歯科矯正ナビ

九段下スターデンタルクリニック
審美歯科 九段下駅3a出口正面 九段下スターデンタルクリニック
矯正

虫歯になりやすい人の矯正治療

このエントリーをはてなブックマークに追加

矯正治療には大きく分けて3つの方法がある

7_7_2_24739561

歯の矯正治療を受けると、さまざまなメリットがあります。
一人ひとりに合わせた適切な歯ならびに整えることができますので、見た目に関してもきれいになるのはもちろんのこと、それに伴って歯磨きもしやすくなりますので清掃状態も向上しやすいです。
したがって、歯の矯正をおこなうことで虫歯や歯周病のリスクも下がります。
このように、さまざまなメリットがある矯正ですが「いったいどのような方法で矯正をするのだろう」「歯科医院にどの程度通えば矯正治療が終わるか」など、疑問を持たれる方もいらっしゃることでしょう。
今回は、見た目の解消だけでなく、虫歯や歯周病予防にもなる歯の矯正について深掘りしていきます。
まず、歯の矯正法にはどんな種類があるのか、その代表的な矯正法を3つご紹介いたします。

ワイヤー矯正

ワイヤー矯正とは、歯にブラケットとよばれる金属のボタンのような器具を歯につけてそれをワイヤーで通し、ワイヤーの力を用いて歯ならびを整えるという矯正法です。
こちらの矯正法の治療期間は、一般的に通院が2年程度かかります。
そして保定期間といって、矯正した歯がまた元通りにならないよう、歯をしっかりと固定させるための期間があります。
通常は就寝時にマウスピースなどをつけたりして保定をおこないますが、それが2年ほどかかります。
ワイヤー矯正のメリットとしては、最も歴史のある矯正法で幅広い症例に対応していることです。
しかし、抜歯を伴うことが多く歯を動かす際に歯の周囲組織への痛みがあるのと、金属の器具を歯につけるので見た目も気になりやすいのがデメリットとしてあげられます。

マウスピース矯正

マウスピース矯正とは、マウスピースという透明で目立ちにくい材質のものを使いそれを常時装着しておくことで、徐々に歯ならびをと整えていくという矯正法です。
こちらの矯正法の治療期間は、ワイヤー矯正と同じように通院が2年程度かかることが多く、保定期間も2年程度で設定している歯科医院が一般的なケースです。
マウスピース矯正のメリットとしては、見た目に関して目立ちにくいことや取りはずしも可能ですので歯磨きもしやすいことです。
そして結婚式などのイベント時には歯科医師と相談のもと、一時的にマウスピースをはずすこともできます。
デメリットとしては、比較的軽度の症例にしか対応していないことです。
したがって、矯正したあとの仕上がりに関しては、どうしてもワイヤー矯正より劣ってしまうこともあります。

セラミック矯正

セラミック矯正とは、虫歯のときと同じような流れで矯正したい歯を削りセラミック製の歯をかぶせ、きれいな歯ならびにするという矯正法です。
こちらの矯正法の治療期間は、上記で触れた矯正法と比べると圧倒的に治療期間が短く、おおよそ1週間程度で治療が終わることもあります。
また、もともと虫歯の箇所である歯が矯正対象である歯だとすれば、虫歯治療もかねた歯の矯正も同時におこなうことができます。
そのほかのメリットとしては、痛みがあれば麻酔を使用することもできます。
麻酔を用いることで痛みが少ないですし、またかぶせ物であるので、歯の白さを自身で選ぶことができるのもメリットといえます。
デメリットにあげられるのは、セラミック矯正は一般的に歯の神経を取ることが多いので、歯がもろくなりやすく結果的に歯が弱くなり虫歯など歯のトラブルにつながりやすいです。
しかし、歯の神経をできる限り取らないような、セラミック矯正治療に対応している歯科医院もございます。
虫歯のリスクが気になる方は、歯に対してやさしい配慮のある歯科医院を検討してみるのもいいでしょう。

【関連ページ】
セラミック矯正のメリット・デメリット、治療期間・症例

九段下スターデンタル 歯並び矯正治療

九段下スターデンタル 歯並び矯正治療

虫歯になりやすい人の矯正治療

8_8_1_26048801

では、具体的に虫歯になりやすい人や虫歯リスクに関心の高い方には、どのような矯正法を選べばよいのでしょうか。
また、上記でお伝えした3つの矯正法のなかで虫歯のリスクが気になる方には、どの矯正法がベターな選択であるのか詳しくお話ししていきます。

虫歯になりやすい人はワイヤー矯正とマウスピース矯正は向いていない

上記でお伝えしたようにワイヤー矯正では歯をきれいにならべるため、抜歯をおこなうことが多く、貴重な天然歯まで失ってしまうことがあります。
そのため、将来において別の歯が虫歯になった際、また1つ貴重な歯を削ったり抜いたりする可能性があります。
しかがって、できる限り歯を抜かないような矯正のほうが長い目で見たときにベターな方法といえるでしょう。
マウスピース矯正に関しても、虫歯リスクが高い方はよくお考えになる必要があります。
その理由としては、マウスピースで歯を覆って矯正治療をしますので、虫歯への抗菌作用があるだ液の保護が少なくなってしまいます。
よって虫歯リスクが高くなり矯正治療が終わるころには、きれいな歯ならびになったとしても虫歯になるなど、また別の問題が出てくることがあります。

セラミック矯正であれば虫歯になりやすい人でも安心

一方セラミック治療に関しては、早ければ1週間前後で治療が終わりますので、ほかの長く治療期間がかかる矯正法に比べて虫歯のリスクが少ないといえます。
また、抜歯を基本的に伴わないセラミック矯正であれば、歯の本数が減ってしまうこともないです。
そして、セラミック素材のかぶせ物に関しては、基本的に虫歯にはなりません。
なぜかというと、セラミックという材質は非常に硬い素材でできているので優れた耐久性があります。
また、虫歯や歯周病の原因であるプラークという細菌のかたまりも付着しにくく、この観点から虫歯のリスクが少ない矯正法といえます。

神経を残す最新のセラミック矯正なら九段下スターデンタルクリニック

このように虫歯のリスクが高い方や、できる限り虫歯にはなりたくないと思われる方などは、セラミック矯正だと安心して矯正治療に臨みやすいです。
しかし、上記で触れたように、セラミック治療の大きなデメリットとしては歯の神経を取ることによって歯が弱くなってしまうリスクも抱えているのもまた事実です。
九段下スターデンタルクリニックでは、このデメリットを解消したい想いから「歯の神経をできる限り取らない最新のセラミック矯正」に努めております。
本来であれば、健康な歯はできる限り神経を残すのがベターです。
九段下スターデンタルクリニックでは、歯への悪い影響はできる限り取り除きながら、患者様の「きれいな歯になりたい」「時間がないのでなるべく早く治療を終わらせたい」といった審美面に関するご要望にもしっかりと配慮をおこないます。
具体的な取り組みとしては、最短1日目の矯正治療で歯を削り、仮の歯までおつけすることにも対応しています。

セラミック矯正の症例

コラムba

この症例は出っ歯だったのと、歯が斜めに生えていましたのでこの2点をセラミック矯正で改善しました。

歯のサイズを見て頂くと歯が小さく丸めになっているのも分かりますでしょうか? 今回は男性の方でしたので、自然な歯の色にしたいということでナチュラルなトーンの歯で治療しました。

セラミック矯正の症例をもっと見る>>

当医院では神経を残す治療を行っています

治療の流れ

神経を取り除くセラミック矯正が一般的な中、当院のセラミック矯正では神経を抜きません。神経を取ってしまうと、年を取ったときに歯が抜けやすくなるというリスクがあります。当院では、一生自分の歯でいられるように、神経を残した治療を行うことにこだわっています。

他の歯科医院で神経を取る必要があると言われた場合でも、当院では削る量を最小限にしているため神経を残せる場合があります。一度ご相談ください。

セラミック矯正について詳しく見る>>

九段下スターデンタル 歯並び矯正治療

九段下スターデンタル 歯並び矯正治療

九段下スターデンタルクリニック院長経歴

tanakaincho

tanakaincho

奈良教育大学附属中学校卒業
清風南海高校卒業
2000年長崎大学歯学部卒業
ア歯科パークハイム診療所勤務
2006年九段下スターデンタルクリニック開業
医療法人社団スタデン理事長就任

ご挨拶

また当医院ではスタッフの接遇にも力を入れております。
歯医者に通うのは怖いことですから、その気持ちを少しでも和らげることができるように「例え洗練されていなくとも、心のこもったおもてなしをするように」と全スタッフに言い聞かせております。
是非1度スター歯科にお越しください。
その出会いをきっかけに、生涯のかかりつけ医として選んでいただけるようにスタッフ一同全力を尽くさせていただきます。

コラムTOPへ

コラムTOPへ

インターネットで無料カウンセリング予約をする