歯科矯正ナビ

九段下スターデンタルクリニック
審美歯科 九段下駅3a出口正面 九段下スターデンタルクリニック
  • コラム TOP
  • >  気付かれずに歯並びを治すには「リンガル矯正」
歯列矯正

気付かれずに歯並びを治すには「リンガル矯正」

このエントリーをはてなブックマークに追加

矯正方法で最も歴史がありメジャーなのは、歯の表側に装置を付ける「表側矯正」です。この方法は、口を開けたときに装置が目立ちます。しかし、「目立つ装置が嫌だ」という患者さんは多く、ニーズに応えられるように矯正装置は進歩し続けています。
もし、「誰にも気付かれずに矯正治療をしたい」と思っているのであれば「リンガル矯正」という矯正方法をおすすめします。どのような治療方法なのか、メリットやデメリット、費用などについて詳しく解説します。

リンガル矯正とは?

Woman hand Make denture with tool

あらかじめ患者さん一人ひとりに合わせた装置を作ります。そして、できあがった装置を舌側(リンガル)に装着するので普段の生活を送る中で装置が見えることはありません。

メリット

装置が見えない

接客業や営業職などで人前に立つことが多い場合、矯正装置が見えると困るという方がいます。そういう場合にも装置が見えないので見た目を気にせずに矯正治療ができます。
また、矯正治療中に成人式や就職活動、結婚式などの大事なイベントを迎えたとしても、見た目をまったく気にする必要が無いので安心です。

食事のときに人目が気にならない

表側矯正では、装置に食べ物が絡まると目立つので、誰かと一緒に食事をする際には気を使います。しかし、リンガル矯正は装置に食べ物が絡まった際に違和感はあるものの見えにくいので外食時に恥ずかしい思いをすることはなく、精神的なストレスはかなり軽減されます。

虫歯になるリスクが低い

歯の裏側に装置があると、「磨きにくくて虫歯になりやすいのではないか」と心配されるかもしれません。しかし、裏側のエナメル質は表側に比べると厚みが約3倍あり、細菌が出す酸に強いです。また、唾液が循環しやすいく殺菌作用で守られているため虫歯になりにくい場所なので、表側に装置を付けるより虫歯になるリスクは低いです。
かといって、虫歯にならないというわけではないので歯磨きはしっかりしなければなりません。

歯を後方に移動させやすい

裏側から引っ張るため、歯を後ろに移動させやすく上顎前突(出っ歯)や下顎前突(受け口)といった症例には効果が出やすいです。

矯正の効果を実感しやすい

装置が表側に付いていないので、前歯の歯列が整ってきていることを早い時期に実感しやすいです。

歯の表面を傷付けにくい

表側矯正は装置を外す際に表のエナメル質を傷つけるリスクがあります。しかし、エナメル質の厚みがしっかりある舌側に装置を付けているリンガル矯正では、装置を外す際にエナメルクラック(エナメル質の細かなヒビ)ができるリスクが低いです。

ライフスタイルに影響がない

激しいスポーツをしていて、プレイ中に衝突することがあっても装置で口腔内を傷付けるリスクは低いです。また、管楽器などを吹くときにも支障がないので習い事や部活などに打ち込んでいる方でも気にせず矯正できます。

舌癖が改善され後戻りしにくい

「上下顎前突」や「開口」の方には、舌を常に前歯に当てている癖や、上の前歯と下の前歯の間に舌先を挟む癖があることが多いです。食事や会話をしているとき以外は、舌先は上の前歯の付け根より少し上にあるのが正常です。舌が正しい位置に収まっていないと、無意識に前歯を押し出してしまいます。この舌癖が治らないと、せっかく綺麗に歯並びを整えても舌の力で歯が動いてしまい後戻りする可能性があります。
リンガル矯正は、装置が歯の裏側に付いているので舌が歯に当たることを防ぎ、舌癖が直りやすいです。舌癖が直れば後戻りもしにくくなります。

デメリット

治療開始直後は発音がしづらい

歯の裏側に装置を付けるため、「サ行」「タ行」「ラ行」は発音がしづらくなることがあります。1~2ヶ月ほどで普段通りに発音ができるようになりますが、意識的に練習することで、さらに早く通常の発音ができるようになります。

違和感を感じやすい

リンガル矯正では、常に装置が舌に触れている状態になるため、初めのころは違和感を感じます。個人差はありますが、大抵の方は数週間で慣れてきます。

表側矯正より費用が高い

リンガル矯正では、一人ひとりに合わせて、オーダーメイドで装置を作る必要があります。また、歯の裏側は表側より面積が狭く複雑な形をしているので高度な技術と時間が必要です。そのため、表側矯正と比べると費用がかかります。

歯石が付着しやすい

唾液とプラーク中のリンやカルシウムといったミネラル分が反応して歯石になります。下顎の前歯の内側は唾液腺の近くなので、歯石が付きやすい場所です。
装置があると磨きづらく、プラークが残りやすくなりさらに歯石が付きやすくなるので注意が必要です。

九段下スターデンタル 歯並び矯正治療

九段下スターデンタル 歯並び矯正治療

治療の流れと治療期間

day-planner-828611_640

医院や症状によって、治療の進め方や過程が異なることがありますので、大まかな流れとして参考にしてください。

1.カウンセリング

問診表を記入してもらい、実際に口腔内を診て、症状や矯正治療の概要について説明します。また、矯正装置の種類、治療方法、矯正期間、治療費など患者さんの疑問点や不安なことについてお答えします。

2.精密検査

レントゲン撮影やCT撮影、歯型の採取、写真撮影(口腔内、顔面)などを行います。

3.検査結果と診断

検査結果をお伝えし、カウンセリングと精密検査を基にして患者さんに合った治療方法をいくつか提案します。

4.治療を検討してもらう

治療方法、治療によるリスク、期間、費用の支払い方法などに患者さんから同意が得られれば、舌側矯正装置の製作を始めます。

5.装置装着

できあがった矯正装置を装着し、動的治療に入ります。リンガル矯正は装置がオーダーメイドなので、製作期間としてある程度の期間が必要です。また、表側矯正の装置を付ける場合より長い時間が必要です。

6.定期検診(装置の調整)

装置装着中は、月に一度くらいのペースで通院してもらい、歯の動きを確認し矯正装置を調整する作業を繰り返し行います。また、虫歯や歯周病のチェックとクリーニングを行いながら歯の管理を続けていきます。虫歯や歯周病の予防のためにブラッシング指導も行います。
矯正装置の装着期間は、症例によって異なりますが目安は2~3年ほどです。

7.保定期間

綺麗な歯並びと正しい噛み合わせに改善されれば、矯正装置を外し保定期間に入ります。矯正装置を外してしばらくは、元の歯並びに戻ろうとします。それを防ぐため、保定装置を装着して歯が安定するまで定期的に経過観察とクリーニングを行います。保定期間中の通院ペースは3~6ヶ月に一度くらいです。
保定期間は装置を装着していた期間と同じくらいの期間が必要となることが多く、1~2年が目安です。

費用はどれくらい?

money-2696219_640

症例や医院によっても変わってきますが、表側矯正の費用は80~100万程度、舌側矯正の費用は110~150万円程度です。高度な技術を必要とし、装置がオーダーメイドなのでどうしても費用は高くなります。
医院によっては定額費用制度を導入している場合があります。定額費用制度とは、矯正治療が終了するまでに必要なすべての費用が組み込まれており、通院回数によって費用が変わらないシステムです。追加料金が発生することがないので分かりやすいというメリットがあります。

歯科医とはしっかりコミュニケーションを!

満足のいく矯正治療をするためには、歯科医とコミュニケーションをしっかり取り、治療方針や費用などに認識のずれが起きないようにすることが重要になると思います。治療方針や治療によるリスク、治療費の支払い方法などを把握し、納得した上で治療に入るようにしましょう。

九段下スタークリニックでは、無料カウンセリングを行っているので患者さんの疑問に思うことや不安に感じていることを解消してから治療するかどうかを選択していただだけます。
カウンセリングの予約は電話とホームページにて承っておりますので、お気軽にご相談ください。

セラミック矯正の症例

コラムba

この症例は出っ歯だったのと、歯が斜めに生えていましたのでこの2点をセラミック矯正で改善しました。

歯のサイズを見て頂くと歯が小さく丸めになっているのも分かりますでしょうか? 今回は男性の方でしたので、自然な歯の色にしたいということでナチュラルなトーンの歯で治療しました。

セラミック矯正の症例をもっと見る>>

当医院では神経を残す治療を行っています

治療の流れ

神経を取り除くセラミック矯正が一般的な中、当院のセラミック矯正では神経を抜きません。神経を取ってしまうと、年を取ったときに歯が抜けやすくなるというリスクがあります。当院では、一生自分の歯でいられるように、神経を残した治療を行うことにこだわっています。

他の歯科医院で神経を取る必要があると言われた場合でも、当院では削る量を最小限にしているため神経を残せる場合があります。一度ご相談ください。

セラミック矯正について詳しく見る>>

九段下スターデンタル 歯並び矯正治療

九段下スターデンタル 歯並び矯正治療

九段下スターデンタルクリニック院長経歴

tanakaincho

tanakaincho

奈良教育大学附属中学校卒業
清風南海高校卒業
2000年長崎大学歯学部卒業
ア歯科パークハイム診療所勤務
2006年九段下スターデンタルクリニック開業
医療法人社団スタデン理事長就任

ご挨拶

また当医院ではスタッフの接遇にも力を入れております。
歯医者に通うのは怖いことですから、その気持ちを少しでも和らげることができるように「例え洗練されていなくとも、心のこもったおもてなしをするように」と全スタッフに言い聞かせております。
是非1度スター歯科にお越しください。
その出会いをきっかけに、生涯のかかりつけ医として選んでいただけるようにスタッフ一同全力を尽くさせていただきます。

コラムTOPへ

コラムTOPへ

インターネットで無料カウンセリング予約をする