九段下スターデンタルクリニック

歯科矯正ナビ

TEL

コロナ対策で当面は臨時休診を設けています。
診療日はこちらからご確認ください。
コロナ対策で当面は臨時休診を設けています。
診療日はこちらからご確認ください。
歯列矯正

子供の受け口の原因・治療のメリット

このエントリーをはてなブックマークに追加

子供の受け口の原因は?

骨格性反対咬合

親のどちらかが受け口の場合には、骨格の遺伝で受け口になるケースが増えるでしょう。
受け口は上のあごが小さいことや下のあごが大きく、上下のあごのアンバランスで受け口の原因になります。

そして、受け口を治す場合には治療が必要で、大人の場合には骨格性の受け口はあごの骨の成長がとまっているので、大幅に治す場合には外科手術が必要なこともあります。
ただ、子供はまだ成長途中なので、あごの成長を味方につけながら、正しい骨の位置を目指すこともできるので、早めに治療することが望ましいでしょう。

歯性反対咬合

歯性の場合には前歯の位置が逆になっており、上の歯が下の歯より後ろになっている状態です。
歯並びを改善するとともにくせも治さないとまた受け口の要因になるので、できるだけ早く悪習癖は治しましょう。

口呼吸

口呼吸は鼻ではなく、口で呼吸をするので、口元の筋肉が衰える傾向にあります。
特に成長期の子供の場合にはあごの骨が成長途中なので、口呼吸をしていると受け口になりやすいでしょう。
また、口で呼吸をしていると舌の位置が下がってしまい、歯を押す原因になります。
このことが下あごを押しやすく、下のあごが出てしまいやすい原因になり、口が常に開いていることで唇などからの力がかからず歯並びが悪くなる原因になります。

大きな力ではないのですが、毎日のことになると少しずつバランスを崩してしまい、口元に影響を与えるのです。

指しゃぶり

指しゃぶりは3歳までは歯並びに影響がないとされていますが、それ以降も指しゃぶりを続けていると歯並びに影響を与えるといわれています。
特に下の歯を押しやすい傾向なので、下のあごが出てしまうこともあります。
年齢が上がってくると共に赤ちゃんではないという意識が芽生え、自然にやめることができることも多いのですが、依存している場合には年齢が上がってもやめにくいことがあります。
歯並びの影響なども伝え指しゃぶりを止める様にすると良いでしょう。

 乳歯・永久歯の生え方が悪かった

歯が生えるタイミングで隣の歯がないと歯並びが悪くなるリスクが高くなります。
また、虫歯などで歯の大部分がない場合なども生えてくる歯が倒れてしまい、かみ合わせや歯並びが悪くなり、受け口になることがあります。

子供の受け口を治すことができるか?

3 (2)

骨格性の場合

子供のあごは成長途中ですが、下のあごは10歳前位に急激に成長してその後高校生くらいまでに骨の成長が終了するでしょう。
これは、子供の成長と比例していて、身長もこの時期成長して大きくなる時期です。
下あごが大きい場合や上のあごの成長が足りない時には成長を促すなど、あごの骨のバランスを整える治療を行い、受け口を改善します。

上顎前方牽引装置

上のあごは10歳程度でほとんど成長が完了します。
そのため、この時期より前にあごのバランスを整える治療を行う必要があるでしょう。

永久歯が生え揃う6~8歳程度の期間には上顎前方牽引装置を使用します。
これは、顔にフェイスマスクという装置を当てて、上あごにゴムをかけて100~150グラム程度の力をかけ上あごの成長を促す治療です。

この時、フェイスマスクで下あごを抑えるので、下あごの成長を抑制する働きもあります。

ヘッドギア―

ヘッドギア―は上のあごが前に出るのを抑制する場合や、上の歯並びを後ろに下げる役割する装置です。
奥歯に取り付けたバンドにフェイスボーを取りつけて頭で固定するヘッドキャップに付けて使用する装置です。
この時300~500グラム程度の力をかけていき、取り外しはできますができるだけ家にいる時間装着することが望ましいでしょう。

チンキャップ

あごが成長する段階で、下のあごが前に成長するのを防ぐためにキャップからあご当てまでゴムで引っ張ります。
この時、下のあごには300~500グラムの力をかけて家にいる時間の寝ている時や勉強している時に装着します。

この成長が大きい時期にあごの骨を誘導して正しい位置にできるとその後経過観察のメインテナンスで治療を終わることができることもあります。
お口の状態によってはあごの成長が終わったのを確認して、歯列矯正が必要な場合もあります。

歯性の場合

骨格に問題がなく、歯の並びが前後になっている場合には歯だけを動かします。
3~7歳程度の早い時期であれば、『ムーシールド』というマウスピースをはめて上あごの成長を促します。

また、受け口の原因になる舌を前に出すくせを改善するために、舌が上に上がるような仕組みで口の周りのバランスを整え、口が閉じる様に誘導します。

九段下スターデンタル 歯並び矯正治療

九段下スターデンタル 歯並び矯正治療

子供の受け口を早期に治療した時のメリット

5 (1)

うまく誘導できれば萌出誘導などの簡単な治療で済む

小学校に入学前の早い段階から治療することで舌のくせがある場合には、そのくせを改善して口の周りの筋肉のバランスを整えることにも取り組めます。
また、歯を誘導できると抜歯をするケースが少なく、歯を並べるスペースを確保することができます。

成人矯正に比べると後戻りが少ない

子供の矯正は歯を支えている骨が柔らかく、まだ安定していない時期になります。
その時期に正しい位置に誘導して歯が整うと、大人の矯正に比べて後戻りが少ないことがあります。

思春期の悩みを早めに解決できる

受け口はあごが出て見える場合や歯並びが悪く、見た目に関してコンプレックスを抱いてしまうことも少なくないので、思春期の多感な時期の前に治療することが自信にもつながります。

また、受け口の影響で話し方も舌足らずになることで、人前で話すことが苦手になることもあり、できるだけ早く口元を整えることが望ましいでしょう。
大人になってからだと、あごの成長が止まってしまい、外科手術が必要な場合も出てきます。
子供の成長過程のうちに治療することで、あごの骨を誘導して比較的負担の少ない治療方法で受け口を治すことができるでしょう。

子供の受け口はいつから治療できる?

1_3_3_32389389

矯正歯科によって、受け口の子供の矯正時期に関しては少し期間が異なる意見もあるでしょう。
早い段階では、3歳頃から使用できる『ムーシールド』もありますが、この時期はまだかみ合わせも安定しておらず自然に受け口からかみ合わせが改善するケースもあります。

また、あまり小さいお子さんだと、治療に必要性が理解することが難しく、治療を嫌がってしまうことも少なくありません。

そのため、乳歯が生え変わる6歳程度から治療開始時期を相談して決めることをおすすめしています。
また、上のあごの成長は10歳程度でとまることが多く、6~10歳の間に治療を開始するケースが多いといえるでしょう。

また、あごの成長の関係で12歳を過ぎると抜歯をしてから矯正するケースが増えており、あごの状態によっては外科手術が必要な場合もあります。

そして、6歳ころからであれば舌癖のトレーニングをすることもでき、筋力をきたえ正しい位置に舌を置くくせをつけることで口呼吸の習慣などを改善できるでしょう。

子供の受け口の治療は適切な時期から開始することが重要です。
小さいころからコンプレックスになりやすい歯並びなので、適切な治療をして歯並びを改善すると自信を持った子供時代を過ごすことができるでしょう。
また、早い段階で治療することで時間も短縮することができますし、歯並びに良くないくせに気づき、トレーニングをすることもできます。
お子さんの口元が気になったら1度矯正歯科に相談しましょう。

【関連ページ】
子供が歯並び矯正を始めるベストなタイミングとは?
受け口の原因・症例と治療方法

動画でわかる!歯並び矯正を始める前に知ってほしい、それぞれの治療の長所と短所

歯並び矯正を始める前に知ってほしい、それぞれの治療の長所と短所を解説しています。
すべての治療には、長所も短所もあります。長所と短所の両方を理解して治療法を選択しましょう。
詳しくは動画内で解説していますので、ぜひご覧ください。

動画一覧はこちら

セラミック矯正の症例

コラムba

この症例は出っ歯だったのと、歯が斜めに生えていましたのでこの2点をセラミック矯正で改善しました。

歯のサイズを見て頂くと歯が小さく丸めになっているのも分かりますでしょうか? 今回は男性の方でしたので、自然な歯の色にしたいということでナチュラルなトーンの歯で治療しました。

セラミック矯正の症例をもっと見る>>

九段下スターデンタルクリニック院長経歴

tanakaincho

tanakaincho

奈良教育大学附属中学校卒業
清風南海高校卒業
2000年長崎大学歯学部卒業
ア歯科パークハイム診療所勤務
2006年九段下スターデンタルクリニック開業
医療法人社団スタデン理事長就任

ご挨拶

また当医院ではスタッフの接遇にも力を入れております。

歯医者に通うのは怖いことですから、その気持ちを少しでも和らげることができるように「例え洗練されていなくとも、心のこもったおもてなしをするように」と全スタッフに言い聞かせております。

是非1度スター歯科にお越しください。

その出会いをきっかけに、生涯のかかりつけ医として選んでいただけるようにスタッフ一同全力を尽くさせていただきます。

患者様によくある悩みに関連する記事

子供が歯並び矯正を始めるベストなタイミングとは?
治したい歯並び!からかわれて悩みになったことはある!?100人に聞いてみました。
歯並びの良くない男性は要注意!女性はこう思っている!女性100人に聞いてみました。
気にしない?不潔?歯並びの悪い女性の性格ってどう思う?100人に聞いてみました。
歯並びが気になる人必読!口元が写真に写るのは嫌?それとも?100人に聞いてみました。
歯の矯正のローン/分割で支払いの対象と金利について。
中学生~高校生の歯の矯正にかかる期間と費用について。
ワイヤー矯正の仕組みとは。また矯正にかかる費用と期間について。

コラムTOPへ

コラムTOPへ

インターネットで無料カウンセリング予約をする