歯科矯正ナビ

九段下スターデンタルクリニック
審美歯科 九段下駅3a出口正面 九段下スターデンタルクリニック
  • コラム TOP
  • >  歯が前後に並んだ二重歯列!歯並びがガタガタになる原因と大人でも治療可能な矯正方法を紹介
歯列矯正

歯が前後に並んだ二重歯列!歯並びがガタガタになる原因と大人でも治療可能な矯正方法を紹介

このエントリーをはてなブックマークに追加

二重歯列とは?

歯が前後にガタガタに重なり、口を開けると歯が二列に並んだように見える歯並びのことを「二重歯列」と言います。

本来、理想的な歯並びは、舌の周りに沿うように歯が一列に並びます。しかし、そのアーチに歯が納まりきらず、部分的に二重歯列になることがあります。

二重歯列は前歯部に生じることが多く、「二重前歯」や「叢生(そうせい)」と呼ばれることもあります。

九段下スターデンタル 歯並び矯正治療

九段下スターデンタル 歯並び矯正治療

大人の二重歯列の原因とリスク・治療方法

sousei

永久歯同士が前後二列に並んだように見える大人の二重歯列は、上下の前歯部で生じることが多いですが、まれに小臼歯部でみられることもあります。

大人の二重歯列の原因

顎が小さい

顎が小さと相対的に歯が大きくなり、歯の並ぶスペースが足りなくなるため、叢生(そうせい)や二重歯列になりやすくなります。

乳歯が早期脱落して永久歯の生えるスペースがなかった

むし歯や外傷などで乳歯が早期に脱落すると、歯の並ぶアーチが小さくなります。

アーチが小さくなることで、将来永久歯の生えるスペースを確保できなくなると、二重歯列を招きやすくなります。

指しゃぶりや爪噛みなどの悪習癖があった

指しゃぶりや爪噛みなど、日常的に歯に外力がかかるようなことがあると、噛み合わせのバランスが崩れやすく、将来の二重歯列や叢生(そうせい)のリスク因子になります。

大人の二重歯列のリスク

見た目をコンプレックスに感じる

前歯部が二重歯列の場合、大人になるにつれて見た目を気にする方は多いです。奥に入った歯の部分が影になり、歯がないように見えることもあります。また、口を開けて笑うことに抵抗があり、表情が不自然になってしまう方もおられます。

清掃性が悪い

二重歯列により歯が重なっていると、その部分に食べ物が詰まりやすく、歯磨きのときに非常に磨きにくいです。

上手く磨けないことで、むし歯や歯周病のリスクが高まります。普通の歯ブラシやフロスだけではなかなか綺麗に磨けないため、しっかり磨こうとすると、先の細い特別な歯ブラシが必要です。

顎関節症の原因になる

二重歯列の場合、歯と歯がロックされ、顎を横に動かすことができません。顎の動きが制限されることで、顎の関節部分にストレスがかかり顎関節症になりやすくなります。

口を開けると顎が痛いとか、顎がポキポキ鳴るといった顎関節症の症状が出やすいだけでなく、それに付随して肩こりや頭痛が起こることもあります。

大人の二重歯列の治療法

大人の二重歯列の場合、子供の場合と異なり顎の成長が見込めないため、抜歯が必要なこともあります。

しかしその場合も、必ずしも後ろに重なった歯を抜歯するわけではありません。十分な診査診断のもと、全体のバランスの中で抜歯する歯を選択し、残りの歯を矯正していく必要があります。

マウスピース矯正・ブラケット矯正

成人した大人でも二重歯列の治療は可能です。症例によりますが、多くはブラケット矯正・部分矯正・マウスピース矯正で対応できます。

そして、これらの歯を動かすような矯正治療が必要となれば、1~3年の治療期間と自費診療なら70~110万の治療費がかかります。

外科手術

もし、指定されている医療機関で「顎変形症」と認定され、外科手術を含んだ治療が必要となれば健康保険の適用対象です。

セラミック矯正

歯を削ってその上からセラミックでできた被せものをかぶせることで歯並びを整える方法です。比較的軽症であれば対応が可能で、治療期間は1週間と他の治療方法に比べて短く、歯の白さや大きさも選ぶことができるため審美的に優れた方法です。

無料カウンセリングを行っているので、まずはセラミック矯正で治療が可能かどうかも含めて気軽にご相談ください。それぞれの治療のメリットとデメリットをしっかりご説明いたしますので、患者さんやそのご家族にとって最適な治療法を選択できるでしょう。

sousei_2

sousei_shourei

※当医院で治療した患者様の症例です。

【関連ページ】
叢生(八重歯・叢生(そうせい)・乱杭歯の矯正治療)の矯正治療

当医院では神経を残す治療を行っています

治療の流れ

神経を取り除くセラミック矯正が一般的な中、当院のセラミック矯正では神経を抜きません。神経を取ってしまうと、年を取ったときに歯が抜けやすくなるというリスクがあります。当院では、一生自分の歯でいられるように、神経を残した治療を行うことにこだわっています。

他の歯科医院で神経を取る必要があると言われた場合でも、当院では削る量を最小限にしているため神経を残せる場合があります。一度ご相談ください。

セラミック矯正について詳しく見る>>

九段下スターデンタル 歯並び矯正治療

九段下スターデンタル 歯並び矯正治療

子供の二重歯列のリスクと治療方法

子供の歯の生え変わりにはさまざまなパターンがあり、その一つに、乳歯が抜けないまま永久歯が生えてくる「二重歯列」があります。

一般的に、乳歯から永久歯への生え変わりが始まるのは5歳半~7歳ころで、まず下顎の前歯から順に抜けていきます。顎の骨の中で永久歯が乳歯の歯根を吸収しながら成長し、最終的に歯冠を残すのみとなった乳歯は自然と抜け落ちます。そして、もともと乳歯のあった場所から永久歯が生えてくるというのが、生え変わりの仕組みです。

そして、子供の二重歯列は、下顎の前歯部で最も多く見られます。顎の骨の中で永久歯の位置がずれて成長したことで、乳歯の歯根を上手く吸収することができないまま、乳歯の内側に永久歯が生えてしまうことで起こります。

子供の二重歯列への対応

乳歯がグラグラしている場合、子供の二重歯列は経過観察されることも多いです。なぜなら、舌が少しずつ永久歯を前に押すことで、自然と乳歯が抜け落ちることが多いからです。

しかし、永久歯が見えてきているにもかかわらず、乳歯がまったく動揺していないなら、早めに歯科医院を受診した方がよいでしょう。

本来、舌や口の周りの筋肉は、赤ちゃんのときの哺乳から離乳食や幼児食の段階を踏むことで、少しずつ鍛えられていくものです。しかし、その中で十分なトレーニングができていないと、舌側から生えてきた永久歯を舌でしっかり押すことができず、乳歯が上手く抜けないこともあります。

子供の二重歯列を放置するリスク

抜けなければならない乳歯を長くそのままにしておくと、永久歯を本来の位置に誘導することができないため、将来の歯並びに悪影響を及ぼします。

また、二重歯列の清掃は難しく、むし歯や歯肉炎のリスクも高くなります。

日頃から口の中をよく観察し、乳歯がぐらつかない、動かないということがあれば、それを受診の目安にしましょう。

子供の二重歯列の治療法

レントゲンを撮り乳歯と永久歯の状態を確認したうえで、自然には抜けないだろうと判断された場合、乳歯の抜歯をすることもあります。

また抜歯後も、永久歯が適切な位置に誘導されるように、顎の骨や舌の成長を促すような体操をしたり、口腔周囲のトレーニング専用のマウスピースを使用したりすることもあります。

適切なタイミングで抜歯をして、口腔周囲の筋肉に十分な筋力があれば、内側から舌に押される力と、外側からの唇に押される力によって正常な位置に永久歯が導かれます。

九段下スターデンタル 歯並び矯正治療

九段下スターデンタル 歯並び矯正治療

九段下スターデンタルクリニック院長経歴

tanakaincho

tanakaincho

奈良教育大学附属中学校卒業
清風南海高校卒業
2000年長崎大学歯学部卒業
ア歯科パークハイム診療所勤務
2006年九段下スターデンタルクリニック開業
医療法人社団スタデン理事長就任

ご挨拶

また当医院ではスタッフの接遇にも力を入れております。
歯医者に通うのは怖いことですから、その気持ちを少しでも和らげることができるように「例え洗練されていなくとも、心のこもったおもてなしをするように」と全スタッフに言い聞かせております。
是非1度スター歯科にお越しください。
その出会いをきっかけに、生涯のかかりつけ医として選んでいただけるようにスタッフ一同全力を尽くさせていただきます。

コラムTOPへ

コラムTOPへ

インターネットで無料カウンセリング予約をする