九段下スターデンタルクリニック

歯科矯正ナビ

TEL

コロナ対策で当面は臨時休診を設けています。
診療日はこちらからご確認ください。
コロナ対策で当面は臨時休診を設けています。
診療日はこちらからご確認ください。
  • コラム TOP
  • >  歯列矯正
  • >  出っ歯は矯正が必要?出っ歯にマウスピース矯正をすることのメリットとデメリットとは?
歯列矯正

出っ歯は矯正が必要?出っ歯にマウスピース矯正をすることのメリットとデメリットとは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

出っ歯は矯正が必要?

7_7_2_24739561

「出っ歯」の矯正の相談に矯正歯科に来院される患者さんは多くいらっしゃいます。
もともと日本人は「出っ歯」になりやすい遺伝子を持っているとされているので、「出っ歯」で悩む日本人が多いとしても不思議はありません。
「出っ歯」は噛み合わせや体の健康にも影響することがあるので、矯正することは見た目だけでなく健康のためにも大切です。

出っ歯

上顎(じょうがく:上の顎のこと)の前歯もしくは歯全体が前方に突出している不正咬合(歯並びによる噛み合わせが悪い状態)のことです。
出っ歯の人は分かりやすく見た目に影響が出やすいです。

出っ歯の原因

原因には2つの理由が考えられますが、1つ目の原因は遺伝的な理由によるもので、顎の大きさが関係している場合が遺伝的な理由の1つに挙げられます。
特に多いのは上顎が狭いことが原因によるものですが、遺伝的な理由で上顎が狭く歯が生え揃うための十分のスペースがなく、出っ歯になってしまったという人がいます。

もう1つの原因は癖によるもので、例えば子供の時に指しゃぶりをやめられない人や歯を舌で押す癖がある人は自分の癖によって少しずつ前歯を押しやり、その結果出っ歯になることがあります。

出っ歯の弊害とは?

出っ歯であることを気にして「大きな口を開けて笑うことができない」人がいるなど、見た目を大きく気にしていることが多いようです。女性の場合、出っ歯にいつも口紅がつくことで悩む人もいます。
さらに口が閉じにくいので前歯がいつも乾燥した状態になり、歯周病や虫歯になりやすいなど口腔環境にも弊害があります。

出っ歯は咬合不正の1つですが、噛み合わせと健康は大きな関係があります。例えば噛み合わせが悪い場合、片頭痛などの問題が出ることもあります。このように出っ歯を矯正することは、見た目だけではなく口腔内を含む健康を維持するためにも大切なことです。

【関連ページ】
出っ歯を治したほうがいい理由と治療の方法。
出っ歯の原因・症例と治療方法

九段下スターデンタル 歯並び矯正治療

九段下スターデンタル 歯並び矯正治療

出っ歯をマウスピース矯正で治す

0f791519bf351700c0bfe23000a83053_s

出っ歯を矯正する方法として注目されている治療法はマウスピース矯正です。
ここではマウスピース矯正とは何か、またマウスピース矯正を使用することのメリットやデメリットについてご紹介します。

マウスピース矯正とは?

マウスピースを使って行う矯正のことをマウスピース矯正といいます。マウスピースを1日約20時間装着し、歯を弱い力で押します。

押された側の顎の骨は吸収され逆に押した側の顎の骨は再形成されるという、骨の吸収、再形成のメカニズムを利用し少しずつ歯を動かしていくという方法です。

約2週間に一度のペースでマウスピースを新しいものと交換し、徐々に歯を動かしながら理想の形にします。
マウスピース矯正で治療することの一番のメリットは目立ちにくいことです。透明で目立ちにくいマウスピースを装着すると、矯正していることが周囲に分からないので、恥ずかしがらずに矯正を行うことができます。

もう1つのメリットは取り外しができることです。ブラケットとワイヤーを使った矯正の場合、一度装着してしまうと個人で取り外しをすることができないのに対し、自由に取り外しをすることができるというメリットがあります。

食事中や記念写真時にマウスピースを外すことが可能です。大人になって矯正する場合、社会人として働いている人が多く、目立ちやすいブラケットを長期間装着することが大きなネックになることがありますが、その問題を解決してくれます。

また取り外しがしやすいので歯磨きがしやすく、口腔内を清潔に保ちやすいです。マルチブラケット矯正の場合、プラークがブラケットに残りやすく、ワンタフトやデンタルフロスといった特別な清掃器具を用いて歯磨きをすることが必要です。反対にマウスピース矯正の場合、マウスピースを外して普通に歯ブラシをするだけで済みます。

3つ目のメリットは、痛みが少ないことです。マルチブラケット矯正の場合、ワイヤーとゴムを交換した直後は痛みを伴いますが、マウスピース矯正だと痛みが少ないと言われています。

もちろん個人差はありますが「痛いから矯正はしたくない」と思っていた人にとって嬉しいメリットです。費用は矯正にかかる時間や出っ歯の具合によって変わってきますが、約80~100万円です。

マウスピース矯正のデメリット

すべての出っ歯の症例にマウスピース矯正ができるというわけではありません。マウスピース矯正は歯が少し突出している人の治療に向いていますが、大きく移動したい場合の症例には向いていません。例えば抜歯をした後に歯を動かすなどの症例には不向きです。
矯正期間に保証期間を入れると4年間を考える必要があり、長すぎると感じる人が多いのも事実です。マウスピースを作るために歯型を取る必要があるのですが、嘔吐反射がある人などは特に頻繁に歯型を取るのがきつく、4年も続くとなれば大変です。

またマウスピースを入れたり外したりするのが面倒だと感じる人が多いのも事実です。装置をきちんと洗って手入れしなければ汚れて口臭の原因にもなります。マウスピースケースを随時持ち歩き食事のたびに外す必要がありますが、外で働いている人にはこの作業が面倒だと感じ、途中で矯正をやめてしまうこともあります。
最後にマウスピース矯正の仕上がりは、ブラケット装置とワイヤーを使ったマルチブラケット矯正に劣ることがあるということを頭に入れておく必要があります。そのため最終的に部分的にワイヤー装置を装着して固定することがあります。
これらの点を考慮し決定することをおすすめします。

【関連ページ】
マウスピース矯正で歯並びを治す流れと、治療できる歯並びの具体例

マウスピースを使った前歯矯正の流れ

4_4_3_22014843

それでは、前歯のマウスピース矯正を行う場合の一般的な流れをご紹介します。

①カウンセリング

歯並びのお悩みやご希望などをカウンセリングでお聞きし、マウスピース矯正ができるかどうか実際に診察しながら説明を行います。
マウスピース矯正が可能であれば、治療の計画や期間、費用などをこまかくご提案します。

②歯型などの情報収集

マウスピースを製作するために患者様の歯型を取るほか、歯や骨格の位置を調べるレントゲン撮影、口の中や顔の写真撮影を行い、これらのデータを海外の本社に送信します。

③矯正後のシミュレーション

海外の本社が製作した矯正後の3Dシミュレーション画像をご覧いただきます。
これらを基にして歯科医師が詳細な治療計画を立て、本社と協議し承認を得ます。

④マウスピースの製作

海外の本社にマウスピースの製作を依頼します。
マウスピースが完成して到着するまでは1~1カ月半ほどの時間がかかります。

⑤マウスピースを装着

到着したオーダーメイドのマウスピースを実際に装着して治療を開始します。
着脱の方法や日々の手入れ、装着に必要な時間などの説明も行います。

⑥定期的な通院

指示されたタイミングで通院し、種類の異なるマウスピースを交換しながら装着します。
歯の列がきれいになった後も、歯並びが崩れないように定期的なチェックを行います。

平均的な費用・治療期間は?

8_8_2_30824795

マウスピース矯正は、歯の状態にもよりますが80~140万円程度の費用がかかります。
矯正に必要な期間は平均して1~2年で、きれいな歯並びを保つ「保定(ほてい)」の期間がさらに1~2年プラスされます。
ただし、これは一般的な数値になるので、ほかの治療を行ったときや、マウスピースを正しく装着していないときなどはさらに費用と期間が上乗せされます。

セラミック矯正とは?

別の矯正方法としてセラミック矯正がありますが、他の矯正方法に比べて早く矯正をしたいという人に向いている方法です。九段下スターデンタルクリニックならではの神経を抜かないセラミック矯正についてご紹介します。

出っ歯など歯並びの気になる部分を一部削り、削ったところに人工の歯をかぶせるという矯正方法です。他の矯正方法が実際に歯を動かして行うのに対し、歯を動かさずに歯並びや噛み合わせを整えることができます。

治療の流れとして歯を削り神経を抜き(抜髄:バツズイ)空洞状態になった歯には詰め物を入れます(根充:コンジュウ)。その後人工の歯を作るための歯型を取り、できあがったセラミック性の歯を削った部分に被せます。

他の矯正が数年かかるのに対し、矯正に必要な期間は1週間です。セラミックの色を自分で選ぶことができるので、綺麗な歯並びとともに希望の色の歯を手に入れることもできます。
また神経を取り除く必要がない場合、歯にも比較的やさしい矯正方法だと言えます。

【関連ページ】
歯並びを安く短期間で治すことができる矯正方法がある!
セラミック矯正のメリット・デメリット、治療期間・症例

神経を残すセラミック矯正なら九段下スターデンタルクリニック

短期間で矯正ができるのがセラミック矯正の魅力ですが、ほとんどの症例で神経を取り除く必要があるというデメリットがあります。歯の神経を取り除いた場合、根尖病巣(コンセンビョウソウ)になることがあります。
根尖病巣とは歯の根の先に膿の袋ができる症状のことで、歯茎が腫れて痛みが伴います。ひどいときには歯茎が破れて膿が出てくることもあります。
この症状が出た場合治療しても再発し最終的には抜歯という手段になることが多いので、できるだけ神経を取らないようにして治療するのが望ましいです。

九段下スターデンタルクリニックはベテランの歯科医が治療方法を用いて、歯の神経を残しセラミック矯正を行なっています。神経が残ることで根尖病巣にかかる心配をする必要がなく、その結果歯の寿命を長く伸ばすことができます。
このように出っ歯を矯正することは見た目だけでなく噛み合わせが良くなり、体調の改善にも繋がります。出っ歯の矯正法はマルチブラケットだけでなくマウスピース矯正やセラミック矯正などの方法があり、メリットとデメリットがあります。
それぞれの矯正法についてよく理解し、歯科医師としっかり相談しながら自分の状況にあった矯正方法を決め、健康的な生活を送ることができる歯並びと噛み合わせの整った歯並びを手に入れましょう。

動画でわかる!〝神経を残す〟セラミック矯正で、出っ歯を治療した症例

〝神経を残す〟セラミック矯正で、出っ歯を治療した症例を解説しています。
症例をもとに、〝神経を残す〟セラミック矯正で出っ歯を治療することのメリット・デメリット、〝神経を残す〟セラミック矯正に向いている人についても解説していますので、ぜひご覧ください。

動画一覧はこちら

セラミック矯正の症例

コラムba

この症例は出っ歯だったのと、歯が斜めに生えていましたのでこの2点をセラミック矯正で改善しました。

歯のサイズを見て頂くと歯が小さく丸めになっているのも分かりますでしょうか? 今回は男性の方でしたので、自然な歯の色にしたいということでナチュラルなトーンの歯で治療しました。

セラミック矯正の症例をもっと見る>>

九段下スターデンタルクリニック院長経歴

tanakaincho

tanakaincho

奈良教育大学附属中学校卒業
清風南海高校卒業
2000年長崎大学歯学部卒業
ア歯科パークハイム診療所勤務
2006年九段下スターデンタルクリニック開業
医療法人社団スタデン理事長就任

ご挨拶

また当医院ではスタッフの接遇にも力を入れております。

歯医者に通うのは怖いことですから、その気持ちを少しでも和らげることができるように「例え洗練されていなくとも、心のこもったおもてなしをするように」と全スタッフに言い聞かせております。

是非1度スター歯科にお越しください。

その出会いをきっかけに、生涯のかかりつけ医として選んでいただけるようにスタッフ一同全力を尽くさせていただきます。

コラムTOPへ

コラムTOPへ

インターネットで無料カウンセリング予約をする