歯科矯正ナビ

九段下スターデンタルクリニック
審美歯科 九段下駅3a出口正面 九段下スターデンタルクリニック
  • コラム TOP
  • >  ワイヤー矯正の仕組みとは。また矯正にかかる費用と期間について。
気になる矯正費用

ワイヤー矯正の仕組みとは。また矯正にかかる費用と期間について。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Teeth with braces

歯を矯正するとなったときに、矯正方法は様々ですが、その中でもワイヤー矯正は最も一般的な矯正の方法になります。ワイヤー矯正とはどのような仕組みなのか、またどれくらいの費用がかかるのかを紹介していきます。

ワイヤー矯正ってどんなものなの?

ワイヤー矯正とはどんなものかというと、歯に「ブラケット」という装置を取り付けて、その装置にワイヤーを通してワイヤーの力で少しずつ歯を動かしていく矯正法になります。一般的に矯正というとこの方法となります。

ブラケットとワイヤーは一般的には金属でできており見栄えがあまりよくありません。しかしブラケットには金属以外にも、透明のプラスチックやセラミックでできた目立たないものもあります。ワイヤーは金属製ですが、白くコーティングされていて目立たないものもあります。

目立たないワイヤー矯正

・ホワイトワイヤー矯正
白いワイヤーとブラケットを使用したワイヤー矯正
見た目が比較的目立ちにくい
ワイヤーの白いコーティングがはがれる場合もある
通常のワイヤー矯正よりも高額

・裏側ワイヤー矯正
歯の裏側にワイヤーを装着するため表から見えない
滑舌に影響がでる場合がある
治療期間が長くなる場合がある
通常のワイヤー矯正よりも高額
仕上がりは表からやるより劣ることが多い

従来のブラケット矯正では金属が多く使われ、ワイヤーも金属製のものを使っていたことから見た目がギラギラしていて抵抗を感じる人も多かったと思います。現在では治療も進化し、ブラケット自体が透明で目立たないセラミックブラケットやホワイトワイヤーが使われます。ホワイトワイヤーは審美ワイヤーとも言われ表面が白くコーティングされており、目立たないだけではなく高級感があります。金属製と比べ多少強度が低いことから、はがれやすいというデメリットはありますが、見た目が違うので選択される方も多くいらっしゃいます。金額は通常のワイヤー矯正よりもやや高額になりますが、上下のあごに使用した場合5~20万円が加算となるのが相場です。
裏側ワイヤー矯正の場合も同じく、外側に矯正装置が見えないため、見た目には矯正治療をしているかどうかも見えません。接客業や人前にでるお仕事などで矯正治療を受けたい方には適している治療法です。デメリットとしては、下あごに装置を付けると舌の位置が狭くなってしまい、滑舌が悪く聞こえたり歯の裏側が磨きづらかったりします。また治療期間も若干長めになり3~4年程度を要します。歯の裏側は複雑なため、通常の表側の装置とは違い患者さん一人一人に合わせたオーダーメイドの矯正装置となります。高度な技術と手間がかかるため、表側矯正に比べて約1.5倍の費用が掛かります。120万円程度が相場とされています。仕上がりは表側よりも劣ると言われていましたが、最近では小型で薄くワイヤー性能が高くなり矯正の効果は表側とほぼ変わらないと言われるようになりました。

九段下スターデンタル 歯並び矯正治療

九段下スターデンタル 歯並び矯正治療

ワイヤー矯正の治療の流れや期間は?

ワイヤー矯正の流れは基本的には口腔内審査→治療計画立案・カウンセリング→契約→抜歯→矯正装置装着→月1回の通院・調整(平均2年)→保定(平均2年)となり合計で平均4年といった工程を行います。矯正にかかる期間は矯正する前の歯並びなど患者さんの状態によって大きく異なります。

口腔内審査とは、まずは初めに矯正を行うにあたり必要な検査を行うことです。ここで歯並びの状態を詳しく検査し、虫歯や歯周病もあれば矯正前にそれらの治療を完了しておく必要があります。また矯正治療を開始する前に歯を抜いておかなければなりません。

親知らずはほとんどのケースで抜かなければなりませんし、小臼歯も2本もしくは4本抜くことが多いので、合計6本もしくは8本を抜歯してから矯正治療を始めることが多いです。ワイヤーによる歯の移動期間は平均的に2年程度となっていますが、歯を抜かないで済むような簡単な矯正だと、6ヶ月~1年程度で終了することもありますし、長いケースの場合は3年以上かかることもあります。

ワイヤーで動かした歯は放っておくと元の状態に戻ろうとするので、それを防ぐ必要があります。その歯が戻るのを防ぐ工程を「保定」といい、必ず行わなければなりません。保定では、取り外し式の装置を使用する方法や歯に針金を取り付ける方法など複数の方法があります。期間としては1~2年程度のものから一生つけるものまで様々です。保定をしても後戻りはあるので、ワイヤー矯正の弱点となっています。

e4_1

ワイヤー矯正にかかる費用

ワイヤー矯正の費用は通院する病院や期間によって様々ですが、上下とも矯正を行った場合で、おおよそ80万~150万円くらいかかります。費用の内訳としては矯正基本料、相談料、審査・診察料、ワイヤー調整料、保定装置代金、また必要な場合は透明な装置の代金もかかってきます。

ワイヤー矯正のメリット・デメリット

ワイヤー矯正のメリットは、抜歯して歯を動かすスペースを確保するため、重度な症例にも対応できることです。また、奥歯のかみ合わせがガタガタな歯列も一緒に治したい人には、ワイヤー矯正が向いているといえるでしょう。

しかしながら、デメリットとしては歯にブラケットやワイヤーの矯正装置を付けるので、見た目がよくないこと、矯正中は虫歯になりやすく、歯のケアの入念に行わないと虫歯ができてしまうこと、また、矯正によっては歯の根っこが溶けてしまうなどのリスクもあります。これらのリスクを回避するために他の矯正方法も存在します。

c16-1

ワイヤー矯正以外の矯正方法

ワイヤー矯正以外にも様々な矯正方法がありますが、1つおすすめのものとして、「セラミック矯正」というものがあります。セラミック矯正は、短期間に一気に治療できるというのが特徴になっています。九段下スターデンタルでは神経を残すセラミック矯正をしているため、歯に優しいセラミック矯正となっております。院長自身も30年前にセラミック矯正で歯をキレイにしました。
治療1日目で仮歯をかぶせて、1日で歯並びがキレイになります。結婚式や成人式など人生で一度きりしかないイベントの時などに利用ができます。また、歯の白さとサイズを選べるため、歯が黄ばんでいたり、歯が大きいことを悩まれている方にもおすすめです。

ワイヤー矯正だと「笑った時に銀のワイヤーが見えるのが嫌だ」、「ワイヤーで歯を押されるのが痛くて辛い」というお客様には神経を残すセラミック矯正がお薦めです。

【関連ページ】
セラミック矯正のメリット・デメリット、治療期間・症例

セラミック矯正の症例

コラムba

この症例は出っ歯だったのと、歯が斜めに生えていましたのでこの2点をセラミック矯正で改善しました。

歯のサイズを見て頂くと歯が小さく丸めになっているのも分かりますでしょうか? 今回は男性の方でしたので、自然な歯の色にしたいということでナチュラルなトーンの歯で治療しました。

セラミック矯正の症例をもっと見る>>

当医院では神経を残す治療を行っています

治療の流れ

神経を取り除くセラミック矯正が一般的な中、当院のセラミック矯正では神経を抜きません。神経を取ってしまうと、年を取ったときに歯が抜けやすくなるというリスクがあります。当院では、一生自分の歯でいられるように、神経を残した治療を行うことにこだわっています。

他の歯科医院で神経を取る必要があると言われた場合でも、当院では削る量を最小限にしているため神経を残せる場合があります。一度ご相談ください。

セラミック矯正について詳しく見る>>

患者様によくある悩みに関連する記事

神経を残すから無痛の1日矯正
神経を残した矯正の症例集
歯並びの良くない男性は要注意!女性はこう思っている!女性100人に聞いてみました。
気にしない?不潔?歯並びの悪い女性の性格ってどう思う?100人に聞いてみました。
歯並びが気になる人必読!口元が写真に写るのは嫌?それとも?100人に聞いてみました。
歯の矯正のローン/分割で支払いの対象と金利について。
中学生~高校生の歯の矯正にかかる期間と費用について。
ワイヤー矯正の仕組みとは。また矯正にかかる費用と期間について。

この記事に関連するキーワード

コラムTOPへ

コラムTOPへ

インターネットで無料カウンセリング予約をする