週間で完治 平均2年前後
痛いかどうか 麻酔をするのでまったく
痛くない
調整時に少し痛い
歯を小さくできるか セラミックで新たに
作成するのでできる
出来ない
歯の白さ 好きな白さにできる 元の色のまま
歯並びの精密さ すごく綺麗 普通に綺麗
【普通の矯正治療で精密(0.1mm単位)に歯を並べることは不可能です】
治療が終了してからの
後戻り
ない 必ずある
歯を抜くか 抜かない
(抜くこともあるが)
抜く
(抜かないこともある)
歯を削るか 削る 削らない
(削ることもある)
歯の表面の荒れ セラミックなので天然歯
より綺麗
矯正器具を除去する際に歯に傷がつくのでツヤがなくなる
奥歯も治るか 治るが別料金 治る
虫歯の危険性 低い 高い
(歯が磨きにくいため)

詳細はこちら 詳細はこちら 03-5211-5880

ワイヤー矯正・マウスピース矯正の注意点

セラミック矯正よりも従来の矯正治療の方が歯に優しいと勘違いされてる患者さんが多いようなのですが、それは間違いです。
神経を残して治療すればセラミック矯正の方が歯に優しいです。

ワイヤー矯正・マウスピース矯正は奥歯を4本も抜歯することが多く、治療期間2年保定期間2年で合計4年前後かかってしまいます。
後戻りも必ずあるので虫歯になりやすく、「歯に優しいなんてとんでもない!」ってのが実情です。

抜歯しないでやるワイヤー矯正・マウスピース矯正なら一考の価値はありますが、歯が大き過ぎる人が多い日本人が非抜歯で矯正すると相当な出っ歯になる方がほとんどです。

当医院では歯に優しい治療で美を追及し、その方に合ったベストな治療法をカウンセリングにて提案させていただきます。
セラミック矯正・ワイヤー矯正・マウスピース矯正の長所も短所も全て理解していただいたうえで患者さんに治療法を決めていただきます。

セラミック矯正の長所と短所

長所

  • 歯を小さくしたり白くしたり選べるので口元が劇的に美しくなります、ワイヤー矯正やマウスピース矯正とは比べものになりません。性格まで明るく社交的に変わるほどの効果があります。
  • 最短1週間で完了(保定期間もありません、他の矯正だと保定だけで2年前後)
  • 痛くない
  • 極めて精密に歯が並ぶ(ワイヤー矯正やマウスピース矯正とは比べものになりません)
  • 奥歯を抜くことがないので将来高齢者になったときにも安心
  • 神経を残して治療できる症例ならデメリットはほとんどない(田中院長の前歯は全て23年前に治療したセラミックですが、神経を残してあるので全くトラブルなしです!)

短所

  • 奥歯には適さない(やろうと思えば出来ますが、歯に悪いのでお勧めしません)
  • 歯並びがあまりにも悪い場合は、歯を抜いたり神経を取ることもありえる(それでも奥歯を抜くワイヤー矯正よりはマシですが)
  • 極端に出っ歯な場合などは、口元の引っ込み具合は他の矯正に劣る
  • 奥歯まで歯並びがガタガタの場合はワイヤー矯正でキッチリ治すべき(美だけではなくて健康も大切です)
  • 個人差はありますが長年経過するとセラミックと歯ぐきの境目が不自然になることもある(田中院長の前歯は23年前におこなったセラミック治療ですがまだ全く問題ありません、あくまでも個人差なのです)
  • 説明もなしに神経を取るなど悪質、もしくはあまりにも未熟な歯科医院の話もあるようです(他院にて治療したが歯が大きすぎて不格好なので治して欲しいと言われレントゲンを撮ったら無断で神経取ってあったとかよくあります)

1日目

仲野治療前f.JPG

治療イメージです。

2日目

仲野治療後f.JPG

このように歯を小さく白くモデルさんのように笑顔をキレイにすることが可能です。

ai_nakano_2.jpg

詳細はこちら 詳細はこちら 03-5211-5880

ワイヤー矯正の長所と短所

長所

  • 奥歯の歯並びまで治る
  • 歯だけでなく、歯ぐきの骨まで出っ張ってるような極端に重症な症例に向いてる

短所

  • ・2年前後かかる(保定期間も合わせると4年前後が平均)
  • 歯が大きい人、歯の色の悪い人などは歯並びだけ良くしてもちっとも美しくなれない(ワイヤー矯正した後に歯が大きすぎるから等の理由でセラミック矯正で再治療する患者さん多いです)
  • 後戻りが必ずあるので、結局美しくはなれない
  • ブラックトライアングルができる
  • 精密には歯が並ばない(1mm程度の誤差とか十分ありえます)
  • 奥歯を抜くので高齢者になったときに入れ歯になる可能性が高い(奥歯を抜かないで治すとよけいに出っ歯になります)

マウスピース矯正の長所と短所

長所

  • 目立たない
  • 自分で外すことができる
  • 気軽に始めやすい

短所

  • 2年前後かかる(保定期間も合わせると4年前後が平均)
  • 歯が大きい人、歯の色の悪い人などは歯並びだけ良くしてもちっとも美しくなれない(マウスピース矯正した後に歯が大きすぎるから等の理由でセラミック矯正で再治療する患者さん多いです)
  • 適応症が限られる(マウスピース矯正では無理な症例は多い)
  • 精密には並ばない(セラミック矯正より圧倒的に劣る、ワイヤー矯正より劣る)
  • 自分で外せるのでサボってしまうといつまで経っても治らない
  • サボるとマウスピースをはめるときにものすごく痛い
  • 実は歯の表面に白いボタンのような物を貼り付けるので、治療後歯の表面がザラザラになる
  • 後戻りが必ずあるので、結局美しくはなれない
  • ブラックトライアングルができる
  • 精密には歯が並ばない(1mm程度の誤差とか十分ありえます)

矯正治療を考えたなら

矯正治療で歯科を選ぶポイントは、セラミック矯正とワイヤー矯正、マウスピース矯正すべて対応出来る歯科を選ぶことです。
すべて出来る医院でないと、本来ワイヤー矯正を選択した方が良いにも関わらず、セラミック矯正を薦められることや、ワイヤー矯正よりもセラミック矯正を選択した方が良いにも関わらず、ワイヤー矯正を薦められたりすることもありえます。

当院では、セラミック矯正が向いているのか、ワイヤー矯正、マウスピース矯正が向いているのかわかりやすく丁寧に説明して、治療内容を理解していただいてから治療に移ります。納得していただけるまでカウンセリングは何回でも無料です。

幣院では、審美歯科症例5000以上の他院を圧倒する実績に基づく施術により後のトラブルを最小限に防ぐ施術を行います。また、全体の歯並びを治療し八重歯は残すような柔軟性のある治療も可能です。

また、当院では審美治療はすべて名医50人に選ばれたオーナー院長である田中が担当致しますので、強度、デザイン等もご満足頂ける施術を提供致します。
無料カウンセリングにてCT撮影等の精密診断まで行いますので、気軽にカウンセリングにお越しください。

詳細はこちら 詳細はこちら 03-5211-5880

叢生を治療した症例はこちら

八重歯を治療した症例はこちら

乱杭歯を部分矯正とセラミック矯正で治療した症例はこちら

ローンについて

歯科治療に安心の分割払い

デンタルローン・各種ローンを取り扱っておりますので、分割払いも可能です。

当院へのアクセスはこちら

治療の流れはこちら

患者様の声はこちら

関連する症例

乱坑歯(叢生)を治療した症例

乱坑歯(叢生)を部分矯正とセラミック矯正で治療した症例

八重歯を治療した症例

ページトップへ