1. ホーム
  2. 東京の審美歯科医のブログ
  3. いい歯医者の見分け方(審美歯科名医の見分け方)

いい歯医者の見分け方(審美歯科名医の見分け方)

2012.6.22

 

 

こんにちはスターデンタルクリニック院長の田中です。

今日はいい歯医者の見分け方をプロの観点から熱く熱く語ってみたいと思います。

 

みなさんどうやって歯医者選んでますか?

 

やっぱ一番あてにするのは口コミですかね?

でも正直言って歯医者が上手い下手を患者さんが見抜くのは難しいです。

例えば審美歯科を受けて大満足して「あそこの歯医者さん上手いし安いしオススメよ~」って言ってる人がいたとしても、実は安易に歯の神経を取ってあったり清掃性があまり考慮されていない形態であったりしてプロから見ると実は「下手な歯医者」であることはよくあることです。

 

 

逆に「あの歯医者さん下手かも」って評判を聞くこともあるかもしれませんが、実は治療前の状態が悪過ぎただけであって精一杯上手な治療が行われていることもあります。

 

私も患者さんに褒めていただくことが多いのですが、「いや~そこを褒めていただいてもなぁ、、、」ってこともあれば「そこ見抜きますか!お目が高い!嬉しいなぁ」って褒め言葉までいろいろあります。

 

よほど鋭い方、若いころからいろんな歯医者にかかって苦労されてる方はさすがに見抜く目があるようですが、普通の患者さんに関して言えばなかなか技術までは見抜けないようだなと感じることが多いです。

ただし、おもっきり下手なのは一発でわかると思いますよ

 

私が語ってるのは水準以上の歯科医の話ですからね。

自分で私は水準以上だと言ってるみたいで恐縮ですが。

ですから口コミであてになるのは先生の人柄、待ち時間、痛くない等から、患者さんが見抜けたとしてもせいぜい治療の手際の良さまでではないでしょうか?技術面は口コミはあまりあてにならないようです。

 

ではどこで名医を見分ければいいのでしょうか?

 

いろいろと考えてみたのですが、これが実に難しいです。

コレで決まり!ってポイントはないのが現実ですね。

と、ここで話終わったら詐欺になるので、ここからは名医であろう確率を上げる話をします

 

ここから書くことはあくまでも名医率を上げる話であって、当てはまらない人は駄目とかそんなんではありませんからね、心して読んでください!

題して「あげろ名医率!かかりつけ歯医者発掘プロジェクト!!」

 

    まず1番のポイントはオーナー院長であること

 そりゃそうですよねえ。

  技術に自信があれば当然開業しますし、自分よりも下手な院長に仕える訳

 ないし、オーナー院長の方が名医率があがります。

(ちなみに分院長とは完全に勤務医です)

    歯の写真を撮るのが上手いこと

写真撮影の技術と治療の技術は(たぶん)比例します。

私が歯医者になって最初に叩き込まれたのは写真の技術です。

研修医の頃「おまえはこんな下手な写真で目上の先生に症例相談する気か!」と指導医に蹴られながら育ちました。

勉強会等で同業者に揉まれ、疑問があれば上の先生に写真を見せて相談し、真摯に技術の研鑚に取り組んだ歯医者は写真撮るのが上手いです!

私は勤務医の面接するとき必ず聞くんですが、歯の写真撮る練習したことある歯医者は10%もいないですね。

逆に言うと勉強会で症例発表したことある先生も10%以下なのかな・・・恐ろしい。

次に歯医者行くことがあれば、カウンセリング時に症例写真をモニターに穴があくほど凝視してみてください。

切り取って加工した痕もなく企画写真のように同じ条件で撮れてたら名医率アップです!

 

当院の症例写真はコチラです↓

 

www.yourwhiteeth.com/ba/

 

 

    35歳~50歳前後であること

 

歯医者一人前になるのに10年前後はかかると思います。

  

(もちろん経験年数だけではありません、キャリア30年でも駄目な人は駄目です。)

ですから現役で歯医者になって25歳、そこから10年経験積むとして最短35歳で一人前になれる訳です。

ただし歯医者は大学2回行ってた、大学の基礎講座に残ってたなどで歳いってても経験乏しい人は多いので注意は必要です(汗

 

で、恐ろしいことに老眼が始まると腕が落ちます。

  

40代後半から老眼が始まるとして、その頃が歯医者としてのピークなのかなと思います。(先輩方気を悪くしないでください、単なる確率論ですので)

とこんな感じです。

  

どうです?プロの意見。

患者さんにはなかなかわからないポイント満載ですよね。

 

最も重要なことは、とにかく①のオーナー院長に見てもらうことということが一番重要です。

 

でも今日はこの辺で辞めときます、同業者に嫌われそうや

気が向いたらまた続編書くかもしれませんので、気に入っていただけた方は気楽にお待ちくださいね。