歯科矯正ナビ

九段下スターデンタルクリニック
審美歯科 九段下駅3a出口正面 九段下スターデンタルクリニック
  • コラム TOP
  • >  受け口が気になる!手術なしでリスクが少ない矯正方法とは
歯並びのお悩み

受け口が気になる!手術なしでリスクが少ない矯正方法とは

このエントリーをはてなブックマークに追加

dentist treats teeth, doctor and reanimation medicine

口元は顔全体の印象にも大きくかかわる部分です。

受け口は滑舌やかみ合わせに問題が生じるなどの悩みを抱えているケースも多い傾向にあります。なかには悩みを改善するために外科手術や、歯列矯正を検討している人もいるかもしれません。今回は受け口の原因や、治療方法についてご紹介します。まずは受け口の根本的な原因について見ていきましょう。

受け口の原因

・骨格性反対咬合
上アゴが小さい、下アゴが大きいといった上下のアゴの発達のアンバランスなど、歯や筋肉が発達する途中で起こる不調和です。
骨格は遺伝しやすい為、親から受け継がれていることもあります。
この場合は、軽症であれば矯正治療だけで治すことができます。
しかし、下アゴの骨が全体的に突き出しているなど重症な場合は、矯正治療だけでは治すことができない為、外科手術と併用して治療をします。

・歯性反対咬合
骨格自体には問題がなく、上の前歯が下の前歯後ろに位置している、乳歯や永久歯の生え方、唇や指、爪を噛んだり吸ったりといった癖など、後天的な要因で起こります。
この場合は、上アゴの前歯を広げて前に出すなどの矯正治療だけで治すことができます。

【関連ページ】
受け口の原因・症例と治療方法

九段下スターデンタル 歯並び矯正治療

九段下スターデンタル 歯並び矯正治療

受け口を「治すメリット」と「放置するデメリット」

受け口をそのまま放置してしまうと、どのようなデメリットがあるのでしょうか。何より受け口は審美的に見た目が悪いということが一番のデメリットです。受け口は表情を「強く」見せてしまう傾向があり、特に女性にとっては大きな悩みになることもあります。それ以外で代表的な例として挙げられるのが「発音」です。滑舌が悪くなる、特定の音が発音しにくいといった症状が出る場合があります。
3 (2)

手術しなくても受け口は改善できる?気になる矯正方法とは

歯性による受け口の場合と骨格性でも軽症の場合は歯列矯正のみで治療が可能ですが、原因が骨格性で重症の場合は外科手術を併用する必要があります。歯列矯正のみの治療方法と、外科手術を併用した治療方法それぞれにについて解説します。

歯列矯正のみの場合、治療方法は「ワイヤー矯正」「マウスピース矯正」「セラミック矯正」の3つがあります。ワイヤー矯正とマウスピース矯正は、治療に時間がかかり、場合によっては患者さんが途中で挫折してしまうケースもあります。

セラミック矯正は作ったセラミック歯を削った歯の上にかぶせるという技術で、他の矯正方法と大きく異なる点に治療期間の短さが挙げられます。ワイヤー矯正、マウスピース矯正は通院に2年、保定に2年の合計4年かかりますが、セラミック矯正は1週間で治療できるというメリットがあります。

骨格が原因で、歯列矯正だけでは治療が難しい場合に外科手術が行われます。外科手術はあごを切断し骨を移動させるため、身体的な大きな負担やリスクが伴います。また、外科手術だけではかみ合わせの調整までを行うことは難しいため、通常はワイヤー矯正を併用します。外科手術による約2週間の入院に加えて歯列矯正にも通院に2年、保定期間に2年を要します。

外科手術を行う前に、まずはリスクの少ない歯列矯正で受け口の治療ができないか確認してみることも大切でしょう。
3 (3)

受け口矯正は信頼できる歯科選びが大切!

審美的な理由から受け口が気になるという方はもちろん、滑舌やかみ合わせを改善したいという方は、矯正治療を取り入れるのも良い選択のひとつでしょう。受け口の矯正治療にあたっては、信頼できる歯科医院を見つけることも重要です。

九段下スターデンタルクリニックでは、最新の神経を残すセラミック治療を行っています。神経を残すため歯に優しい治療方法といえます。また、1週間できれいな歯並びが手に入るので、できるだけ早く美しい歯並びを実感したいという方におすすめです。

受け口を治すには手術しかない、と諦めている方も歯列矯正による治療はできないか相談してみてはいかがでしょうか。

セラミック矯正の症例

コラムba

この症例は出っ歯だったのと、歯が斜めに生えていましたのでこの2点をセラミック矯正で改善しました。

歯のサイズを見て頂くと歯が小さく丸めになっているのも分かりますでしょうか? 今回は男性の方でしたので、自然な歯の色にしたいということでナチュラルなトーンの歯で治療しました。

セラミック矯正の症例をもっと見る>>

当医院では神経を残す治療を行っています

治療の流れ

神経を取り除くセラミック矯正が一般的な中、当院のセラミック矯正では神経を抜きません。神経を取ってしまうと、年を取ったときに歯が抜けやすくなるというリスクがあります。当院では、一生自分の歯でいられるように、神経を残した治療を行うことにこだわっています。

他の歯科医院で神経を取る必要があると言われた場合でも、当院では削る量を最小限にしているため神経を残せる場合があります。一度ご相談ください。

セラミック矯正について詳しく見る>>

患者様によくある悩みに関連する記事

神経を残すから無痛の1日矯正
神経を残した矯正の症例集
歯並びの良くない男性は要注意!女性はこう思っている!女性100人に聞いてみました。
気にしない?不潔?歯並びの悪い女性の性格ってどう思う?100人に聞いてみました。
歯並びが気になる人必読!口元が写真に写るのは嫌?それとも?100人に聞いてみました。
歯の矯正のローン/分割で支払いの対象と金利について。
中学生~高校生の歯の矯正にかかる期間と費用について。
ワイヤー矯正の仕組みとは。また矯正にかかる費用と期間について。

この記事に関連するキーワード

コラムTOPへ

コラムTOPへ

インターネットで無料カウンセリング予約をする