九段下スターデンタルクリニック

歯科矯正ナビ

TEL

コロナ対策で当面は臨時休診を設けています。
診療日はこちらからご確認ください。
コロナ対策で当面は臨時休診を設けています。
診療日はこちらからご確認ください。
歯並びのお悩み

板野友美さんの歯並びの変化について解説【セラミック矯正・歯科医監修】

このエントリーをはてなブックマークに追加

AKB48の元メンバーで現在はソロアーティストとしても活躍中の板野友美さん。華やかなお顔立ちと愛くるしい笑顔で若者を中心に高い人気を博しています。

そんな板野友美さんですが、いつの間にか歯並びが変化したと話題になっているそうです。この記事では板野友美さんの歯並びのビフォーアフターについて歯科医の解説を交えながら紹介していきます。

板野友美さんのプロフィール

略歴

名前:板野友美
生年月日:1991年7月3日
出身地:神奈川県
所属:ホリプロ・キングレコード

itanotomomi_01
引用元:https://eiga.k-img.com/images/person/85610/a87954976119ed2c/320.jpg?1561633050

板野友美さんは2005年に女性アイドルグループAKB48の初期メンバーとして芸能活動を開始。2013年のAKB卒業までの約8年間、グループの中心的存在として活躍されました。AKB48卒業後はソロ活動を続け、現在までにシングル11枚、アルバム2枚をリリースされています。

私生活では2021年1月にプロ野球選手の高橋奎二さんとの結婚を発表されました。公私共に今後ますますのご活躍が期待されています。

出演作など

板野友美さんはAKB48時代から続く歌手活動はもちろん、タレント、モデル、女優、SNS発信など様々な活動をされています。

2005年に、AKB48のメンバーとしてAKB48劇場で初公演を行い、2006年にCDシングル「桜の花びらたち」でインディーズデビューを経て、「会いたかった」でメジャーデビューを飾りました。2007年にはNHK紅白歌合戦に初出場しました。

さらに2013年発売のCDシングル「さよならクロール」では、大島優子さん、渡辺麻友さん、島崎遥香さんとともに初のセンターポジションを務めました。AKB48の中心的メンバーとして歌謡番組やバラエティ番組を席巻しました。

2013年のAKB48卒業以降は女優としても精力的に活動されており、2016年には「のぞきめ」で映画初主演。2018年には「東京・中国映画週間日中映画祭」にて第3回ゴールドクレイン賞を受賞されました。

また2019年発売のソロシングル「すき。ということ」では歌手および女優としてのキャリアを活かし初のドラマ仕立てのミュージックビデオを制作したところ、若い女性を中心に大きな反響を生み、YouTubeでの再生回数が初日で70万回、発売前に150万回超えを記録。

2020年には自身のYoutubeチャンネル「友chube」を開設するなど、新しい活動にも挑戦されています。

板野友美さんの歯並びの比較

AKB48卒業後も若い世代を中心に高い人気を誇っている板野友美さんですが、いつの間にか歯並びが変わったと言われています。一体どのように変わったのか、変化前と変化後の画像を検証してみましょう。

変化前の画像

itanotomomi_before
引用元:https://shinbishika-guide.com/wp-content/uploads/2013/09/itano-tomomi-04.jpg

こちらはAKB48時代(2013年頃)に撮影された写真です。歯の色は白くて綺麗ですが、上前歯の歯の大きさや向きがかなり不均一に見えます。

変化後の画像

itanotomomi_after
引用元:https://static.smalljoys.me/2018/09/img_5b90b72645acc.png

こちらは2018年頃に撮影された写真です。バラバラだった歯並びが綺麗に整っていることが確認できますね。

歯科医による解説

板野友美さんは八重歯が特徴的な症例です。八重歯とは、歯の根元から先端まで歯列からはみ出ているものを指します。画像から判断する限り、板野友美さんの八重歯は天然の形状とは見栄えが異なっているため、付け八重歯をされていると推測されます。

また3番(犬歯)が綺麗に仕上がっています。歯の長さを整えているため自然な見栄えになっています。また歯の形状に丸みをつけているので、女性らしい印象に仕上がっています。インプラントかブリッジのいずれかを行なっている可能性が高いでしょう。

インプラントというのは、人工素材で作られた歯根を顎骨に埋め込み、それを土台にセラミックなどの義歯を取り付ける方法です。一方ブリッジというのは、 両隣の歯を削って土台を作っておき、その間に橋を架けるように義歯を埋め込む方法です。

インプラントもブリッジも審美治療の方法として大変優れた方法ですが、健康面でのリスクがあります。インプラントやブリッジの場合、健康な歯を抜歯して人工素材を埋め込んでいくため、噛む感覚が変わったり周囲の歯にダメージがかかる場合があります。

またブリッジの場合、歯茎と義歯の間に隙間ができてしまうため、一般的には数年単位でのメンテナンスが必要になります。

そういったデメリットも考慮すると、自分の歯の寿命を保つためには出来るだけ抜歯は避け、神経を残しながら歯列を整えていくことがおすすめです。

自分の歯を出来るだけ多く自然な状態で維持したい人は、ワイヤー矯正やマウスピース矯正など神経を残せる範囲での治療を検討されることをおすすめします。また後述するように、神経を残しつつセラミック矯正で歯並びを整えるという選択肢もおすすめです。

動画でわかる!当院で人気の芸能人の歯ランキング

当院で人気の芸能人の歯ランキング、ベスト3をご紹介しています。
ここでご紹介するランキングは、実際に当院に来談した患者さんが希望された芸能人の歯並びです。
詳しくは動画内で解説していますので、ぜひご覧ください。

その他の動画はこちら

セラミック矯正の症例

コラムba

この症例は出っ歯だったのと、歯が斜めに生えていましたのでこの2点をセラミック矯正で改善しました。

歯のサイズを見て頂くと歯が小さく丸めになっているのも分かりますでしょうか? 今回は男性の方でしたので、自然な歯の色にしたいということでナチュラルなトーンの歯で治療しました。

セラミック矯正の症例をもっと見る>>

九段下スターデンタルクリニック院長経歴

tanakaincho

tanakaincho

奈良教育大学附属中学校卒業
清風南海高校卒業
2000年長崎大学歯学部卒業
ア歯科パークハイム診療所勤務
2006年九段下スターデンタルクリニック開業
医療法人社団スタデン理事長就任

ご挨拶

また当医院ではスタッフの接遇にも力を入れております。

歯医者に通うのは怖いことですから、その気持ちを少しでも和らげることができるように「例え洗練されていなくとも、心のこもったおもてなしをするように」と全スタッフに言い聞かせております。

是非1度スター歯科にお越しください。

その出会いをきっかけに、生涯のかかりつけ医として選んでいただけるようにスタッフ一同全力を尽くさせていただきます。

コラムTOPへ

コラムTOPへ

インターネットで無料カウンセリング予約をする