歯科矯正ナビ

九段下スターデンタルクリニック
審美歯科 九段下駅3a出口正面 九段下スターデンタルクリニック
  • コラム TOP
  • >  歯列矯正とホワイトニングは同時にできない?
歯並びのお悩み

歯列矯正とホワイトニングは同時にできない?

このエントリーをはてなブックマークに追加

歯列矯正とホワイトニングはどっちが先?

doctor-1149149_640

歯列矯正は、歯並びを整えて口元の印象を良くしてくれる治療法であり、ホワイトニングを行えば、白い歯に変わることができます。
素敵な笑顔を演出するためには、歯列矯正とホワイトニングの両方を行うと効果的ですが、どのような順番で行えばいいのかを理解しておくことが大切です。

矯正治療というのは、時間をかけて少しずつ歯並びを整えていく治療方法ですから、歯列矯正をしている間は矯正装置を付けなくてはいけません。

ホワイトニングは定期的に行う必要がありますが、歯列矯正中は装置を外すことができないため、歯の白さを維持するためのホームホワイトニングができず、色が後戻りしてしまう可能性があります。
金銭面から見ても、矯正治療を先に終わらせてからホワイトニングを行うのが最も効率の良い順番です。

歯列矯正とホワイトニングは同時にできない?

beauty woman smile happily

できるだけ短期間で歯並びが整った白い歯を手に入れるために、歯列矯正とホワイトニングを同時に行いたい、という人も少なくありませんが、矯正の治療法によっては同時にできませんし、注意しなければいけない点があります。

ワイヤー矯正中はできない

ワイヤーの力で歯を少しずつ動かして歯並びを整えるワイヤー矯正は、マウスピースを装着するホームホワイトニングが行えません。
それに、矯正装置をつけていると歯ブラシの先が届きにくいため虫歯になりやすく、ホワイトニング剤の刺激が原因で歯の状態を悪化させてしまう可能性があり、歯の健康面から見てもホワイトニングと同時にはできません。
ワイヤー治療の場合は、まずは歯並びをキレイに整えて矯正治療を終えてから、オフィスホワイトニングで歯を白くして、その後、定期的にホームホワイトニングを行って白さを維持させるのが一般的です。

マウスピース矯正中は可能

マウスピース矯正は、自由に脱着できるマウスピースを装着して、歯を移動させて揃えていく治療法ですから、いつでもオフィスホワイトニングが行えます。
それに、マウスピースの中に専用のホワイトニング剤を入れておけばホームホワイトニングができるので、自宅で定期的に行うことで白さが維持できます。
マウスピース矯正とホワイトニングを同時に行う場合は、ホワイトニング剤を上手く行き渡らせるためにも、ある程度歯並びが整ってきてから始めることをおすすめします。
ただ、マウスピース矯正は、歯を押して移動しやすくするために、歯の表面にレジンをつけることが多い治療法なので同時にできない場合もあります。

九段下スターデンタル 歯並び矯正治療

九段下スターデンタル 歯並び矯正治療

確実に白い歯を手に入れるためには

ホワイトニングは保険が適用されないので、費用の面から考えても確実に白い歯を手に入れるのが理想的ですが、どのような方法であれば期待通りの白い歯に変われるのでしょうか。

ホワイトニングの効果は個人差がある

歯が着色してしまうのは、歯の表面に色素が濃い食べ物や飲み物、タバコのヤニなどの着色成分がついた汚れ、加齢とともにエナメル質が磨耗して象牙質が透けて黄色く見えることが主な原因です。
着色成分というのは、最初は歯の表面に付着している状態でも、時間が経過すると次第にエナメル質に染み込んでいくので、歯磨きをするだけではなかなか落ちません。
生活習慣や加齢以外にも、子供の頃に抗生物質を使用した歯科治療を受けた影響や神経を抜いた歯も、象牙質が茶色く変色してしまう場合があります。
ホワイトニング剤には、着色汚れを分解する効果や本来の歯の色自体を白くする効果がありますが、ホ

ワイトニングを行うことで、誰もが十分に歯が白くなるという訳ではありません。
フッ素には、ホワイトニング剤の歯への浸透を阻害してしまう作用があるため、虫歯を予防するためにフッ素コーティングをしている人は、期待通りの白さにならない場合があります。
ホワイトニングをした後であれば、フッ素コーティングを利用しても問題ありません。
着色成分が歯の表面にひどくこびりついていたり歯垢が付着している場合も、ホワイトニング剤が歯に浸透しにくくなり、色むらが出ることがあります。

抗生物質による変色は、歯の先端部分はある程度目立たなくできる可能性はありますが、エナメル質が薄い歯の根元の部分はホワイトニング剤が効きにくいため、変色を完全に改善することはできません。
それに、ホワイトニング剤は天然の歯を白くする薬剤なので、プラスチックなどの詰め物や差し歯、神経が死んでいる歯がある状態で行うと、天然の歯だけが白く目立ってしまいます。

タバコを吸う人や、普段から着色料や色素が濃い飲料や食事を多く摂る習慣がある人も効果が出にくく、一旦歯が白くなったとしても色戻りしやすくなります。
ワイヤー矯正やマウスピース矯正の場合は、歯列矯正を終わらせてからホワイトニングを行いますが、歯の色というのは歯の質や状態、生活環境も関係してくるため、必ず白くなるとは限りません。

セラミック矯正なら確実に白い歯にできる

自分の希望に合った歯の白さにするためには、セラミック矯正をする必要があります。

ホワイトニングは個人差があり、誰もが白い歯になれる訳ではありませんが、歯を削ってセラミックを被せて歯並びを整えていくセラミック矯正であれば自分の好みの色やサイズを選べるので、歯列矯正と同時に確実に白い歯が手に入る理想的な治療法です。

ワイヤー矯正やマウスピース矯正の場合は、歯列矯正が完了するまでに最低でも数ヶ月が必要ですし、歯の状態によっては3年以上かかることもありますが、セラミック矯正であれば、治療1日目で仮歯を被せることもできて、最短1週間という短期間で治療が完了します。
矯正装置やマウスピースをつける必要がないので人目を気にしたりわずらわしさがないし、痛みなどの不具合に長期間悩まされる必要もありません。

他の矯正方法の場合は、歯が元の位置に戻ろうとする後戻りが起きるため、矯正が終わってからもマウスピースなどをつける必要がありますが、歯を動かす必要がないセラミック矯正は後戻りの心配がありません。
それに、自然の歯は年齢とともに徐々に黄色味が強くなりますが、セラミックは変色しないので白くなった歯を維持できます。
神経のない歯や詰め物、差し歯など、ホワイトニングでは色が改善できないような歯も、セラミック矯正なら白くすることができるのです。

ただ、本来の歯を削る必要があるので、通常のセラミック矯正では、削る部分が大きい場合は歯の神経を取り除く治療を行います。
神経を取ってしまうと栄養が行き渡らないので、歯自体が死んでいるのと同じ状態ですから、歯の弾力がなくなって割れやすく徐々に黒ずんで抜けやすくなるなど歯の寿命を縮めてしまう原因となります。
痛みを感じなくなるので、虫歯になっても気づきにくく悪化してしまう可能性もありますし、神経を取り除く治療が不十分だと、治療後に膿が溜まる歯茎の化膿や、変色してしまうという症状が現れる場合があります。

【関連ページ】
セラミック矯正のメリット・デメリット、治療期間・症例

神経を残す最新のセラミック矯正なら九段下スターデンタルクリニック

自分の歯を一生残すためには、神経を抜かないことがとても重要ですから、当院では、健康な状態の歯を残すことをモットーに、歯の神経を抜かないセラミック矯正を行っています。
最新の技術を使って注意を払い、歯を削る部分を見極めて削る量を最小限に抑えれば神経を抜く必要はありません。
セラミック矯正は、短期間で矯正が完了するだけでなく、同時に確実に白い歯を手に入れることができるおすすめの治療法です。
セラミック矯正についての知識と経験豊富な10年以上のベテラン医師が揃っている当院では、無痛で神経を抜かない患者様のことを一番に考えた治療を行います。

セラミック矯正の症例

コラムba

この症例は出っ歯だったのと、歯が斜めに生えていましたのでこの2点をセラミック矯正で改善しました。

歯のサイズを見て頂くと歯が小さく丸めになっているのも分かりますでしょうか? 今回は男性の方でしたので、自然な歯の色にしたいということでナチュラルなトーンの歯で治療しました。

セラミック矯正の症例をもっと見る>>

当医院では神経を残す治療を行っています

治療の流れ

神経を取り除くセラミック矯正が一般的な中、当院のセラミック矯正では神経を抜きません。神経を取ってしまうと、年を取ったときに歯が抜けやすくなるというリスクがあります。当院では、一生自分の歯でいられるように、神経を残した治療を行うことにこだわっています。

他の歯科医院で神経を取る必要があると言われた場合でも、当院では削る量を最小限にしているため神経を残せる場合があります。一度ご相談ください。

セラミック矯正について詳しく見る>>

九段下スターデンタル 歯並び矯正治療

九段下スターデンタル 歯並び矯正治療

九段下スターデンタルクリニック院長経歴

tanakaincho

tanakaincho

奈良教育大学附属中学校卒業
清風南海高校卒業
2000年長崎大学歯学部卒業
ア歯科パークハイム診療所勤務
2006年九段下スターデンタルクリニック開業
医療法人社団スタデン理事長就任

ご挨拶

また当医院ではスタッフの接遇にも力を入れております。
歯医者に通うのは怖いことですから、その気持ちを少しでも和らげることができるように「例え洗練されていなくとも、心のこもったおもてなしをするように」と全スタッフに言い聞かせております。
是非1度スター歯科にお越しください。
その出会いをきっかけに、生涯のかかりつけ医として選んでいただけるようにスタッフ一同全力を尽くさせていただきます。

コラムTOPへ

コラムTOPへ

インターネットで無料カウンセリング予約をする