歯科矯正ナビ

九段下スターデンタルクリニック
  • コラム TOP
  • >  矯正治療をする際に親知らずの抜歯は必要?後戻りとの関係は?
矯正

矯正治療をする際に親知らずの抜歯は必要?後戻りとの関係は?

このエントリーをはてなブックマークに追加

矯正治療をする際に親知らずの抜歯は必要?

oyashirazu

親知らずが生えてくる時期は10代後半~20代前半と他の永久歯と比べて遅いため、生える時期に口腔内にスペースが十分にないため、まっすぐ生えていないことも多い歯です。

矯正治療を行う際に親知らずを抜歯をした方が良いケースが多いため、親知らずが生えている人は注意が必要です。まずは、矯正治療をするにあたって親知らずを抜歯した方が良い理由を確認しましょう。

後ほど解説しますが、当医院で行っているセラミック矯正であれば症状によっては抜歯をせずに治療が可能です。

【関連ページ】
セラミック矯正の治療方法と症例・料金

九段下スターデンタル 歯並び矯正治療

九段下スターデンタル 歯並び矯正治療

歯並びに影響が出る場合は抜歯をする

親知らずは狭いスペースの中に後から生えてくるため、他の歯を圧迫することがあります。この場合、親知らずを抜かないでそのままにしておくと、矯正で歯並びを整えても、残されていた親知らずが他の歯を押し、再び歯並びが崩れてしまうことがあります。

一方で、上下左右4本の親知らずがまっすぐ正常に生えており、噛み合わせに問題がなく歯並びに悪い影響を与えない場合は、抜歯をしないこともあります。

多くの人は親知らずになんらかの問題を抱えており、歯並びに悪い影響を与えていることも多いため、矯正治療の際には抜歯するケースが多いのです。

矯正完了後の歯の後戻りを防ぐ

矯正で歯並びを整えたあと、矯正器具を外すと、歯が元の位置に戻ろうとする力が働きます。このように、矯正後に歯並びが元に戻ろうとする現象を「後戻り」と呼びます。

親知らずが残っている状態だと、あごのスペースに余裕がないことが多いため、後戻りしやすい傾向があります。矯正後の後戻りの可能性を低くするためにも、親知らずを抜歯してあごのスペースに余裕をもたせておく必要があります。

虫歯や歯周病になりやすいため抜歯する

親知らずが斜めに生えている場合や、一部が歯茎に埋まっている状態で生えていると、歯ブラシが届きにくく磨き残しが蓄積されていることがあります。これでは、口の中を清潔に保つのが難しくなります。

矯正前に親知らず抜歯しておき、歯磨きの際の磨き残しを減らすことで、その後の虫歯・歯周病リスクを減らすことができます。

親知らずを抜歯するタイミング

zahnreinigung-1514693_640

矯正治療をすることを前提に親知らずの抜歯を考える際には、タイミングに注意しましょう。歯の状態によって、抜歯するタイミングは矯正前の方が適切な場合と、矯正後の方が適切な場合があります。

単純に親知らずが抜きやすい状態のときや、親知らずによって矯正中に虫歯になりやすいと想定されるときは、矯正治療前に親知らずを抜きます。

また、場合によっては親知らずを抜歯しないケースがあります。親知らずがまっすぐ正常に生えている場合は、親知らずを残し、親知らずではない別の歯を抜歯して口の中にスペースを作り、矯正治療を進めるケースがあります。

九段下スターデンタル 歯並び矯正治療

九段下スターデンタル 歯並び矯正治療

抜歯をしないセラミック矯正とは?

jirei

※実際に当医院で治療を行った患者様の症例です。

抜歯をしないで歯並びを整えたいのであれば、セラミック矯正がおすすめです。

セラミック矯正は、歯を削って上からセラミック製の歯を被せて歯を美しく見せる方法です。歯に力を加えて動かすということがないので後戻りの心配がなく、他の治療方法では抜歯が必要な場合もセラミック矯正であれば抜歯をしないで済むことがあります。

また、治療が完了するまでの期間が短いこともメリットです。最短で1週間程度(通院2回)で治療が完了しますので、矯正を早めに完了したい人にもおすすめです。

治療後の後戻りなどの心配はなく、保定期間も必要ありません。さらに、セラミックの歯は白さを選ぶことができるため、白く美しい歯を同時に手に入れることもできます。

【関連ページ】
抜歯をしない矯正
歯列矯正ではなぜ抜歯するの?歯を抜かないで矯正する方法とは。
セラミック矯正のメリット・デメリット、治療期間・症例

動画でわかる!痛くない、神経も残す1日矯正

理事長の田中が矯正についてわかりやすく解説する動画を定期的に配信しています。

movie_page08_01

動画一覧はこちら>>

セラミック矯正の症例

コラムba

この症例は出っ歯だったのと、歯が斜めに生えていましたのでこの2点をセラミック矯正で改善しました。

歯のサイズを見て頂くと歯が小さく丸めになっているのも分かりますでしょうか? 今回は男性の方でしたので、自然な歯の色にしたいということでナチュラルなトーンの歯で治療しました。

セラミック矯正の症例をもっと見る>>

九段下スターデンタルクリニック院長経歴

tanakaincho

tanakaincho

奈良教育大学附属中学校卒業
清風南海高校卒業
2000年長崎大学歯学部卒業
ア歯科パークハイム診療所勤務
2006年九段下スターデンタルクリニック開業
医療法人社団スタデン理事長就任

ご挨拶

また当医院ではスタッフの接遇にも力を入れております。

歯医者に通うのは怖いことですから、その気持ちを少しでも和らげることができるように「例え洗練されていなくとも、心のこもったおもてなしをするように」と全スタッフに言い聞かせております。

是非1度スター歯科にお越しください。

その出会いをきっかけに、生涯のかかりつけ医として選んでいただけるようにスタッフ一同全力を尽くさせていただきます。

コラムTOPへ

コラムTOPへ

インターネットで無料カウンセリング予約をする