歯科矯正ナビ

九段下スターデンタルクリニック
審美歯科 九段下駅3a出口正面 九段下スターデンタルクリニック
  • コラム TOP
  • >  歯列矯正ではなぜ抜歯するの?歯を抜かないで矯正する方法とは。
歯並びのお悩み

歯列矯正ではなぜ抜歯するの?歯を抜かないで矯正する方法とは。

このエントリーをはてなブックマークに追加

c17-1

歯列矯正をお考えの方で、歯列矯正になかなか踏ん切りがつかない理由があるとすれば、施術への不安ではないでしょうか。確かにこれまでの歯列矯正では、抜歯を行ったり、痛みを生じたりなどの不安要素が存在してきました。しかし、それらの不安を取り除いた他の方法も開発されています。ここでは、これまでの矯正方法と新しい矯正方法を比較して紹介していきます。

出っ歯の矯正で抜歯する理由

女性は特に、出っ歯などの歯並びが容姿のコンプレックスになってしまうことが多々としてありますよね。中には、歯並び歯の矯正を本気で考えている人もいることでしょう。しかし、歯列矯正するには、抜歯しなければいけないと知っていましたか?その理由は歯並びの構造と矯正の仕組みにあります。歯並びが悪い状態とは歯が何らかの理由で傾き、前後に突き出した状態です。これを元に戻そうとすると、矯正器具の力を使い、歯を引っ込めて歯並びの中に戻してあげる必要があります。しかし、歯並びに隙間がないと、歯を戻すことはできないので、歯並びの状態によっては隙間をつくるために奥歯を抜歯する必要が出てきます。そのうえで、矯正器具を取り付けるのが普通の前歯の矯正の方法です。

【関連ページ】
出っ歯の原因・症例と治療方法

九段下スターデンタル 歯並び矯正治療

九段下スターデンタル 歯並び矯正治療

普通の矯正のデメリットとは

こうした普通の矯正の方法を聞くと、不安を覚える方もいらっしゃるでしょう。いくら治療のためとはいえ、奥歯を抜歯するというプロセスには抵抗を感じるのではないでしょうか。ほとんどの場合、歯列を整えるために2本もしくは4本抜歯することが多く、矯正後の後戻りを防ぐために親知らずを抜歯するため、合計6本から8本抜歯をすることが必要になってきます。この他にも、普通の矯正には乗り越えなければいけないポイントがいくつか存在します。まずは、月に1回の通院時にワイヤー調整するときに発生する痛みです。抜歯には麻酔を適用できても、このときの痛みを抑えきれない場合があります。また、治療にかかる時間の長さもデメリットの一つです。器具を取り付けてから、矯正が完了するまでの目安は通院2年、保定期間2年の合計4年程度といわれています。その間、器具を取り付けて生活しなければいけませんし、定期的な通院をする必要もあります。また、治療後の後戻りも大きなデメリットになります。普通の矯正は歯並びと引き換えに、ダメージと時間をかなり消費する方法です。

ワイヤーを取り付けるためのブラケット装置がかなり目立つため、見た目が非常に悪いです。見た目がかなり目立つことで周囲の人に矯正治療をしていることを知られてしまいます。他にもワイヤー矯正は固定式で取り外しができないので、食事の際には物が詰まりやすく歯磨きもしづらく難しいです。細い歯ブラシを使うなどの工夫をしないと虫歯ができる可能性も否定できません。

c17-2

歯を抜かないで矯正治療が可能な場合

歯列不整が軽症の場合は下記の方法によって歯を抜かないで矯正治療が可能ですが、抜歯を行う矯正に比べて前歯が出た感じになってしまいますのでEラインまでは整わないことが多いです。

・歯を削る
ディスキング(歯と歯の隙間を削って歯を細くすること)を行って歯の隙間を作ったうえでワイヤー矯正やマウスピース矯正を行う
それぞれの歯が細くなることで歯と歯の隙間がザラザラになる
歯が細長くて見た目が不自然になることもある

・歯列全体の幅を広げる
歯列のアーチ幅を少し広げることで歯並びを整える
適応症が限られる

すきっ歯など隙間がある歯並びの場合は、歯を抜かないで矯正治療が可能です。

最新のセラミック矯正

ただし、現代では別の矯正の方法も開発され、定着してきています。例えば、九段下スターデンタルでは最新のセラミック矯正を導入し、神経を残すことで歯に優しい出っ歯の矯正を行っています。セラミック矯正とは、これまでの矯正とは違い、抜歯を行なわなくても歯並びを矯正できる施術です。気になるそのプロセスですが、まず、対象の歯を削り取ります。そして、その上からセラミックを被せます。これだけのプロセスで歯並びが治りますし、他の歯列に戻す方法を取らないので、抜歯をする必要もなくなります(まれに抜歯が必要になるケースもあります)。歯の本数を減らさずに矯正を行ないたい方には、絶対におすすめしたい矯正方法なのです。

c1-1

他にもある、セラミック矯正のメリット

セラミック矯正にはその他にも多くのメリットがあります。まずは、矯正にかかる期間の短さです。普通の矯正の目安が通院2年、保定期間2年の合計4年であるのに対し、セラミック矯正だと施術を行なったその日に見た目はもう治っています。そして、全ての治療が完了するには最短でわずか1週間しかかからないのです。器具をつけて生活する不便さを避けて通れるのも大きなメリットといえるでしょう。歯を削るという施術も、麻酔を使用するために痛みを怖れる必要はなくなります。また、セラミックを被せると、歯の色が変になったり、サイズに違和感があったりするのではないかという不安もあるかもしれませんが、セラミックの色やサイズは細かく調整できるので、見た目がおかしくなることはありません。歯列矯正をお考えの方は、ぜひとも九段下スターデンタルにお問い合わせください。

セラミック矯正は装置をつけずに行う矯正方法のため、口の中に違和感はありません。
また、普通の矯正では歯の移動で強い痛みを生じますが、セラミック矯正の場合は歯を移動させる必要がないので、強い痛みを感じることがないのです。そして、セラミックの形や色を調整できることから自分の好みの歯にすることができます。例えば、もっと白い歯にすることや小さい歯にすることもできるため、要望があれば歯科医に相談してみましょう。

【関連ページ】
セラミック矯正のメリット・デメリット、治療期間・症例

セラミック矯正の症例

コラムba

この症例は出っ歯だったのと、歯が斜めに生えていましたのでこの2点をセラミック矯正で改善しました。

歯のサイズを見て頂くと歯が小さく丸めになっているのも分かりますでしょうか? 今回は男性の方でしたので、自然な歯の色にしたいということでナチュラルなトーンの歯で治療しました。

セラミック矯正の症例をもっと見る>>

当医院では神経を残す治療を行っています

治療の流れ

神経を取り除くセラミック矯正が一般的な中、当院のセラミック矯正では神経を抜きません。神経を取ってしまうと、年を取ったときに歯が抜けやすくなるというリスクがあります。当院では、一生自分の歯でいられるように、神経を残した治療を行うことにこだわっています。

他の歯科医院で神経を取る必要があると言われた場合でも、当院では削る量を最小限にしているため神経を残せる場合があります。一度ご相談ください。

セラミック矯正について詳しく見る>>

患者様によくある悩みに関連する記事

神経を残すから無痛の1日矯正
神経を残した矯正の症例集
歯並びの良くない男性は要注意!女性はこう思っている!女性100人に聞いてみました。
気にしない?不潔?歯並びの悪い女性の性格ってどう思う?100人に聞いてみました。
歯並びが気になる人必読!口元が写真に写るのは嫌?それとも?100人に聞いてみました。
歯の矯正のローン/分割で支払いの対象と金利について。
中学生~高校生の歯の矯正にかかる期間と費用について。
ワイヤー矯正の仕組みとは。また矯正にかかる費用と期間について。

この記事に関連するキーワード

コラムTOPへ

コラムTOPへ

インターネットで無料カウンセリング予約をする