1. 歯並び矯正のスターデンタルホーム
  2. 体験記

Before After

治療の流れ

  • 1.最新CTで撮影し神経までの距離を確認します。

  • 2.治療前の写真です。

  • 3.仮歯を入れた状態です。

  • 4.仮歯からセラミックの歯を入れて完成です。

矯正経緯

昔から前歯が1本飛び出ていたのがコンプレックスで、特に初対面の人と話す時は相手の視線が気になって思いっきり笑うことができなかったり、写真を近くから撮られることが嫌でした。
楽しい思い出の写真であっても、自分の前歯に目がいくと残念な気持ちになってしまっておりました。
思いっきり笑いたい、写真にキレイに写りたいと思ったことがきっかけで矯正を考えました。

Q.最初は通常矯正とセラミック矯正どちらにしようと思っていましたか?

A.通常矯正です。

そもそもセラミック矯正の存在を知りませんでした。
九段下スターデンタルに入って初めてセラミック矯正という施術があるということを知りました。

矯正経緯

通常矯正ではなくセラミック矯正にした理由

セラミック矯正を知った後も最初はワイヤー矯正で矯正しようと思っていました。
虫歯でない自分の歯を削ることが怖いなと思っていたからです。
ただワイヤーを付けた歯を見せるのが恥ずかしかったことと4年(動かす期間2年+固定期間2年)も治療にかかってしまうということが本当に嫌だなと思ってました。

そんな中で患者様の治療の様子を見ていたら、患者様が皆さん短期間で凄く歯の色も形もキレイになっていたのを見て、やっぱりセラミック矯正でやってみたいなと再度思ったことがキッカケです。

セラミック矯正にあたって不安に思ったこと

虫歯でない歯を自分の歯を削るのは不安だなと思っていました。
ただ
・自分の歯の神経を残す歯に優しいセラミック矯正だった
・無痛治療だった
 ※田中院長は無痛治療を歯科医に教えるインストラクターをしています。
・田中院長も26年前にセラミック矯正をしていて現在も何の問題もないことに安心できて治療を受けることを決めました。

セラミック矯正にあたって不安に思ったこと

黄色の数字は神経までの距離を表しています。
mm単位で神経までの距離を正確に把握し、削る量を最小限にすることで、神経を抜かないセラミック矯正を可能にしています。

セラミック矯正に出会えて

セラミック矯正にあたって不安に思ったこと

久しぶりに学生時代の友人と会ったら、すぐに歯並びが変わったことに気づいてもらえ、
「歯並びすごい良くなったね!前は控えめな感じに笑ってたけど笑顔が凄く変わった!私もやりたい!」と大好評で嬉しかったです。

患者様にも絶賛されます!
患者様に私もセラミックなんです!とお見せしたところ、キレイさ、白さをすごく絶賛して頂くほどでした。

セラミックにして頂いてから、最近では初めてお会いする方とのコミュニケーションがすごくとれるようになったと感じております!矯正前は、初対面の方に歯を見られてイメージダウンするのが嫌で、つい無口になりがちになり、あまり大袈裟に笑うことがなかったと思います。今では人と会うのがとっても楽しいです!
今ではアップの写真でも気にせずたくさん撮っております!友人と撮った写真も気にせずSNSにアップすることができるのも嬉しいです。
治療中も治療後も痛みもなく好きなものが食べれ、ワイヤーは見た目がどうしても嫌でやりたくなかったので、セラミック矯正に出会えて本当に良かったです。

ページトップへ