九段下スターデンタルクリニック

歯科矯正ナビ

TEL

コロナ対策で当面は臨時休診を設けています。
診療日はこちらからご確認ください。
コロナ対策で当面は臨時休診を設けています。
診療日はこちらからご確認ください。
  • コラム TOP
  • >  歯列矯正
  • >  歯並びは自分で治せる?セルフで行える歯並びを治す方法やリスクとは
歯列矯正

歯並びは自分で治せる?セルフで行える歯並びを治す方法やリスクとは

このエントリーをはてなブックマークに追加

歯並びを自力で治せる方法がある?まず癖を直してみよう!

2_2_2_38109864

多額の費用が掛かる矯正治療をわざわざ受けなくても、自分自身で歯並びを治せる方法はあるのでしょうか。
もし自力で歯並びが良くなるとすれば、歯科医院に通わなくて済みますので時間的縛りも無くメリットが大きいです。
悪習癖など生活の見直しや口の体操を行うことで、歯並びが改善することもあります。

頬づえを付くのをやめる

普段から頬づえを付く習慣がある方は顎がずれてしまう恐れがあり、特に同じ方向に頬づえを付いていると、片方だけに負担がかかります。
心当たりのある方は、まずは頬づえをつかない生活をしてみましょう。

普段の舌の位置はどこ?

口を閉じた際、舌は上の前歯の裏側の歯と歯茎の境目当りにあるのが通常の舌のポジションです。
しかし、舌が上下の前歯を押すような動作を行うと、その前歯が押されてしまい歯列不正の原因となるので、普段から舌を正常な位置におく意識を持ちましょう。

下唇を前歯で噛む癖

下唇を噛んでしまう方がいらっしゃいますが、それは悪習癖であり下前歯が引っ込んでしまい、出っ歯になる可能性が高いです。

歯を食いしばっていないか?

通常であれば口を閉じた際に歯は噛み合わず、2~3mmの隙間が開いている状態が理想です。
普段から気付いたら上下の歯を噛みしめている方は注意が必要で、歯に負担となり歯並びが崩れてしまう恐れがあります。
食いしばっているなと感じた際には、歯を噛み合わせないように意識しましょう。

口呼吸をしていないか?

常に口が開いている状態を「口呼吸」といい、本来であれば鼻で呼吸をするので、口は閉じている状態です。
出っ歯の方が口を閉じられず、常に口が半開き状態であることが原因で口呼吸を招きやすく、歯の周辺の筋肉も緩んだ状態となるので、さらに前歯が突出しやすく注意が必要です。

歯科医院に行かずに歯並びを治す方法

2 (2)

自分で歯や顎を押さえる

毎日、自分で歯を動かしたい位置に手で押さえていく方法がありますが、もちろん数分程度では動かず毎日数回行うと少しずつですが歯が動くことがあります。

唇の筋肉を鍛えてみる

加齢などにより唇の筋肉が衰えていると口を閉じることが難しくなりますが、唇の筋肉を口の体操で鍛えましょう。
例として口を大きく開けたり、すぼめてみたり「イー」と噛みしめることで、口元や表情筋の筋力アップに繋がります。
毎日行うことで徐々に口を閉じることができるようになるため、軽い出っ歯の防止になります。

市販のマウスピースで矯正

インターネット通販で、マウスピース矯正ができるものが販売している業者がありますが、オーダーメイドではなく規定が定まったものです。
夜間のマウスピース(食いしばり防止)としてはまだ良いですが、大きく歯並びを動かせるものではありません。

3Dスキャンによるセルフ矯正

前歯のみの軽度の歯並びにのみ対応している矯正法ですが、3Dスキャンのセルフ矯正(矯正装置配送サービス)といったものがあります。
自宅に専用キットを配送してもらい、自身で歯型を取って業者に送り返せば、専用のマウスピースが自宅に届くというものです。
価格は20万円ほどで通常の歯科矯正と比べると5分の1程度の費用で済みますが、歯科医院で行う矯正は、歯の移動段階ごとに合わせたオーダーメイドのマウスピースを定期的に交換します。
来院ごとに細やかな調整と取り換えを行い歯の位置を変えていくので、当然ながら歯科医院に勝ることはありません。

自力で歯科矯正をする危険性

歯並びを治すつもりが余計に悪くなることも?

歯科医院の矯正では、治療計画を立てて歯を動かす時期を細かく決めながら行っていきますが、自己判断で歯に力を与えると動かしたい方向に上手く歯が動かない場合があります。
結果として歯並びがさらに悪くなってしまう恐れがあり、セルフ矯正は大きなリスクを抱えています。

歯が抜けてしまう可能性も

セルフ矯正で歯に与える力加減が強すぎると歯が無理やり動かされてしまうので、歯の根っこが吸収されてしまう場合があります。
根っこが短くなると歯を支えるのが困難になるため、歯が抜けてしまうことがあります。
骨量が少ない重度歯周病の方は、さらに歯が動揺しやすく最悪の場合、歯が抜けてしまう恐れもあります。

噛み合わせは治せない

自身で歯を動かせたとしても噛み合わせが上手に合わないこともあり、噛めないことや変な位置で噛むことにより顎がずれてしまうこともあります。
また、上手く噛めないことでストレスが増えてしまう場合もあります。

九段下スターデンタル 歯並び矯正治療

九段下スターデンタル 歯並び矯正治療

歯並びは歯科医院で行う方が良い

1_2_2_30824805

治療計画が立てられることにより、安全安心!

歯科医院で矯正治療を行う際は精密な検査をする必要があり、自身の状況や治療計画が立案されます。
安全で確実な矯正治療が受けたいのであれば、やはり専門家の矯正治療を受けるのがベストです。

定期的に通院することで状況を把握

歯科医院で矯正治療を受けると定期的に通院する必要があるので、些細な口のトラブルや虫歯の早期発見もしやすく、不安や心配ごともすぐにプロに相談できます。

専門家ならではの提案もある

歯科矯正といっても、さまざまな矯正法がありプロに相談すれば、患者さんの要望を聞いた上で自身に合った矯正法を提案してくれます。
思った以上に早い通院期間で歯並びを治すことができる場合もあるので、歯並びが気になれば、まずは歯科医院で相談することがベターです。

歯が抜けてしまう心配はないし、噛み合わせもずれない!

歯科医院で行う矯正は、もちろんプロの正確な診断の基に適切な力を加えて歯を動かしていきますので、歯が抜けてしまう心配や根っこが短くなるといったリスクもありません。
噛み合わせを考えて定期的に調整するので、噛み合わせがずれる心配もありません。

歯科医院で行う歯科矯正で不安な方へ

歯科矯正ならではの見た目が気になる…

最もポピュラーな矯正法のワイヤー矯正は、ほとんどの歯並びに対して対応が可能ですが金属の見た目が気になる方も多いです。
しかし、ワイヤー矯正の他にも歯並びを治す方法はあり、見た目が気になるのであれば初診時に、ワイヤー矯正以外の方法で治療が可能かどうか相談すると良いでしょう。
自分にとって何がベストな方法か、歯科医師と相談の上で最後に決断するのは患者さん自身ですので、無理に矯正を勧められることもありません。

時間、期間がかかってしまいそう…

歯科矯正と聞くと期間が長く、負担が大きいイメージを持ちますが、1日で治療が完了する矯正法や短期間で済む矯正法もあるのです。
通院回数を多くしたくない患者さんにも、取り組みやすい矯正治療は存在します。

費用が高いのでは…

一般的に矯正治療は約100万円前後の費用が掛かってしまうことが多いのですが、費用を抑えたい場合、歯並びによっては適応できる矯正治療があります。
さらに保険適用となるケースや、気になる部分だけ矯正したいといった要望にも対応できる矯正法もあるので、歯科医師には自分の希望をしっかりと伝えましょう。

最短1日で希望の歯並びに!

九段下スターデンタルクリニックでは歯の神経を残せるよう配慮を行いながら、歯を削る量は最小限で済むような優しい矯正を目指した「セラミック矯正法」という治療法があります。
セラミック矯正法は、一般的なワイヤー矯正ではないため見た目を気にすることもなく、歯の大きさも変えられます。
また一般的な矯正では、歯を動かす際の痛みが出てしまいますが、セラミック矯正では歯を削ってかぶせ物を装着するだけなので基本的に痛みはありません。
セラミック矯正法は、治したい歯並びの部分のみ治したいといった要望にもお応えしやすく、予算に合わせてかぶせ物の本数を決めることができます。
自分が思っているほど大変な治療ではない場合もあり、さまざまな矯正法があるので、まずは歯科医院に受診してもらって専門家の判断を受けることをオススメします。
自力でやるよりは、安全かつ安心そして的確な治療を受けた方が歯にとって良いのは言うまでもありません。
九段下スターデンタルクリニックでは、カウンセリングも無料ですので悩まれる前に気軽に相談すると良いでしょう。

動画でわかる!自力で歯が動く「自力矯正」について

自力で歯が動く「自力矯正」についてお話ししています。
ここでは、自力で矯正できる人と自力で矯正できない人の特徴を、写真を使ってわかりやすく説明しています。自力矯正が可能な歯並びの方でも、自力矯正には大きなリスクが伴うため、おすすめはしません。
詳しくは動画内で解説していますので、ぜひご覧ください。

動画一覧はこちら

セラミック矯正の症例

コラムba

この症例は出っ歯だったのと、歯が斜めに生えていましたのでこの2点をセラミック矯正で改善しました。

歯のサイズを見て頂くと歯が小さく丸めになっているのも分かりますでしょうか? 今回は男性の方でしたので、自然な歯の色にしたいということでナチュラルなトーンの歯で治療しました。

セラミック矯正の症例をもっと見る>>

九段下スターデンタルクリニック院長経歴

tanakaincho

tanakaincho

奈良教育大学附属中学校卒業
清風南海高校卒業
2000年長崎大学歯学部卒業
ア歯科パークハイム診療所勤務
2006年九段下スターデンタルクリニック開業
医療法人社団スタデン理事長就任

ご挨拶

また当医院ではスタッフの接遇にも力を入れております。

歯医者に通うのは怖いことですから、その気持ちを少しでも和らげることができるように「例え洗練されていなくとも、心のこもったおもてなしをするように」と全スタッフに言い聞かせております。

是非1度スター歯科にお越しください。

その出会いをきっかけに、生涯のかかりつけ医として選んでいただけるようにスタッフ一同全力を尽くさせていただきます。

コラムTOPへ

コラムTOPへ

インターネットで無料カウンセリング予約をする