九段下スターデンタルクリニック

歯科矯正ナビ

TEL

コロナ対策で当面は臨時休診を設けています。
診療日はこちらからご確認ください。
コロナ対策で当面は臨時休診を設けています。
診療日はこちらからご確認ください。
歯並びのお悩み

歯が小さい場合の原因・問題点と解決方法:矮小歯と萌出不完全は治せる

このエントリーをはてなブックマークに追加

歯が小さくなるケース・原因

自分で歯が小さいことに悩んでいる場合、治療が必要なほど小さいのか、主観的に小さいと感じているのかどうか自分で判断せず専門家に相談することが必須です。

小さい歯は、治療をすれば改善される場合もあります。

後ほどご説明しますが、セラミック矯正であれば歯の大きさを変えることが可能です。

【関連ページ】
セラミック矯正の治療方法と料金・症例・費用

九段下スターデンタル 歯並び矯正治療

九段下スターデンタル 歯並び矯正治療

【萌出不完全】歯茎の中に歯が埋もれている状態

歯が生えることを「萌出」といいますが、萌出不完全とは歯が完全に生えて来ず、歯茎の中に止まっている状態のことです。前歯全体が萌出不完全の場合は、笑ったときに歯茎だけが見えて「ガミースマイル」になってしまいます。

ほんの少し歯茎が歯の上に被る程度なら歯が小さい状態は可愛い印象を与えます。しかし歯がほとんど見えず、笑うとピンクの歯茎だけが見える状態が気になるのであれば治療が必要になります。

【矮小歯】歯自体が小さい状態

歯茎の中に埋もれているわけではなく歯そのものが小さい状態を「矮小歯」と呼びます。

並んでいる歯全体が小さい場合と、1本だけまたは2本だけが小さい場合があります。

よく見られるケースは真ん中から数えて2本目の「側切歯」が小さい場合です。一般的に犬歯または糸切り歯と呼ばれる尖頭歯や中央に並ぶ中切歯が前面に突出し、矮小歯が歯列からはみ出ており、歯並びが揃ってないケースが多く見られます。

矮小歯の原因は、全体ではなく数本だけの場合は退化傾向にある歯です。また、全体的に矮小歯が並んでいる場合は、炎症の痕がある、ビタミンD欠乏など栄養不足、下垂体が機能低下している、遺伝などが原因です。

小さい歯の場合に起こる問題点

teeth-1743981_640

歯の大きさには個人差があります。他の方に比べ、少しくらい小さくても問題はありません。しかし極端に小さい場合には治療が必要な場合があります。

歯と歯の間に隙間ができる

歯茎の大きさに対して歯が小さいと隙間ができてしまいます。隙間のできた歯並びのことを空隙歯列といいますが、特に前歯に隙間があると気になります。

コンプレックスを持っていると、笑顔になりにくくなることも問題です。また気になるため、舌で隙間を押すことが癖になっている人が多く、いつも押していると隙間がますます大きくなってしまいます。

歯並びが悪い

隙間がない場合でも、大きな歯の根元に小さな歯が生えるなど生えるべきところに生えず、歯並びが整っていません。また、矮小歯を持っている方は過剰歯になる傾向もあり、過剰歯も歯並びを悪くする原因です。

噛み合わせが悪い

矮小歯を持っている方は上下の歯の大きさや数が違うために噛み合わせが悪く、食べ物を噛み砕きにくい状態です。

きちんと咀嚼しないで食べ物を飲み込むことが習慣になっていると、胃腸などの問題が出てくる可能性が高まります。歯並びや噛み合わせが悪いことが、体の歪みや視力の低下に繋がるという研究もあるため、健康にもかなり強い結びつきのある問題です。

上手く話せない

隙間がある場合だけではなく、ない場合でも口を上手に動かせない人は、特定の音が発音できません。思うように発音できないために話すことにコンプレックスを抱いて自分らしさを表現できない場合もあります。

歯や歯茎のトラブルが起きやすくなる

隙間に食べ物が挟まりやすく、出先などで放置しておくと細菌が増加します。また、歯並びが悪いと歯磨きがしにくいことも問題です。汚れが残ってしまう可能性があり、歯周病や虫歯になってしまいます。

顎関節症になる可能性

顎関節症は口が開けにくい、肩や首がコリやすいといった症状があります。顎関節症は噛み合わせが悪いからといってすぐにかかってしまうわけではありません。さまざまな要因が絡み合って生じる疾患です。

顎関節症の原因としては以下のことが考えられています。

  • 噛み合わせが悪い
  • 顎や顔の骨が歪んでいる
  • 顎の関節が成長していない
  • 歯ぎしりなどの癖を持っている
  • 精神的なストレスが多い

ストレスが無ければ噛み合わせが悪くても顎関節症にならないかもしれません。しかしできるだけ可能性を取り除いて生活していた方が安心です。

九段下スターデンタル 歯並び矯正治療

九段下スターデンタル 歯並び矯正治療

小さい歯の矯正にはセラミック矯正がおすすめ(他の矯正方法との比較)

以上紹介した問題点を持っていなければ小さい歯は特に治療をする必要はありません。しかし、もし何か気になることがあれば歯科医に相談しましょう。

【関連ページ】
前歯が小さいのがコンプレックス!大きくできるの?さまざまな治療法や小さくなった原因についても解説

ワイヤーなどによる歯列矯正

隙間がある歯を補正する方法ですぐ思い浮かぶのがワイヤーなどを使った歯列矯正です。歯をあるべき場所に移動すれば隙間がなくなるかもしれません。しかし、全体に歯茎に比べて歯が小さい場合は、歯列を整えても問題が解決されない場合もあります。その上、過剰歯や歯のバランスがあまり良くない場合は歯列矯正だけでは上下の歯が一致しなくなります。

また矮小歯は、歯茎から出ている部分だけではなく、歯根も小さい場合がほとんどです。そのため、ワイヤーで強く締めるとダメージを与えてしまう場合があります。矯正を始める前に歯根などのチェックをきちんとしてくれるクリニックでの診察が必要です。

ダイレクトボンディング

ダイレクトボンディングというのは、光が当たると硬化するコンポジットレジンを埋め込む方法で、虫歯治療などにも利用されます。小さな歯の治療では、コンポジットレジンを隙間に埋め、歯を大きくします。メリットは、費用が比較的安価でできること、すぐにできることです。

ただし、コンポジットレジンは樹脂の一種でプラスチックですから、だんだん変色します。そのため、色が気になったらやり直さなければいけません。また、口の中での作業となるため、理想的な歯の形を作ることはかなり難しというデメリットがあります。

ラミネートベニア

ラミネートベニアとは、歯の表面を約0.5ミリ削って薄いセラミックを被せる方法です。すぐに理想的な歯の形になります。ただ、表面に貼り付けるだけですから剥がれてしまうかもしれません。もともと歯が小さいこともあり、維持しにくく外れやすい可能性があります。また完璧に密封するわけではないため、虫歯になる可能性があることもデメリットです。

【関連ページ】
ラミネートべニアのメリット・デメリット、治療期間・症例

セラミック矯正

セラミック矯正とは、1本ずつにセラミックの歯冠を被せる方法です。1本ずつ被せるため、歯のボリュームや色を好みで作ることができます。セラミックを被せるため、強度も補強できることも矮小歯におすすめのポイントです。

デメリットは神経を抜くクリニックが多く、神経を抜くと問題が生じる場合があることです。そのため、神経を抜かない優しい治療をするクリニックを探すことが必須です。

【関連ページ】
セラミック矯正のメリット・デメリット、治療期間・症例

動画でわかる!矯正方法の種類別メリット・デメリット

審美歯科医が、矯正方法の種類別にメリット・デメリットを解説しています。
それぞれの特徴を理解して、納得した矯正方法を選びましょう。詳しくは動画内で解説していますので、ぜひご覧ください。

その他の動画はこちら

セラミック矯正の症例

コラムba

この症例は出っ歯だったのと、歯が斜めに生えていましたのでこの2点をセラミック矯正で改善しました。

歯のサイズを見て頂くと歯が小さく丸めになっているのも分かりますでしょうか? 今回は男性の方でしたので、自然な歯の色にしたいということでナチュラルなトーンの歯で治療しました。

セラミック矯正の症例をもっと見る>>

九段下スターデンタルクリニック院長経歴

tanakaincho

tanakaincho

奈良教育大学附属中学校卒業
清風南海高校卒業
2000年長崎大学歯学部卒業
ア歯科パークハイム診療所勤務
2006年九段下スターデンタルクリニック開業
医療法人社団スタデン理事長就任

ご挨拶

また当医院ではスタッフの接遇にも力を入れております。

歯医者に通うのは怖いことですから、その気持ちを少しでも和らげることができるように「例え洗練されていなくとも、心のこもったおもてなしをするように」と全スタッフに言い聞かせております。

是非1度スター歯科にお越しください。

その出会いをきっかけに、生涯のかかりつけ医として選んでいただけるようにスタッフ一同全力を尽くさせていただきます。

コラムTOPへ

コラムTOPへ

インターネットで無料カウンセリング予約をする