歯科矯正ナビ

九段下スターデンタルクリニック
審美歯科 九段下駅3a出口正面 九段下スターデンタルクリニック
  • コラム TOP
  • >  医療費控除で安く歯列矯正を受けられる条件とその方法。
気になる矯正費用

医療費控除で安く歯列矯正を受けられる条件とその方法。

このエントリーをはてなブックマークに追加

pixta_14805426_s

歯科矯正は基本的に健康保険が適用されず、全て自己負担になってしまいます。医療費控除と呼ばれる制度があり、そこでは医療費が一定額を超えた場合、かかった医療費の一部を税金から控除する制度のことです。実は歯科矯正も医療費控除の対象となります。

医療費控除について

医療費控除は一年間(その年の1月1日から12月31日)に10万円以上の医療費を支払ったときに、既に納めた税金の一部が還付される制度のことです。歯科矯正でも医療費控除を受けられることを知らずに、申告し忘れたという方でも5年前までならさかのぼって医療費控除を受けることが可能になっています。医療費控除を受けるためには毎年2月の半ばから3月の半ばに行われている確定申告の期間に、必要書類を揃えて申告手続きを行います。必要書類と医療費の申告書と払った費用の内訳を記載する申告書に必要事項を記入して税務署に提出します。申告書や明細書は国税庁のホームページからもダウンロードできますし、最寄りの税務署に行って受け取ることも可能です。歯科矯正でかかった医療費を申告する場合ですがかかった費用として認められるのは、検査、審査料、処置、調整などの費用だけではなく、通院のためにかかった交通費も対象となるのです。ただしマイカーでのガソリン代に関しては医療費控除の対象外となってしまいますのでその点注意が必要です。かかった費用を証明するためにも歯科医院にて受け取った領収証、タクシーを利用した時のレシートも失くさずにとっておきましょう。公共交通機関を利用した時は領収証がありませんので、乗車区間ごとの日付のメモで対応できます。

pixta_15804899_s

九段下スターデンタル 歯並び矯正治療

九段下スターデンタル 歯並び矯正治療

医療費控除が認められる歯科矯正とは?

さまざまな理由で歯科矯正を受けますが、全ての歯科矯正が医療費控除の対象となるわけではありません。昔から歯並びが悪いことをコンプレックスに抱えている方もいらっしゃいますが、医療費控除が認められる歯科矯正とは、機能的に歯科矯正が必要と医師が認めたケースです。矯正治療を受けた歯科医師がそのように診断書を書いて、医療費控除の申告書類とともに提出することで、医療費控除を受けられるようになるのです。歯科矯正は治す箇所や範囲によっても異なりますが、高額費用が掛かってしまう治療になります。少しでも治療費の負担を軽減できるのであれば、医療費控除を利用できたほうが助かります。矯正治療で医療費控除が受けられるかどうかを知りたいときは、医療費控除の対象となり得るかどうかを治療前のカウンセリングなどで確認しておくといいでしょう。

 

pixta_23608421_s

九段下スターデンタルの歯科矯正

最近は大人の方で歯科矯正を始めるケースが増えてきています。九段下スターデンタルでは矯正治療の選択肢が豊富に選べます。短期間での歯科矯正を希望される方はセラミック矯正という矯正治療法を選ぶことが可能です。歯科矯正で一般的なブラケットを取り付ける必要がないため、周囲に気づかれることなく矯正治療が受けられるのです。見た目が気になる歯にセラミックのかぶせ物を付けることで、歯の形や色を整えることができるのです。また通常は何年もかかる矯正治療が最短で一日、長くても数日で終了してしまうのも大変魅力的です。しかもセラミック矯正は歯並びだけでなく、さまざまな症例に対応できます。たとえば転倒などが原因で歯が欠けてしまった場合ですが、見た目だけでなく細菌感染の危険性が高まる、かみ合わせが悪くなることが考えられます。そこでセラミック矯正により折れてしまった歯にセラミックのかぶせ物を付けるのです。これは機能を回復するための治療ですから、医療費控除の対象となる可能性が高いです。九段下スターデンタルの治療は医療費控除の対象になるので、お安くリーズナブルに治療が受けられます。九段下スターデンタルで美しい歯に生まれ変わりましょう。

【関連ページ】
セラミック矯正のメリット・デメリット、治療期間・症例

セラミック矯正の症例

コラムba

この症例は出っ歯だったのと、歯が斜めに生えていましたのでこの2点をセラミック矯正で改善しました。

歯のサイズを見て頂くと歯が小さく丸めになっているのも分かりますでしょうか? 今回は男性の方でしたので、自然な歯の色にしたいということでナチュラルなトーンの歯で治療しました。

セラミック矯正の症例をもっと見る>>

当医院では神経を残す治療を行っています

治療の流れ

神経を取り除くセラミック矯正が一般的な中、当院のセラミック矯正では神経を抜きません。神経を取ってしまうと、年を取ったときに歯が抜けやすくなるというリスクがあります。当院では、一生自分の歯でいられるように、神経を残した治療を行うことにこだわっています。

他の歯科医院で神経を取る必要があると言われた場合でも、当院では削る量を最小限にしているため神経を残せる場合があります。一度ご相談ください。

セラミック矯正について詳しく見る>>

患者様によくある悩みに関連する記事

神経を残すから無痛の1日矯正
神経を残した矯正の症例集
歯並びの良くない男性は要注意!女性はこう思っている!女性100人に聞いてみました。
気にしない?不潔?歯並びの悪い女性の性格ってどう思う?100人に聞いてみました。
歯並びが気になる人必読!口元が写真に写るのは嫌?それとも?100人に聞いてみました。
歯の矯正のローン/分割で支払いの対象と金利について。
中学生~高校生の歯の矯正にかかる期間と費用について。
ワイヤー矯正の仕組みとは。また矯正にかかる費用と期間について。

この記事に関連するキーワード

コラムTOPへ

コラムTOPへ

インターネットで無料カウンセリング予約をする