歯科矯正ナビ

九段下スターデンタルクリニック
  • コラム TOP
  • >  佐々木希さんの歯並びの変化について解説【セラミック矯正・歯科医監修】
歯並びのお悩み

佐々木希さんの歯並びの変化について解説【セラミック矯正・歯科医監修】

このエントリーをはてなブックマークに追加

「世界で最も美しい顔100人」にも選ばれたことがある女優・モデルの佐々木希さん。仕事はもちろん一児のママとしても奮闘されていますね。そんな佐々木希さんの歯並びがいつの間にか変化したと話題になっているそうです。

この記事では佐々木希さんの歯並びのビフォーアフターについて歯科医の解説を交えながら紹介していきます。

佐々木希さんのプロフィール

略歴

名前:佐々木希(ささき・のぞみ)
生年月日:1988年2月8日
出身地:秋田県
所属:トップコート

sasakinozomi_01
引用元:https://topcoat.co.jp/s3/skiyaki/uploads/artist_photo/image/10485/nozomi_sasaki.jpg

佐々木希さんは2005年に地元の秋田県秋田市でアパレルショップ店員として働いていたところ集英社の「週刊ヤングジャンプ」スタッフの目に留まり、芸能界入りを果たしました。

2008年に映画「ハンサム★スーツ」で女優デビュー。その後、モデルと女優活動を中心に活躍されています。また私生活では2017年にお笑い芸人の渡部建さんと結婚され、息子さんが1人いらっしゃいます。

出演作など

モデルとしては、2006年「週刊ヤングジャンプ」の「ギャルコンJAPAN」および「PINKY」の「第2回プリンセスPINKYオーディション」でグランプリをW受賞。その後は「PINKY」の専属モデルを2010年まで務めました。

2010年「PINKY」の休刊以降2013年までは「non-no」の専属モデルとして抜群の人気を誇りました。そのほかにも、2010年には秋田県をPRする「あきた美の国大使」に就任するなど、各種メディアで幅広く活動されています。

女優としては、2008年のデビュー作「ハンサム★スーツ」以降、映画・ドラマ・バラエティ・CMなどで活躍されています。2010年には「世界の最も美しい顔100人」で33位にランクインし、その後も複数回ランクインを続けています。

30代になっても変わらぬ美貌とチャーミングな笑顔で若い女性を中心に高い人気を誇っています。

佐々木希さんの歯並びの比較

美女と名高い佐々木希さんですが、歯並びがさらに美しく変化したと言われています。一体どのように変わったのか、変化前と変化後の画像を検証してみましょう。

変化前の画像

sasakinozomi_before
引用元:https://shinbishika-guide.com/wp-content/uploads/2014/12/sasaki-nozomi-01.jpg

こちらの画像から判断する限り、元々の歯並びもそこまで悪くはないようですが、右上の歯が1本捻れているようです。

変化後の画像

sasakinozomi_after
引用元:https://shinbishika-guide.com/wp-content/uploads/2014/12/sasaki-nozomi-07.jpg

一方、こちらの画像を見ると、右上の歯のねじれが直っていることが確認できます。

歯科医による解説

上記の画像から判断する限り、佐々木希さんは少しだけすきっ歯で、右上3番(糸切り歯)が少し中に入っている珍しい症例です。

変化後の画像では、上の真ん中3本と左1本(画像では右側)の合計4本のセラミック矯正をしているように見えます。セラミック矯正というのは、歯によく似た質感の「セラミック」という素材を歯に被せることで歯並びを美しく見せる審美治療です。

佐々木希さんの場合、捻転が比較的軽症だったこともあり、矯正後は歯並びが綺麗に直っていますね。セラミック矯正の成功例といって良いでしょう。

ただ、セラミック矯正は芸能人のような美しい歯になれるというメリットがある一方、セラミックを被せるために健康な歯の神経を抜いてしまったり、歯科によっては抜歯してしまったりするケースも多いものです。

自分の歯を出来るだけ多く自然な状態で維持したい人は、ワイヤー矯正やマウスピース矯正など神経を残せる範囲での治療を検討されることをおすすめします。また後述するように、神経を残しつつもセラミック矯正で歯並びを整えるという選択肢もおすすめです。

動画でわかる!痛くない、神経も残す1日矯正

理事長の田中が矯正についてわかりやすく解説する動画を定期的に配信しています。

movie_page08_01

動画一覧はこちら>>

セラミック矯正の症例

コラムba

この症例は出っ歯だったのと、歯が斜めに生えていましたのでこの2点をセラミック矯正で改善しました。

歯のサイズを見て頂くと歯が小さく丸めになっているのも分かりますでしょうか? 今回は男性の方でしたので、自然な歯の色にしたいということでナチュラルなトーンの歯で治療しました。

セラミック矯正の症例をもっと見る>>

九段下スターデンタルクリニック院長経歴

tanakaincho

tanakaincho

奈良教育大学附属中学校卒業
清風南海高校卒業
2000年長崎大学歯学部卒業
ア歯科パークハイム診療所勤務
2006年九段下スターデンタルクリニック開業
医療法人社団スタデン理事長就任

ご挨拶

また当医院ではスタッフの接遇にも力を入れております。

歯医者に通うのは怖いことですから、その気持ちを少しでも和らげることができるように「例え洗練されていなくとも、心のこもったおもてなしをするように」と全スタッフに言い聞かせております。

是非1度スター歯科にお越しください。

その出会いをきっかけに、生涯のかかりつけ医として選んでいただけるようにスタッフ一同全力を尽くさせていただきます。

コラムTOPへ

コラムTOPへ

インターネットで無料カウンセリング予約をする