歯科矯正ナビ

九段下スターデンタルクリニック
審美歯科 九段下駅3a出口正面 九段下スターデンタルクリニック
  • コラム TOP
  • >  すきっ歯(前歯の隙間)と滑舌・発音の関係
歯列矯正

すきっ歯(前歯の隙間)と滑舌・発音の関係

このエントリーをはてなブックマークに追加

空気が歯のすき間から漏れるため滑舌が悪くなる

sukippa_main2

滑舌が悪くなってしまう原因の一つとして、歯と歯の間に隙間ができている”すきっ歯”であることが挙げられます。

滑舌の良し悪しは、舌の動かし方や、口から空気が漏れずに発音できるか、が関係しています。すきっ歯で歯の間に隙間ができている場合、空気が漏れてしまい、きれいに発音が出来ないケースがあるのです。

特に、さ行やた行の言葉や英語のthなどは、すきっ歯により空気が漏れると発音がしにくく、滑舌の悪さが目立ってしまいます。

後ほど解説しますが、すきっ歯はセラミック矯正で最短1週間で治療が可能です。詳しくは下記のページもご覧ください。

▼関連ページ
セラミック矯正の治療方法と料金・症例・費用

九段下スターデンタル 歯並び矯正治療

九段下スターデンタル 歯並び矯正治療

すきっ歯は滑舌の悪さ以外にもデメリットがある

すきっ歯は滑舌の良し悪しに影響を与えますが、 それ以外にもすきっ歯をそのままにしておくことで起こる弊害があります。

見た目の印象が悪い

すきっ歯の悩みで一番多いのが「見た目の印象が悪いこと」ではないでしょうか。

特に上の正面の前歯2本の間に隙間がある場合、しゃべるときや笑ったときなど、日常生活の中で周囲の人に見えてしまいます。

歯並び、特に前歯の状態は、人に与える印象への影響も大きいため、機能的に問題がなくても、すきっ歯をそのままにしておくことに抵抗がある人も多いでしょう。

歯周病になりやすい

歯の間に隙間があると、食べ物のカスが詰まりやすくなります。歯磨きが行き届きにくい場合、細菌が繁殖しやすくなり、歯周病などの病気を引き起こします。

このように、すきっ歯は口の中の健康を損なう原因にもなり得るので注意が必要です。隙間がある部分は、特に念入りに歯磨きを行うようにしましょう。

歯科矯正を行わなくても滑舌を改善できるのか?滑舌改善方法について

すきっ歯が原因の滑舌の悪さは、歯科矯正を行わない場合はどのようにして改善すれば良いでしょうか。

舌の筋肉を鍛える

滑舌が悪くなる原因として、舌や口の筋肉の使いかたに問題がある場合があります。

美しく発音をするためには、言葉を発音する際に、舌を速く、スムーズに動かせるかどうか、口の中がきちんと空いているかなどが影響します。

普段の発音の癖が影響して、美しい発音に必要な舌の筋肉が発達していない場合には、舌回しなどで舌の筋肉を鍛えることが、滑舌の改善につながることがあります。

早口言葉を練習する

舌の使い方によって滑舌をよくしたい場合には、早口言葉を練習することも有効です。

しかし、舌の筋肉を鍛える方法も早口言葉を練習する方法も、舌の状態を改善して滑舌の良さを向上させる方法です。滑舌の悪さが、すきっ歯による空気漏れから来ている場合には、すきっ歯自体を治すことでしか改善されません。

舌の筋トレや早口言葉でも滑舌の悪さが治らない場合、歯並び矯正によるすきっ歯の治療を検討することをおすすめします。

九段下スターデンタル 歯並び矯正治療

九段下スターデンタル 歯並び矯正治療

すきっ歯は比較的簡単に治療できる

doctor-1149149_640

歯並び矯正と聞くと、治療に時間もお金もかかる、というイメージを持つ人が多いと思います。しかし、すきっ歯の矯正は、数ある歯並び矯正の中でも、比較的簡単に、短期間で治療が完了します。さらに、費用も他の矯正と比べて安い傾向があります。

【関連ページ】
すきっ歯の原因・症例と治療方法

すきっ歯の矯正方法

すきっ歯の矯正は、歯の状態によって適切な方法が異なります。歯科医師に相談して治療の方針を決めましょう。

ワイヤー矯正による全顎矯正

ワイヤー矯正は、全部の歯に矯正器具(ワイヤー)を付けて歯を動かす矯正方法で、効果が高く、複数ある矯正の種類の中でも選択する人が多い方法です。

ワイヤーによる全顎矯正は、歯全体に力を加えて動かすため、歯列全体をバランス良く整え、根本的な部分からの歯並び治療を行うことが可能です。歯の隙間がある箇所が多い場合や、隙間が大きすぎる場合は、歯列全体を整える全顎でのワイヤー矯正が良いでしょう。

価格は歯科医院の値段設定や歯の状態によってまちまちですが、最低でも70万ほどかかります。期間は通院に2年、保定期間に2年を要し、気軽に行える治療とは言えないところがデメリットです。

ワイヤー矯正による部分矯正

比較的軽度な矯正であれば、全部の歯ではなく、一部の歯だけに矯正装置を付けることで歯並びを矯正することも可能です。部分的に矯正器具を付けることから、この方法を部分矯正と言います。

部分矯正の場合、費用は20万円程度から、通院期間は2年程度でその後保定期間が2年と、全顎矯正よりも安く、短くなるケースが多いでしょう。なお、治療期間は短くても、動かした歯を保定する期間は2年ほどを要し、全顎矯正と変わらないことを覚えておきましょう。

裏側ゴム矯正

隙間が狭いすきっ歯であれば、歯の裏側に矯正用のゴムをつける、裏側ゴム矯正という選択肢もあります。

ゴムは透明のためほとんど目立たず、矯正を行っていることが周囲にわかりにくい点がメリットです。また歯を削ることもありませんので、歯への負担も最小限ですみます。
治療期間は1カ月程度で、保定は2年程度必要です。

費用も15万円程度となっており、一番手軽なすきっ歯治療方法です。詳しくは下記のページをご覧ください。

▼関連ページ
歯の裏側にゴムを付けて矯正する方法

ダイレクトボンディング

すきっ歯の隙間部分に詰め物をして歯を綺麗に見せる方法がダイレクトボンディング法です。ダイレクトボンディングでの治療は、歯を削ることや、歯形の型取りなどが基本的に不要です。そのため30分前後で処置が完了し、すべての治療が1回で終わる点が大きなメリットです。

また、他の矯正方法と比べて比較的安価で治療ができる点も特徴です。治療の費用は、前歯1本1万円〜3万円ほど、2本セットでやることが多いのでトータル2万から6万円ほどです。
すきっ歯の状態が比較的軽度な人、すぐに歯並びをきれいにしたい人におすすめです。

ただし、時間がたつと取り付けた部分と歯の間が黒ずんで見えてしまうことが多いのがデメリットです。

マウスピース矯正

歯並び矯正用のマウスピースをはめて歯を動かしていく方法が、マウスピース矯正です。

マウスピースは透明で、自分で取り外しができるため、常時銀色の器具をつけなければならないワイヤー矯正に比べて目立たない点が特徴です。

しかし、前歯のすきっ歯だけではなく歯列全体の歯並びが極端に悪い場合や、歯が少ない場合などはマウスピース矯正が合わない場合もあります。

費用は、部分矯正で30万円から、全顎矯正の場合は120万円ほどかかる場合もあり、歯の状態によって費用に開きがあります。具体的な金額は、歯科医師に確認してみましょう。

ワイヤー矯正と同様に治療に2年、保定期間に2年ほどかかります。

セラミック矯正

症例写真:セラミック矯正
治療後

セラミック矯正は、すきっ歯部分の歯を削り、セラミックという素材でできた人工的な歯を被せることで隙間を補う矯正方法です。ワイヤーでの矯正と違い、歯を動かすことがないため、短い期間で簡単に歯並びを整えることができる人気の方法です。

費用は1本あたり7万からで、治療期間も最短で1週間ほどと短期間ですみます。治療後の保定期間も必要ありません。

セラミック矯正は、歯を大きく削り歯の中の神経を取る手法が用いられることがありますが、比較的軽度な歯並び矯正であるすきっ歯の治療では、神経をとる必要がない場合がほとんどです。そのため、神経を残す手法で行われるセラミック矯正を選ぶことをおすすめします。

セラミック矯正は、手に届きやすい価格な上に、治療期間が短いため、すぐにすきっ歯を治したい人におすすめです。詳しくは下記のリンクをご覧ください。

【関連ページ】
セラミック矯正のメリット・デメリット、治療期間・症例

セラミック矯正の症例

sukippa_3

こちらの症例では、上の前歯2本をセラミック矯正で治療しました。
セラミック矯正を行った歯だけが白く際立ってしまうことを心配されていましたが、他の歯と馴染むように色を調整したので大変満足していました。

セラミック矯正の場合、歯が白くなりすぎることを心配されている方も少なくありませんが、歯の色は自然な白さに調整可能ですのでご安心ください。もちろん、白くしたいというご希望に沿って調整することも可能です。

sukippa_4

20代後半の女性の患者様の症例です。前歯のすきっ歯だけでなく、前歯の両隣の歯が小さいことによるバランスの悪さがお悩みということでした。マウスピース矯正も検討したものの、歯の大きさを変えることができないということで、セラミック矯正に興味を持ち来院いただきました。

上の歯4本をセラミック矯正で治療しました。気になっていた前歯の横2本の大きさも整えることができ大変満足されていました。

セラミック矯正によるすきっ歯治療の症例をもっと見る>>

当医院では神経を残す治療を行っています

治療の流れ

神経を取り除くセラミック矯正が一般的な中、当院のセラミック矯正では神経を抜きません。神経を取ってしまうと、年を取ったときに歯が抜けやすくなるというリスクがあります。当院では、一生自分の歯でいられるように、神経を残した治療を行うことにこだわっています。

他の歯科医院で神経を取る必要があると言われた場合でも、当院では削る量を最小限にしているため神経を残せる場合があります。一度ご相談ください。

セラミック矯正について詳しく見る>>

九段下スターデンタル 歯並び矯正治療

九段下スターデンタル 歯並び矯正治療

九段下スターデンタルクリニック院長経歴

tanakaincho

tanakaincho

奈良教育大学附属中学校卒業
清風南海高校卒業
2000年長崎大学歯学部卒業
ア歯科パークハイム診療所勤務
2006年九段下スターデンタルクリニック開業
医療法人社団スタデン理事長就任

ご挨拶

また当医院ではスタッフの接遇にも力を入れております。
歯医者に通うのは怖いことですから、その気持ちを少しでも和らげることができるように「例え洗練されていなくとも、心のこもったおもてなしをするように」と全スタッフに言い聞かせております。
是非1度スター歯科にお越しください。
その出会いをきっかけに、生涯のかかりつけ医として選んでいただけるようにスタッフ一同全力を尽くさせていただきます。

患者様によくある悩みに関連する記事

すきっ歯の人が与える印象と治療方法
すきっ歯を埋める治療法はどれがいい?レジン・ダイレクトボンディング・セラミック?
歯並びの良くない男性は要注意!女性はこう思っている!女性100人に聞いてみました。
気にしない?不潔?歯並びの悪い女性の性格ってどう思う?100人に聞いてみました。
歯並びが気になる人必読!口元が写真に写るのは嫌?それとも?100人に聞いてみました。
歯の矯正のローン/分割で支払いの対象と金利について。
中学生~高校生の歯の矯正にかかる期間と費用について。
ワイヤー矯正の仕組みとは。また矯正にかかる費用と期間について。

コラムTOPへ

コラムTOPへ

インターネットで無料カウンセリング予約をする