1. ホーム
  2. 治療ビフォーアフター
  3. 出っ歯の矯正画像例

出っ歯の矯正画像例

  • 当院医師は10年以上のベテラン揃いです
  • 院長自身も27年前にセラミック矯正を経験

出っ歯の症例は本当に多いです。当院でも「歯並びがガタガタ」と「出っ歯」の症例は本当に多く患者様も相談に来られます。

こちらの画像の症例はワイヤー矯正で出っ歯をキレイにしたのですが後戻りしてしまった症例ですね。
ワイヤー矯正やマウスピース矯正等が現状まだ一般的ですが、ワイヤー矯正やマウスピース矯正は必ず後戻りが起きてしまうのはご存知ですか?
またこれらの施術は歯を原則抜く施術ですので、歯に優しい訳ではないのです。
むしろ一生自分の歯でいたい場合にはお薦めしない施術です。

この出っ歯症例治療のポイント

kyoka.jpg

before

after

こちらの症例は昔ワイヤー矯正をしていたことで、ブラックトライアングルという真ん中にV字の隙間が出来てしまっています。
この隙間は歯を動かす量が多い重度の出っ歯ですと、ほぼ必ず生まれてしまう症例なのです。

そのため今回はセラミック矯正という施術(歯を削って1日で歯並びをキレイにする)で治療します。
もちろん一生自分の歯でいてもらうためにも、神経を残して治療をしております。

  • ・ブラックトライアングル(歯の隙間)を埋める
  • ・出っ歯を治す

上記点を気をつけて治療しました。
afterを見て頂ければわかると思いますが、ブラックトライアングルもキレイに消えて、横から見てもキレイに口元が引っ込んでいると思います。

患者様も大満足で最初からワイヤー矯正ではなく、当院で治療しておけば良かったと言っていただけました。
歯の神経も残しておりますので、一生歯も健康でいられると思います。

ワイヤー矯正、マウスピース矯正で矯正したけど、後戻りをしてしまっている方是非当院の無料カウンセリングまでお越しください。歯並びをキレイにしつつ、自分の歯でいられる施術を提供致します。

詳細はこちら
詳細はこちら
03-5211-5880

関連する症例

出っ歯と虫歯の変色を治療した症例

出っ歯の矯正画像例

出っ歯矯正で横顔をキレイに

出っ歯の原因とは?

出っ歯を治す方法

口元を引っ込める矯正治療