1. ホーム
  2. 治療ビフォーアフター
  3. 30代の患者様のセラミック矯正の症例

30代の患者様のセラミック矯正の症例

名医50人に選ばれました。

【歯科医師が選ぶ】技術力の高い歯医者に選ばれました。

kyoka.jpg

出っ歯セラミックbefore.jpg
前歯の変色と欠けた歯を治療した症例のサムネール画像

来院時の患者様の状況

30代女性の某有名出版社の編集者の方です。
この患者様は歯に長年コンプレックスを持っており、人に歯を見せることが恥ずかしくてしょうがなかったらしいです。
「うちは審美歯科ですから、そんなコンプレックスを持ってる患者さんばかりなんですよ。本当に恥ずかしくないし、気にする必要ないから、歯を見せてくださいね。」
と説得してやっと歯を見せて頂きました。

当医院にいらっしゃる患者様の中では決して酷い方ではないのですが、ご本人は相当にコンプレックスを感じてらっしゃったようです。
審美歯科にかかるのを恥ずかしがっている方がとても多く感じます。
私は一日中この仕事ばかりやっておりますので、恥ずかしがる必要は全くないのですけどね笑

治療時のポイント

左側の八重歯は重症なので抜歯、右側の八重歯は軽症なので神経を残してセラミック矯正を行うことになりました。

お客様の声

「こんな手品みたいな治療が可能なんですね!
思い切ってセラミック矯正を受けて人生が変わりました!人前で歯を隠さずに笑えるって最高ですね!」
との声を頂き感動してもらえました。

院長コメント

院長コメント

この方はこれを機会に歯医者が大好きになってくれたらしく、その後もこまめにクリーニングに通い続けてくれています。
コンプレックスも歯科恐怖症も両方解決できて一石二鳥の治療でした。
歯科恐怖症が解決され当医院に通い続けているということは、生涯の歯の健康が確約されたようなものです。
美だけではなく、健康面でも本当に大きな貢献が出来たと自負しています。
私の熱狂的なファンになってくださって「先生うちから本を出しませんか!」って言っていただきました笑

詳細はこちら
詳細はこちら
03-5211-5880

関連する症例

30代の患者様のセラミック矯正の症例

汚れた詰めた物をラミネートベニアで治療した症例

他院で行ったセラミック矯正を再矯正した症例

他院で行ったセラミック症例を再治療した症例

引っ込んでいる前歯を治療した症例

ブライダル矯正(結婚式前の矯正)