歯科矯正ナビ

九段下スターデンタルクリニック
審美歯科 九段下駅3a出口正面 九段下スターデンタルクリニック
  • コラム TOP
  • >  八重歯は遺伝する?八重歯になる原因と放置したときのリスクと正しい治療法
歯列矯正

八重歯は遺伝する?八重歯になる原因と放置したときのリスクと正しい治療法

このエントリーをはてなブックマークに追加

sousei

八重歯は遺伝しないことをご存知でしょうか。顎の小ささや歯の大きさが遺伝し、歯が並ぶスペースが少なく八重歯になりやすい口内環境を再現することで、遺伝すると勘違いされています。

八重歯を放置することで具体的にどのようなデメリットがあるのかを説明しつつ、正しい治療方法と治療に掛かる期間、費用などを紹介していきます。

また、後ほども解説しますが、八重歯はセラミック矯正で最短1週間で治療が可能です。詳しくは下記のページをご覧ください。

▼関連ページ
セラミック矯正の治療方法と症例・料金
八重歯の治療方法
八重歯の症例写真

九段下スターデンタル 歯並び矯正治療

九段下スターデンタル 歯並び矯正治療

八重歯は遺伝しないがあごの大きさは遺伝する

八重歯自体が遺伝するというより、歯や顎の大きさが遺伝するため、結果的に八重歯が作られやすい環境になります。

特に日本人は遺伝的に顎が小さいという特徴があります。顎が小さいながらも、生える歯の本数は欧米諸国に住む人種と同じで親知らずを含んだ32本です。当然、小さな顎の中にたくさんの歯が並び切らず、前後にずれて生えてくることになります。この歯並びのずれによって生じるのが、八重歯です。

八重歯ができる理由は、歯の生える順番に起因しています。八重歯になってしまう犬歯は最後、もしくは最後の方に生えてくるので、歯列から押し出されてしまいます。このとき、歯列の内側にずれることはほとんど無く、外側にずれて生えてきます。これが、犬歯が八重歯になる原因です。

八重歯を放置するとどうなる?

8_8_1_26048801

歯並びが悪い状態で放置しておくと、虫歯や歯周病リスクが高まるだけで無く体調不良にも繋がります。さらに、海外では八重歯は吸血鬼を連想することから悪いイメージで見られてしまいます。

虫歯や歯周病のリスクが上がる

歯並びが真っ直ぐでは無いので汚れが溜まりやすく、かつ隅々まで歯磨きをするのが難しい状態なので、虫歯や歯周病になりやすいというデメリットがあります。

八重歯がある人はデンタルフロスやポイントブラシを使っててもなかなか綺麗に磨ききれません。磨ききれなければプラークが付着し、それをそのままにしておけば虫歯になったり、歯周病の原因になったりするでしょう。

噛み合わせが悪くなる

八重歯があると歯並びが悪くなり、その結果噛み合わせも悪くなります。噛み合わせが悪いと物が噛みづらくなったり、顎のバランスが崩れたり、顎が痛くなったりします。さらに、肩こりや腰痛など全身の不調に繋がることもあるでしょう。

また、口元の印象も悪くなってしまいます。たとえ口を閉じていても横顔が美しくないと感じたり、口元が前に出っ張っていると感じたりして、見た目のうえでデメリットを感じやすくなるでしょう。

口腔が乾燥し易くなり環境が悪化する

八重歯の生えている方向によっては、口が閉じづらくなってしまいます。口が閉じづらくなれば口腔内は乾燥し、口臭の原因になるでしょう。

また、鋭い八重歯は口腔内の同じ場所を傷付けやすく、そこに雑菌が入り込むことで度重なる口内炎に悩まされる人もいます。

海外で白い目で見られてしまうことも

八重歯を可愛いと思うのは、日本人独特の感性です。海外では「吸血鬼の歯」と呼ばれ、良いものとは思われていません。それどころか、転職にも結婚にも不利になってしまうでしょう。

そのこともあって、とくに海外で仕事をしたいと思っている人は八重歯を放置すべきではありません。歯の手入れをできることが、ステータスや生活レベルを表していると考えられています。日本で生活していても海外を意識した仕事をしていきたいのであれば、やはり治した方が良いでしょう。

九段下スターデンタル 歯並び矯正治療

九段下スターデンタル 歯並び矯正治療

その他八重歯になる原因

口内環境の遺伝以外にも八重歯になってしまう原因は潜んでいます。日常的な悪い癖を治すとともに、子供のころから歯を大切にすることが重要です。

乳歯を虫歯などで早く失ったため

乳歯を何らかの理由で通常より早く失うと、空いた隙間に他の歯が移動してきます。そして、本来生えるべき別の歯のスペースを奪ってしまうことがあります。その結果、犬歯が生えてくるスペースが無くなって、八重歯の形成に繋がっていきます。

多くの人が“乳歯が虫歯になったら抜いてしまえば良い”と思っていますが、それは誤りです。将来の歯並びのために乳歯の段階から歯を大切にし、乳歯を失わないように努力をすることが大切です。

日ごろの癖

日常的な癖として頬杖をついているとその圧によって歯が移動してしまい、犬歯の生えるスペースが無くなってしまうことがあります。

さらに、舌癖なども悪影響を及ぼします。舌で歯を押す癖があると、日々の圧によって正しい位置にあった歯が移動してしまいます。ぼーっとしているときやゲームに夢中になっているとき、何かを見ているときなどの舌を位置に注意してみましょう。

【関連ページ】
八重歯の原因・症例と治療方法

八重歯の治し方

八重歯の治療方法は大きく分けて歯列矯正とセラミック治療の2つがあります。治療期間が大きく違うため、ご自身の希望に合わせて選択すると良いでしょう。こちらの動画で詳しく解説しています。

ワイヤー矯正

ワイヤー矯正では、ズレが大きいなど重い症状の方にも対応できます。しかし、ワイヤーが目立つため治療中であることを隠せません。さらに、後戻りの問題があり、それを防ぐためにほとんどの場合において歯を抜く必要があります。前提として親不知を抜く必要があるため、治療の前段階から患者さんに大きな負担が掛かるでしょう。

通院期間は2年程度、費用はフルマウスの場合70~110万円程度が必要になるでしょう。

マウスピース矯正

マウスピース矯正では、透明のマウスピースを利用するためワイヤー矯正と比べて目立ちにくいのがメリットです。

一方で、捻じれていたり、縦方向に矯正したりすることは難しく、そのように大きくズレた歯の矯正には向いていません。こちらも親不知を抜くことが前提となり、そのほかの歯を抜歯をする必要は無いものの、削る必要はあります。

費用は30~110万円程度が必要になるでしょう。

セラミック矯正

yaebashorei

※当医院で実際に治療を行った患者様の症例です。

八重歯を最も早く治せる方法が、セラミックを使って治療する方法です。八重歯を抜いてその周りにセラミックを被せていきます。

歯を削ることが前提なため、八重歯だけでなく虫歯も一緒に治せるという利点があり、さらに歯の大きさや色も選択できます。また、1週間ほどで治療が完了するのが大きなメリットといえます。

保険の対象外ではありますが、セラミック治療は虫歯治療と歯周病予防を兼ねているため医療費控除の対象になります。医療費の合計が10万円以上になると、控除が受けられます。
セラミック治療では歯1本に対して 7~20万円ほどの治療費が必要になるため、1~2本の治療で医療費控除の対象になるということを覚えておくとよいでしょう。

【関連ページ】
セラミック矯正のメリット・デメリット、治療期間・症例

九段下スターデンタル 歯並び矯正治療

九段下スターデンタル 歯並び矯正治療

セラミック矯正で八重歯を治療した症例

yaeba3

歯の神経は残してあるのでかなり長持ち(もしかしたら一生)が期待できます。
患者さんと相談して、周囲の天然歯よりも不自然にならない程度に白めのオールセラミックにしたので、自然でバッチリ輝く笑顔になりました。

yaeba4

この症例は八重歯の治療と前歯を短く小さ目に作ることがポイントでした。

八重歯は今回はやむを得ず抜きました。基本的に当院の治療は可能な限り歯は抜かないようにしております。
ただし今回のように八重歯の生えている位置が歯のラインから大きくズレてしまっている場合やむを得ず抜くことがあります。

また長い歯ですとやや出っ歯のように見えてしまうため、歯を小さ目に作ります。セラミックを用いた部分矯正の場合、当院では、歯のサイズ色を丁寧に患者様の希望の歯に出来るように、提案、相談をしながら作成します。

yaeba5

治療のポイントは八重歯を綺麗にすることとガタガタの歯並びを治療することです。
今回はやや離れたところに八重歯がありましたが、歯を抜かずにセラミックで治療しました。
また前歯2本の横幅が大きく歯並びが並ばない状態にありましたので、歯並びがキレイになるように歯の横幅も細めになっているのが分かりますでしょうか?また当院の歯は笑った時にキレイに見えるように小さ目に丸みを帯びた形で作成します。

当医院では神経を残す治療を行っています

治療の流れ

神経を取り除くセラミック矯正が一般的な中、当院のセラミック矯正では神経を抜きません。神経を取ってしまうと、年を取ったときに歯が抜けやすくなるというリスクがあります。当院では、一生自分の歯でいられるように、神経を残した治療を行うことにこだわっています。

他の歯科医院で神経を取る必要があると言われた場合でも、当院では削る量を最小限にしているため神経を残せる場合があります。一度ご相談ください。

セラミック矯正について詳しく見る>>

九段下スターデンタル 歯並び矯正治療

九段下スターデンタル 歯並び矯正治療

九段下スターデンタルクリニック院長経歴

tanakaincho

tanakaincho

奈良教育大学附属中学校卒業
清風南海高校卒業
2000年長崎大学歯学部卒業
ア歯科パークハイム診療所勤務
2006年九段下スターデンタルクリニック開業
医療法人社団スタデン理事長就任

ご挨拶

また当医院ではスタッフの接遇にも力を入れております。
歯医者に通うのは怖いことですから、その気持ちを少しでも和らげることができるように「例え洗練されていなくとも、心のこもったおもてなしをするように」と全スタッフに言い聞かせております。
是非1度スター歯科にお越しください。
その出会いをきっかけに、生涯のかかりつけ医として選んでいただけるようにスタッフ一同全力を尽くさせていただきます。

コラムTOPへ

コラムTOPへ

インターネットで無料カウンセリング予約をする