歯科矯正ナビ

九段下スターデンタルクリニック
  • コラム TOP
  • >  神経を残したまま行うセラミック矯正とは?
矯正

神経を残したまま行うセラミック矯正とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

早く治したい人にはおすすめ!セラミック矯正とは

セラミック矯正での歯並びを治す方法は、歯を削ってできたスペースにセラミック製の歯を上からかぶせてしまうというものです。

▼メリット
セラミック矯正の一番のメリットは、短期間で矯正が完了できるという点です。
歯の状態によっても期間が異なりますが、最短1週間で治療が完了します。
さらに、歯を削ってセラミック製の歯を被せるので虫歯も治せるし、治療跡が残ってしまう心配もありません。
歯の大きさや色も選べるので、希望に合ったキレイな治療が受けられます。
それに、最新の神経を残す治療法あるので、歯の寿命を縮めてしまうという心配もありません。

▼デメリット
セラミック矯正は、どんな状態の人にも適応するわけではありません。
セラミック矯正によって歯を動かすのには限界があるので、軽症の歯列不整や安全性を重視する人には適した方法ですが、重症の歯列不整の人には対応できないことがあります。
さらに、治療の際に神経を取る場合があり、歯の寿命を縮めてしまうといった歯への悪影響もあります。

セラミック矯正は神経を抜かないことも可能

dentist-674655_640

歯並びが気になってセラミック矯正を考えているものの、「歯の神経を抜くのでは?」と心配をされている方が多いかもしれません。従来のセラミック矯正は歯の神経を抜いて治療を行っていましたが、現在は技術の進歩により神経を抜かずに矯正をする方法が可能になりました。
私たちの歯は一番外側に「エナメル質」と呼ばれる白く硬い組織があり、その下に「象牙(ぞうげ)質」と呼ばれる組織、さらに奥に歯の神経である「歯髄(しずい)」という構造でできています。
歯の神経は、食べ物の温度や虫歯の痛みを伝える作用のほか、組織内にある細い血管が水分やミネラルなどの栄養分を運び、健康で丈夫な歯を保つ役割があります。また、虫歯の原因になる細菌の侵入を防ぎ、万が一虫歯になったときには歯の組織を硬くして修復する働きも行ないます。歯の神経は一度抜いてしまうと自然に生えることはないので、セラミック矯正を行うときは神経を残す治療をおすすめします。

神経を抜くデメリット

セラミック矯正などの歯の治療の際に神経を抜いてしまうと、下記のような症状が出てきます。

歯根が膿んでしまう(根尖病巣)

歯の神経を抜いたときには、歯の根元に膿がたまる「根尖病巣(こんせんびょうそう)」と呼ばれる病気にかかるリスクがあります。歯の神経が通る「根管(こんかん)」は細く複雑な組織のため、さまざまな細菌や取り切れない神経などが残ることがあり、治療を終えた後でもしばらくしてから根尖病巣が再発しやすくなります。根尖病巣が再発したときにはその都度治療を行いますが、歯の健康が維持できずに寿命が短くなることが多く、状況によっては抜歯をしなければならないケースも見られます。

脆くなる

tooth-2874551_640

神経を抜いた歯は水分や栄養が行き渡らなくなるので、形は残っていても健康な歯とは言えません。神経のない歯は弾力がなくなって脆くなり、硬いものをかんだときに欠けたり割れたりすることがあります。また、神経を抜いた歯は自ら修復ができないため、虫歯になりやすいというデメリットもあります。さらに、温度や痛みの感覚もなくなるので、虫歯に気づくのが遅くなるほか、食事の際に味覚が変わったと感じる場合もあります。

黒ずんでくる

神経のない歯は血液が循環しなくなるため、新陳代謝ができず内部に古い組織が残ってグレーや黒、茶色に変色することがあります。特に前歯の神経を抜いたときには変色した部分が目に付きやすく、気にする患者様が多くいらっしゃいます。神経を抜いた歯の根元が変色して黒ずんでくると、歯茎からも透けて黒っぽく見える場合もあります。

九段下スターデンタル 歯並び矯正治療

九段下スターデンタル 歯並び矯正治療

なぜ「セラミック矯正は神経を抜く」と思われているのか

かつては被せ物の「クラウン」に使用するセラミックを薄く削る技術がなかったため、セラミック矯正には大きい人工歯を使用していました。大きい人工歯を被せるときには、その分元の歯を多く削ります。歯を大きく削ると治療がやりやすいというメリットがありますが、神経に達したときは必然的に神経を抜かなければなりません。
歯科医院によっては、神経を残すと痛みを感じやすく、虫歯が進行しやすいという理由から神経を抜くところもあります。また、大きく作った人工歯は微調整がやりやすいため、従来のセラミック矯正の方法を取り入れている医院も実在します。
しかし、セラミックの質や加工技術の性能、歯科医師の技術の向上に伴い、現在の審美歯科では歯を最小限に削り神経を残す方法でセラミック矯正を行うことが一般的です。

神経を抜かないセラミック矯正の方法とは?

続いて、神経を抜かないセラミック矯正の方法を具体的にご説明します。現在では、クラウンに使用するセラミック素材の強度や均一性が高くなった点に加え、最先端のコンピューター技術による人工歯の細かい設計や加工作業が可能になったことから、従来よりも薄くて丈夫なクラウンの提供ができるようになりました。
また、ほとんどの審美歯科では口内のさまざまな角度から撮影できるCTを導入しています。CTでは小数点以下2桁のmm単位で歯の神経の位置情報を取得できるので、これらのデータを基に神経の直前まで歯を削ることが可能になりました。なお、最低限に歯を削るには熟練した技術が必要なため、神経を抜かないセラミック矯正を行う際は豊富な経験を持つ歯科医師を選ぶ点も大切なポイントです。

セラミック矯正の手順と費用

それでは、歯の神経を抜かないセラミック矯正の手順と費用についてご紹介します。

手順

九段下スターデンタルクリニックの一般的なセラミック矯正は、下記のような手順で行ないます。

①カウンセリング

まず初めに、カウンセリングで患者さんのお悩みやご希望をゆっくりとお聞きし、実際に歯の状態や問題点などを診察します。その際、虫歯や根尖病巣などで早急な対応が必要な場合は優先的に治療を行います。
九段下スターデンタルクリニックのカウンセリングでは、患者様の顔の形や肌の色、身長、好みなどに合わせて歯の大きさやセラミックの色などを詳細にご提案します。患者様の状態に近い症例の写真や、治療後のシミュレーションでイメージを確認しながら相談を進めることも可能です。治療の計画がまとまったら、「治療計画書」をお渡ししてセラミック矯正の治療をスタートします。

②歯を削る

続いて、クラウンを製作するために患者様の歯型を取ります。その後、最新のCTでさまざまな角度から矯正したい歯の部分を撮影し、歯の神経の正確な位置を詳細に調べます。これらのデータを用いながら、セラミック矯正の経験豊富な歯科医師が歯の神経の直前まで歯を削ります。

③仮歯を被せる

患者様の歯型を基にしてクラウンを製作しますが、完成までには少々お時間をいただくために、いったん「仮歯(かりば)」と呼ばれるプラスチック製の歯を被せます。患者様のお好みの角度や大きさなどを相談しながら、仮歯の状態で丁寧に時間をかけて微調整を行ないます。
プラスチック製の仮歯はセラミックに比べるとやや強度が劣りますが、極端に硬い物をかんだりガムを食べたりしない限り日常生活への支障はありません。初めの段階で大きな問題がなければ、1回目の治療はここまで行います。

④セラミックを被せる

仮歯で調整したデータを基にして、クラウンになるセラミック歯を最終的に完成させます。九段下スターデンタルクリニックは院内に技工室を設置し、歯科技工士を招いて患者様それぞれに合わせたオーダーメイドのセラミック歯を製作しています。
セラミック歯ができあがったら実際に装着し、最終的に角度や形、色などをチェックして違和感がなければセラミック矯正は完了です。九段下スターデンタルクリニックのセラミック矯正は、大きな問題がなければ最短2回、約1週間で終了します。

費用

money-2696219_640

最後に、セラミック矯正に必要な費用についてご紹介します。九段下スターデンタルクリニックでは、患者様に合わせた3つのコースで8種類の材質をご用意しております。

ハイブリッド 1本あたり¥70,000~
セラミックにプラスチックの素材を混ぜて作った人工歯で、他に比べ少ない費用で済む点が特徴です。

セラミック 1本あたり¥110,000~
金属で作った歯形の上にセラミックを焼き付けるタイプの人工歯で、患者様の歯に近い色合いで製作できます。

オールセラミック 1本あたり¥150,000~
すべてセラミックで作られた人工歯で、他に比べて最も自然な色合いで美しく、耐久性がある点が魅力です。

そのほか、仮歯の代金として1本あたり¥5,000がかかります。また、最初の診察で虫歯などの治療が必要と判断した場合は、別途治療費が加わります。
なお、セラミック矯正は自由診療のため保険が適用されません。九段下スターデンタルクリニックでは、初めにお渡しした治療計画書のほかに金額はいただきませんのでどうぞ安心してご利用ください。

【関連ページ】
セラミック矯正のメリット・デメリット、治療期間・症例

動画でわかる!痛くない、神経も残す1日矯正

理事長の田中が矯正についてわかりやすく解説する動画を定期的に配信しています。

movie_page08_01

動画一覧はこちら>>

セラミック矯正の症例

コラムba

この症例は出っ歯だったのと、歯が斜めに生えていましたのでこの2点をセラミック矯正で改善しました。

歯のサイズを見て頂くと歯が小さく丸めになっているのも分かりますでしょうか? 今回は男性の方でしたので、自然な歯の色にしたいということでナチュラルなトーンの歯で治療しました。

セラミック矯正の症例をもっと見る>>

九段下スターデンタルクリニック院長経歴

tanakaincho

tanakaincho

奈良教育大学附属中学校卒業
清風南海高校卒業
2000年長崎大学歯学部卒業
ア歯科パークハイム診療所勤務
2006年九段下スターデンタルクリニック開業
医療法人社団スタデン理事長就任

ご挨拶

また当医院ではスタッフの接遇にも力を入れております。

歯医者に通うのは怖いことですから、その気持ちを少しでも和らげることができるように「例え洗練されていなくとも、心のこもったおもてなしをするように」と全スタッフに言い聞かせております。

是非1度スター歯科にお越しください。

その出会いをきっかけに、生涯のかかりつけ医として選んでいただけるようにスタッフ一同全力を尽くさせていただきます。

患者様によくある悩みに関連する記事

歯の矯正は痛いを覆す、痛くない歯列矯正とは。
気になる前歯矯正中の痛みとセラミック矯正のすすめ
歯並びの良くない男性は要注意!女性はこう思っている!女性100人に聞いてみました。
気にしない?不潔?歯並びの悪い女性の性格ってどう思う?100人に聞いてみました。
歯並びが気になる人必読!口元が写真に写るのは嫌?それとも?100人に聞いてみました。
歯の矯正のローン/分割で支払いの対象と金利について。
中学生~高校生の歯の矯正にかかる期間と費用について。
ワイヤー矯正の仕組みとは。また矯正にかかる費用と期間について。

コラムTOPへ

コラムTOPへ

インターネットで無料カウンセリング予約をする